膝や股関節の痛みには鍼灸を

膝の痛みでお困りの方は多く、年齢層も幅広くなっています。ここでは股関節から足裏までの広義での膝の痛みについてお話します。

膝の痛みは高齢者の悩みと思われがちですが、スポーツ愛好家にも股関節や膝の痛みを訴える方は多いのです。

当院はアスリートが多いので部活動を行う中学生くらいから膝の痛みを訴えて来院されます。シンスプリントオスグット・シュラッター病などは典型的な若者の膝の痛みです。

小学生・中学生の成長痛による膝の痛みも針灸で効果が上がります。太もも(大腿四頭筋)に数本針を打つだけです。子供は刺激に弱いので、少ない本数で効果を上げます。

膝を悪くすると股関節や腰にも影響が出て、身体のバランスが崩れます。股関節痛腰痛を引き起こす前に早めの鍼灸施術が必要です。股関節から下の痛みには鍼灸がお役に立てます。

 

膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)・腸脛靭帯炎(ランナー膝)・鵞足炎アキレス腱炎足底筋膜炎など多くの疾患で鍼灸はお役に立てます。

病名が付いていない膝の痛みでも大丈夫。病院に行っても問題無いと言われた股関節・膝周りの痛みにこそ鍼灸はお役に立てます。

我慢していても改善しませんよ、早めの来院が早期改善のカギとなります。

運動をしていない一般の方であっても、膝に不安のある方は多いです。特に女性は40代から太ももの筋肉が痩せて減っていく方が多く、膝のお皿の位置や股関節が痛む方が多くいらっしゃいます。

大腿四頭筋と言う筋肉が弱る事が膝痛の原因となります。痩せた筋肉は針灸に力で元に戻すことは出来ませんが、弱って固くなった筋肉は針灸で緩める事が可能です。残った筋肉を上手に使う為に、固くなった筋肉を緩めて使えるようにしてあげる事が大事となります。

高齢者の変形性膝関節症に関しても鍼灸は適応症となります。すり減った軟骨は再生できませんが、膝周りの筋肉を使えるようにしてあげると痛みは和らぎます。痛みの無い生活を送って頂く為に、ご自宅でできるケア方法もお教えします。

病名が付いていない膝の痛みでも大丈夫。病院に行っても問題無いと言われた股関節・膝周りの痛みにこそ鍼灸はお役に立てます。

我慢していても改善しませんよ、早めの来院が早期改善のカギとなります。

 

変形性膝関節症にも鍼灸は効果あり

50歳を過ぎてくると特に女性に多いのが変形性膝関節症です。使い痛みにより膝の内部にある関節軟骨がすり減ることによって起こりますが、この変形性膝関節症も鍼灸がお役に立てます。すり減った関節軟骨を増やすことは出来ませんが、膝周りの筋肉を緩めることにより、痛みのない生活・自分の足で動き続けられるような生活を取り戻します。

病院では安静にするようにと言われたり、(関節液)を抜いたりするようですが、解決策にはなっていません。変形性膝関節症は痛みが無くなればしっかりと動いて膝周りの筋肉を使ってあげた方が良いのです。

変形性膝関節症になりそうな方はすぐに分かります。太ももの筋肉(大腿四頭筋)が痩せているからです。女性は40代くらいから早くも大腿四頭筋が痩せている方も多く、若い時期からのケアが大事になります。

階段の上り下りが辛い

大腿四頭筋歩行するのに大事な筋肉となります。高齢者で両足を引きずるようにして歩いていらっしゃる方がいますが、それは大腿四頭筋の筋力が失われた為に、膝を持ち上げる事が出来なくなった為です。

いつまでも健康でいる為にも、大腿四頭筋は大事な筋肉となります。膝の痛みを我慢せず、早期の鍼灸院への来院をお待ちしています。

膝に違和感を覚えたら、早めに鍼灸院への受診をお願いします。

女性の場合は短パンをご用意してありますが、ご自身で短パンを持参されても構いません。股関節部分を確認する場合もあります。基本的には針治療なりますが、場合によってはお灸も使っていきます。

スポーツ時の股関節・膝周りの痛みにも鍼灸を

当院はアスリートが多く、股関節や膝周りの痛みは得意疾患です。

スポーツ時の股関節や膝周りの痛みは筋肉が原因である事が多く、悪くなって固くなってしまった筋肉に対して施術を行っていきます。

運動時には股関節は衝撃から上半身を守る為に複雑な動きで働いています。その為、アスリートは膝の痛みに悩まされています。

膝の痛みと一口に言っても様々な原因があり、痛む場所やどんな動作で痛みが出るのかをお聞きしながら施術をしていくこととなります。

主に膝頭よりも上に痛みがあるか、それとも膝頭よりも下に痛みがあるかで施術部位が変わってきます。

膝頭よりも上・もしくは膝頭周辺に痛みがある場合には太ももの筋肉に針治療をするケースが多くなります。

腸脛靭帯炎(ランナー膝)や膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)・内転筋群・鵞足炎などです。

膝より下になるとシンスプリント足裏筋膜炎腓骨筋炎アキレス腱炎なども適応疾患となります。

一つ重要なのは、疾患名が付いているものも、どこが原因かはっきりしないものでも鍼灸はお役に立てます。

経験豊富な鍼灸師が一つ一つ確認しながら問題点を洗い出します。

下半身を上手に使えないと、どんなスポーツであっても結果を出すことは出来ません。股関節から下の痛みや痺れには当院をご利用下さい。

アスリートの場合には股関節は必ず確認させて頂いています。当院は部分治療は一切行っていない為、身体全体を通して鍼灸施術を行います。

スポーツ障害に対する鍼灸施術はこちらをご確認下さい

スポーツ障害

股関節よりも下に痛みや痺れを感じたら鍼灸を

股関節よりも下に痛みや痺れを感じたら、当院を受診下さい。

膝周りの痛みは治りにくいと感じている方も多いのでは。当院では膝周りの疾患に力を入れています。

「モヤモヤした痛さ」「身体の奥の方にある痛さ」「痺れはあるのだが場所が特定できない」などあやふやな状態でも大丈夫です。

痛みや痺れがある場所から原因個所の特定が可能です。

サポーターや湿布・鎮痛剤でゴマかしていては、いつまで経っても治りませんよ。

鍼灸はあなたの股関節・膝周りの痛みに有効です。針とお灸で立ち向かいます。

痛みや痺れに特化した鍼灸院です。あなたのお役に立てるよう、結果を出して行きます。

膝の痛みの記事一覧
子供の膝の痛み|オスグット・シュラッター病への針治療