すねの内側の痛み、シンスプリント

脛(すね)の内側や足首の内側に痛みが出るものをシンスプリントと呼びます。

典型的なスポーツ障害で、誰にでも起こり得るものです。

特に部活動を始めた中学生・高校生がなりやすくなっています。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市・呉市・東広島市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。

シンスプリントには鍼灸が有効ですよ。

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)への鍼灸施術

6月頃から来院が増え始めるのがシンスプリントと診断された中学生や高校生です。

1年生はクラブ活動を始めて疲労が蓄積してくる頃ですし、2,3年生は大事な大会が多くあり、レギュラー争いや体調管理で四苦八苦する時期です。

【ゆうこん堂】は子供のスポーツ障害を得意としています。脛の内側や足首の内側内くるぶしに痛みが出るのが特徴です。

足首の痛み、内くるぶしの痛み、シンスプリント

整形外科を受診して、先生から「シンスプリント」と言う聞きなれない病名を聞いた子供たちは、さも不治の病に罹ったかのような悲痛な顔をして「ゆうこん堂」にやってきます。

中には3か月間も半年もリハビリに通ったのだけど、一向に治らないと言う子供たちもいます。

大丈夫です、数回の施術で痛みは無くなりますので、シンスプリントと言われたら針治療へお越し下さい。

シンスプリントは過労性骨膜炎とも脛骨疲労性骨膜炎とも呼ばれますが、どれも同じ疾患です。

ふくらはぎの内側から足首にかけてに痛みを発し、症状が長引きます。

シンスプリントへの針治療

走る時だけでなく、歩いても痛みが出てまともに運動が出来なくなるので、青春を部活動に捧げている子供たちにはツラい症状です。

シンスプリントは無理をすれば走れてしまうので、部活動をしたい子供たちは無理して練習を重ねてしまいます。

そうすると疲労骨折と言って骨に細かいヒビが入って3か月以上全く練習出来なくなる事態に陥ることもあります。

シンスプリントは疲労骨折に移行しやすいので、そうなる前に早期に治療を行う必要があります。

鍼灸施術はシンスプリントの施術を得意としています。痛みが出始めてすぐであれば、1・2回の施術でも効果がありますので、なるべく早期の来院をお待ちしています。

シンスプリントは早期受診で早期回復を

シンスプリントは部活動を始めたばかりの子供たちに多いので(競技上達者にも起こりますよ)1年生病とも初心者病とも呼ばれています。

ふくらはぎの内側が痛い・スネの内側が痛い・足首が痛い・内くるぶしが痛い・走ったりジャンプをすると痛む・などの特徴があります。

シンスプリントは脛骨と言うスネにある骨が痛むので骨が悪いと考える方が多いようです。

でもそれは違います、シンスプリントは筋肉が固く収縮(短縮)した為に起こります。

主な原因はスネの骨に張り付いている後脛骨筋と言う筋肉ですが、ふくらはぎにあるヒラメ筋・腓腹筋・長趾伸筋・長趾屈筋・前脛骨筋も施術個所になります。

話が難しくなるので膝下の骨に沿ってある筋肉「後脛骨筋」が悪さをしていると覚えましょう。

主な施術個所はスネの内側から内果(うちくるぶし)にかけて。

足首・膝の内側の痛み、シンスプリント

ここを骨に沿って触っていくと触られただけで激痛が走る場所があります。そこに鍼(はり)を刺して行きます。

ここから骨に当たるようにちょっと深めに鍼を刺すと足の奥の方で「ズン」と響きがあります。

このちょっと深めと言うのが鍼灸の大きな魅力。後脛骨筋は脛骨にへばりつくように通っている筋肉なので、表面の筋肉を通り越してに打たなければなりません。

鍼はインナーマッスル(深層筋)に対する施術に大きな力を発揮します。身体の奥の痛みには鍼が最適なのです。

 

シンスプリントへの鍼治療

マッサージや整体では届かない場所にも鍼なら一気に届きます。インナーマッスルに対する施術ならば鍼灸一択です。

1度でほぼ痛みが取れる場合もありますが、3回施術に来て貰えればほぼ痛みは無くなります。

症状が進行してから来院した場合にはもう少し時間が掛かってしまう場合もあります。

シンスプリントで大事なのは我慢して走り続けない事。無理をすれば走れてしまうのでシンスプリントは厄介なのです。

無理をすると疲労骨折に移行します、疲労骨折は本当に治りにくいので早めの受診が大切ですよ。

シンスプリントでお困りの方は、大人も子供も鍼灸が良く効きますので早めにお越し下さい。

すねの外側に出るシンスプリントもある

すねの内側に出るシンスプリントが一般的ですが、稀に脛の外側に痛みが出るシンスプリントもあります。

脛の外側を通る前脛骨筋の過剰な収縮によって生じるシンスプリントです。

脛の外側の前脛骨筋のシンスプリントは、ランニング動作などを繰り返し、前脛骨筋(足関節を持ち上げる筋肉)を過剰に使い過ぎる事によって起こります。

脛(すね)の外側に出るシンスプリント

脛の内側に起こるシンスプリントが圧倒的に多いのですが、ランナージャンプ競技の場合にはここも一応押さえておきます。

シューズやインソールを交換する事で痛みの緩和が可能です。

すねの外側に痛みが出る前脛骨筋のシンスプリントにも鍼灸はお役に立てます。

シンスプリント部位だけの部分施術は行いません

ゆうこん堂はあくまでも全身治療を行いますので、足首やふくらはぎの内側だけで無く、太ももや腰にも鍼を刺します。

運動をしていて一つの筋肉しか使わないなんてこと、ありません。

連動して各部位の筋肉は動いています

身体全体のバランス調整

痛みのある個所一点だけを狙って施術をしても、今度は別の場所が痛くなります。

ゆうこん堂は部分施術は一切行っていません

身体全体のバランスを見ながら的確な場所に鍼灸施術を行います。

シンスプリントと診断された子供を持つ親御さんへ

ゆうこん堂は小学校高学年から大学生までの部活動を行う子たちが多く来院しています。

その為、シンスプリント(脛骨疲労性骨膜炎)で来院される方は非常に多いのです。

シンスプリントは針治療で比較的簡単に痛みは治まります。

若いほど回復力は早いので、早期に来院頂ければ数回の治療で練習を再開できます。

ただし、若い子ほどビビリなのも事実。

中学生・高校生は鍼灸を怖がる

女の子は腹が座ってるのだけど、男の子はビビります。「怖いから鍼灸院には行かない」と言い出すでしょう。

しかし来れば練習再開できるようになりますよ。どちらが良いか話し合って下さい。

ビビりの男の子にはかなり針を打つ本数も制限します。

本当は部分治療なんてやりたくありませんが、最悪シンスプリント部位だけの施術も行います。

ビビり具合を見ながら施術方法は変えていきますので、良ければご来院下さい。

大人のシンスプリントも勿論施術可能。針治療の良さを教えて差し上げます。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市呉市東広島からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。

脛(すね)の内側足首に痛みを覚えるスポーツ障害の一つであるシンスプリントは当院にお任せ下さい。

ご予約はこちら

ご予約はお電話とLINEにて承ります。

📞082-555-2099

友だち追加

電話でのご予約は朝8時から夜7時まで。LINEは24時間受け付けています。

LINEからの予約方法については下記をご参照下さい。

住所:広島県安芸郡海田町南本町6-3 コーポタカヤマ101

駐車場:2台(1番・2番)

あなたはその治療に満足していますか?

マッサージ整体により一時的に痛みは治まったけど、施術後はすぐに元に戻ってしまった経験はありませんか

鍼灸は血流を改善し、健康な身体を取り戻します。

その痛み痺れには鍼灸が有効です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事