userimg
ハリタマ
土日祝日も営業する鍼灸専門院。安芸郡海田町にあるので立地条件には恵まれていませんが、多くのお客様に愛されて元気に営業しています。

痛み・痺れ・血流障害に特化した治療院です。マッサージも整体も電気治療器もありません。鍼とお灸だけで皆様のお悩みに立ち向かいます。

follow us in feedly

頭痛・片頭痛にも鍼灸を

頭痛や片頭痛に悩む女性が多く来院するのも当院の特徴。
時には激しい頭痛に悩む女性もいらっしゃり、脳神経外科で受診を経てから当院にいらっしゃる事もあります。
確かに「くも膜下出血」や「脳腫瘍」になるのは怖いですものね。

「くも膜下出血」や「脳腫瘍」「脳出血」は二次性頭痛に分類され、突然の激しい頭痛・言語障害・意識障害・麻痺を伴います。このような症状が現れたら、すぐに救急車を呼びましょう。命の危険があります。

しかし突然襲ってくる激しい頭痛の場合を除いて、一時性頭痛に分類される慢性頭痛は日本人の3人から4人に1人は感じると言うありふれた疾患です。その中の「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発性頭痛」のいずれも鍼灸適応疾患となります。

頭痛や吐き気・ストレスなどで苦しんでませんか。放っておけば治る・鎮痛剤を飲む・お風呂に浸かるなど、それぞれ対処法はお持ちの事と思います。当院に来院される頭痛持ちの方は、頭痛がしてきたら鍼灸院に行くサインと一様に仰います。そのくらい、鍼灸は効果があるのです。

頭痛や片頭痛は首の凝りから起因するものがほとんどです。
頭痛がしたら鍼灸院に行くサイン、どうぞ【ゆうこん堂鍼灸院】までご連絡下さい。

女性は痛みに強い|そもそも鍼は痛くない

首に鍼を刺されるなんて怖いと思っているあなた、そんなに心配しなくとも大丈夫です。
男性に比べて、女性の方が余程度胸がありますし、痛みを感じにくいのです。
女性は出産を経験するから元来痛みに強く出来ているとも言われています。
そもそも、鍼はそんなに痛くありません。

皆さん注射針をイメージして来院されるのですが、あれは薬剤を注入するので中に空洞を作るため、太くなっているのです。
鍼灸院で使う鍼はこんな感じ。

直径わずか0.2mmの極細鍼です。
こんな細いものが身体に入って行くのか不思議になるでしょう?
これを使って体内の血行を良くして行くのが私の仕事。
頭痛持ちの方は、自分の首筋を触ってみて下さい。ゴリゴリと固いシコリがあるでしょう。
それが血行を阻害している原因です。

鍼灸師はそれを緩めて血流改善するのがお仕事です。
筋肉が固くなってコリがあると毛細血管は寸断され、血液が身体中をまわれなくなります。
毛細血管は髪の毛よりも細い場合もあり、そんな細い血管にも空洞があって血液が流れているのです。
非常に細いので筋肉が凝り固まると毛細血管は潰れて血液の行き渡しが出来なくなります。
そうすると、益々固い筋肉に血液が回らずに凝ってしまうのです。
鍼灸師の役割は大きいのですよ。

首・肩・肩甲骨回りはセットで考える

針を打つ場所は首・肩・肩甲骨回りになります。頭痛持ちの方はもともと肩こりを持っている方がほとんどです。
肩こりと首・肩甲骨回りはセットで考えているので、それら全てが治療対象です。
マッサージは身体の表面の筋肉をほぐして行きますが、鍼灸は身体の奥まで刺激が可能。
表層筋と共に深層筋にまで届いてしまうなんて素敵な施術方法だと思いませんか?
どちらが効くのと問われたら、それはご自分で経験して見て下さい。
鍼灸の沼にハマって抜けられなくなりますよ(笑)
身体の奥の方で指圧をされているような感覚が味わえます。

施術が終わった後は身体が重たくなるので、自宅に戻ったらお昼寝するつもりで来院して下さい。
頭痛・片頭痛を感じたら鍼灸院へ。あなたの来院をお待ちしています。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事