X脚の方に多い反り腰

X脚は、かかとを付けて直立の姿勢を取った時にひざ頭が密着し、左右の内くるぶしを合わせることができない状態を指します。ひざ頭とつま先同士も内側を向く傾向にあります。いわゆる内股などを言われる状態です。

X脚は骨の問題だと思っていませんか?

いいえ、違います。O脚・X脚共に筋肉が関係しています。
骨盤の外側にある筋肉が緊張して腸脛靭帯が引っ張り、膝を外側に引っ張っているからO脚となります。
逆に膝の内側にある筋肉が緊張して膝を内側に引っ張っているのがX脚です。

X脚の原因には姿勢の悪さが挙げられます。

女性は反り腰になっている方が多く、骨盤が前に傾いている為に慢性的な腰痛の方が多くいらっしゃいます。
腰が反った状態の反り腰は、腰に大きな負担が掛かり慢性的な腰痛椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症などの疾患を発症させる可能性があります。また、足の冷えむくみにも繋がってしまいます。

反り腰は加齢運動不足による筋肉の衰えが大きな原因です。例えば、骨盤の前傾を防ぐ役割を持つ腹直筋などが弱る事も反り腰の原因となります。また、太ももの大腿四頭筋腸腰筋(腸骨筋+大腰筋)が過緊張することでも、骨盤は前に傾きやすくなります。

反り腰について詳しくは以下をご参照下さい。

反り腰の人は骨盤が前に傾きやすく、前傾した骨盤についた太ももの内側の筋肉が緊張して膝を引っ張る為にX脚となりやすいのです。

X脚に対する鍼灸施術

X脚の原因は太ももの内側にある内転筋が原因です。鵞足炎と言う疾患はご存じでしょうか。膝の内側の筋肉が張るスポーツ障害の一つなのですが、X脚の場合はその鵞足炎の症状が出ています。

太ももにある縫工筋・薄筋・半腱様筋・半膜様筋の緊張を緩めてあげれば、膝の内側の緊張がほぐれてX脚は改善されます。

太ももにある大腿四頭筋の外側(股関節の外側)から縫工筋は出ているので、そこに対する施術がメインとなります。女性は短パンをご用意下さい。当院でも短パンをご用意してあるので、お忘れになっても大丈夫です。男性はパンツ一枚になって貰うので、どんな格好でも大丈夫です。

同様に膝の内側にある薄筋や内転筋群、膝裏のハムストリングスを構成する半腱様筋・半膜様筋に対する施術も行って行きます。太もも周りの膝を内側に引っ張ている筋肉に対しての施術を行います。

それと、反り腰になっている場合には腰をメインとした施術も行います。何か所に針治療をしても、当院は同一料金となりますので、ご安心下さい。

鵞足炎の施術方法については以下に詳しくまとめていますので、ご参照下さい。

X脚は反り腰の改善と膝の内側の筋肉・それとシューズの見直しが大切となります。
膝と腰の筋肉を重点的に緩める事で、X脚の改善を図ります。

反り腰になって前傾した骨盤

シューズ・インソールの見直し

これはO脚・X脚共に言える事ですが、シューズやインソールの見直しをするのも改善に効果的です。

偏平足外反母趾足底のアーチが無くなるのもO脚・X脚を招く要因となります。
足底のアーチがしっかり出来ていれば正しい姿勢・正しい歩き方が出来る為、姿勢の改善に繋がります。

土踏まず足底腱膜)は足裏の縦のアーチを形成しています。足のアーチは地面からの衝撃を和らげてくれる役割があり、膝や腰への負担を抑えてくれるのです。

しかし足底腱膜が張っていると言うことは、そのクッション性が無くなっているという事になります。そうすると地面からの衝撃をモロに受けて膝や腰にも痛みが出ます。
シューズやインソールを替える事で足裏の柔軟性が復活し、正しい歩き方が出来るようになる場合があります。

ゆうこん堂では足底筋腱膜炎に対する鍼灸施術を得意としています。
シューズをインソールを交換した後でも、足裏のアーチは改善されません。足底腱膜に対しても鍼灸施術を行えます。
足底の正しいアーチを付ける為にも、鍼灸はお役に立てます。

足底筋膜炎については以下をご参照下さい。

シューズ・インソールの見直し

X脚にも鍼灸施術を

O脚やX脚は骨の問題だと思っている方が多く、整体院を選択されるようです。

しかし、鍼灸もO脚・X脚の改善を得意としています。
過緊張した筋肉を緩め、骨盤の歪みを正しい場所に戻してあげる事でX脚の改善を図ります。

身体は繋がっているので、1つの症状が他の症状を引き起こします。
何事も早期発見が早期改善に繋がります。早めの受診をお願いします。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市呉市東広島市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。
X脚・反り腰の改善に力を入れています。お悩みの症状が改善されるよう、サポートさせて頂きます。
膝の疾患に力を入れています。ご来院をお待ちしています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事