頭痛・偏頭痛

頭痛がすると、やる気まで削がれてしまいます。

頭痛は脳みそにしっかり血液が回っていないサインです。

首肩の筋肉が固くなり、毛細血管を潰してしまっている事が原因です。

首肩の筋肉を緩め、毛細血管を広げてあげれば頭痛は改善します。

目の奥の痛みや疲れ目なども改善されますので、ぜひ鍼灸施術を受けてみて下さい。

鍼治療は硬くなった筋肉を緩めるのに非常に有効です。

経験豊富な鍼灸師がご対応させて頂きます。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市・呉市・東広島市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。

肩こりや肩こりを緩める事で、頭痛は改善されます。

頭痛・偏頭痛は首こりを緩めるべし

頭痛片頭痛に悩む女性が多く来院するのも当院の特徴。

時には激しい頭痛に悩む女性もいらっしゃり、脳神経外科で受診を経てから当院にいらっしゃる事もあります。

確かに「くも膜下出血」や「脳腫瘍」になるのは怖いですものね。

「くも膜下出血」や「脳腫瘍」「脳出血」は二次性頭痛に分類され、突然の激しい頭痛・言語障害・意識障害・麻痺を伴います。

このような症状が現れたら、すぐに救急車を呼びましょう。命の危険があります。

しかし突然襲ってくる激しい頭痛の場合を除いて、一時性頭痛に分類される慢性頭痛日本人の3人から4人に1人は感じると言うありふれた疾患です。

その中の「緊張型頭痛」「偏頭痛」「群発性頭痛」のいずれも鍼灸適応疾患となります。

頭痛のする女性

デスクワークの多い現代人。パソコン仕事スマホとは切り離せない生活になっています。

血行不良から眼精疲労になったり首の痛みを引き起こすなど、苦しんでいる方は多いと思います。

頭痛吐き気ストレスなどで苦しんでませんか。

放っておけば治る・ロキソニンを飲む・お風呂に浸かるなど、それぞれ対処法はお持ちの事と思います。

当院に来院される頭痛持ちの方は、頭痛がしてきたら鍼灸院に行くサインと一様に仰います。

そのくらい、鍼灸は効果があるのです。

頭痛や偏頭痛は首の凝りから起因するものがほとんどです。

首の筋肉は繊細なので、強く揉むようなマッサージをすると揉み返しに悩まされます。

整体院で首の骨をボキボキされるのも、怖くはありませんか。首は繊細な部分です。

ピンポイントでツボを打ち抜く針治療は、首のコリを緩めるのに最適です。

頭痛がしたら鍼灸院に行くサイン、どうぞ【ゆうこん堂鍼灸院】までご連絡下さい。

女性は整理中・妊娠中・産後・授乳中など頭痛に悩まされる

女性は体調の変化によって頭痛が出る機会が多くあります。

生理前・生理中・妊娠中・産後・授乳中などにも頭痛が起こります。

体調の変化によって女性は頭痛が起こりやすいのです。

女性は出産を経験するから元来痛みに強く出来ているとも言われています。

そんな女性が頭痛や吐き気に悩まされるとは、その痛みはかなり大変なのでしょうね。

鍼灸院で使う鍼はこんな感じ。

鍼灸院で使う細い針

直径わずか0.2mmの極細鍼です。こんな細いものが身体に入って行くのか不思議になるでしょう?

これを使って体内の血行を良くして行くのが私の仕事。

頭痛持ちの方は、自分の首筋を触ってみて下さい。ゴリゴリと固いシコリがあると思います。

それが血行を阻害している原因です。

鍼灸師はそれを緩めて血流改善するのがお仕事です。

筋肉が固くなって凝りがあると毛細血管は寸断され、血液が身体中をまわれなくなります。

そんな詰まってしまった毛細血管に血液を通わせるために、拘縮した筋肉を緩めて毛細血管を広げてあげる必要があります。

頭痛や片頭痛は脳みそに十分に血液が送れていない為の危険信号なのです。

頭痛がしたからと言って鎮痛剤を飲むのは警告を無視してアラームを止めるようなものです。

鎮痛剤はなるべく飲まないように

痛みのアラームを止めてしまうのでは無く、根本原因を解消してあげる事があなたの頭痛を解消する早道となります。

鍼灸は血管を広げて身体の隅々にまで血液を運ぶお手伝いをさせて頂きます。

首・肩・肩甲骨回りはセットで考える

針治療をする場所は首・肩・肩甲骨回りになります。

頭痛持ちの方は元々首こり・肩こりを持っている方がほとんどです。

肩こりと首・肩甲骨回りはセットで考えているので、それら全てが治療対象です。

マッサージは身体の表面の筋肉をほぐして行きますが、鍼灸は身体の奥まで刺激が可能。

表層筋と共に深層筋にまで届いてしまうなんて素敵な施術方法だと思いませんか?

どちらが効くのと問われたら、それはご自分で経験して見て下さい。

鍼灸の沼にハマって抜けられなくなりますよ(笑)

奥深い鍼灸施術

身体の奥の方で指圧をされているような感覚が味わえます。

ストレスの強い方は首の横(胸鎖乳突筋)と肩甲骨周りを緩めてあげると身体が楽になります。

施術が終わった後は顔がポカポカ火照って来て気持ちが良いですよ。

その場で頭痛・片頭痛も随分と楽になります。

施術が終わった後は身体が重たくなるので、自宅に戻ったらお昼寝するつもりで来院して下さい。

頭痛・片頭痛を感じたら「ゆうこん堂」へ。あなたの来院をお待ちしています。

頭痛・片頭痛には後頭部やこめかみにも針が刺せますよ

頭痛がヒドい方の中には、いっそこめかみにも針を刺して欲しいくらいと仰る方がいます。

はい、あなたのお悩み叶えて差し上げます。

こめかみにも後頭部にも針を刺すことが可能です。

頭蓋骨があるから無理だろうと思われるかもしれませんが、確かに真っすぐに針を指せば1㎜も針は刺さりません。

しかし、頭皮に沿って斜めに入れてあげれば5mmから1cmほど頭にも針を入れる事が出来ます。

これが結構好評で、頭痛が楽になります。

頭痛がしたら鍼灸院へ

こめかみに一度針治療をやってあげると次からは必ずリクエストされます。

あくまでも首がメインとなりますが、こめかみや後頭部への針も経験してみて下さい。

頭痛は気圧の変化に左右される

頭痛・偏頭痛は気圧の変化で左右されます。

雨の日・低気圧な時に頭痛が出るのはその為です。

吐き気やめまいなどが起こる頭痛は苦しいものです。

歯のかみ合わせや虫歯でも頭痛が起こる事もあります。

首肩の血流を改善する事で、症状は楽になります。

頭痛は低気圧で起こり易い

ロキソニンなどの痛み止めを毎回服用するのも問題です。

痛み止めは身体を冷やす副作用がある事で知られています。

身体を冷やすと益々血流が悪くなってしまいます。

首こり・肩こりを解消して血流を良くする事が頭痛解消のカギとなります。

広島市・呉市・東広島からも来院の多い海田町の鍼灸院

頭痛持ちの方は本当に辛いようですね。

当院は女性客が全体の7割と言う事もあり、頭痛持ちの女性が多く来院されます。

一度施術を受けたらそれ以来頭痛が無くなったとかになれば良いのですが、ストレスの多い方は頻繁に頭痛が起こるようです。

頭痛がして来たら針治療を受けるタイミングだと思って来院して下さい。

男性の頭痛も勿論施術可能です。

頭痛が主訴で来院される方は圧倒的に女性が多いのですが、ストレスの多い男性も首こりに悩まされている方は多いのです。

男性は頭痛を感じない代わりに、首の凝りが強い方が多くいらっしゃいます。肩こり・頭痛には鍼灸院をご利用下さい。

首のコリにも鍼灸を

頭痛・片頭痛はその場でかなりの効果が上がります。

頭痛がしたら針治療へ行くサインだと考えて、来院なさってみて下さい。

力の限りサポートさせて頂きます。

痛みや痺れには鍼灸がお役に立てます。

パソコンやスマホばかりされている方は、簡易マッサージに行くよりも鍼灸院を第一選択として下さいね。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市呉市東広島市からも来院が多い安芸郡海田町の鍼灸院です。

頭痛片頭痛でお困りの方は当院をご選択下さい。

ご予約・お問合せ

電話番号0825552099
LINE

友だち追加

電話でのご予約は朝8時から夜7時まで。LINEは24時間受け付けています。

LINEからの予約方法については下記をご参照下さい。

住所広島県安芸郡海田町南本町6-3コーポタカヤマ101
営業時間●月~金 9:00~12:00 15:00~20:00 ●土日祝 9:00~18:00
定休日水曜日
支払い方法現金のみ
スタッフ数2名(施術者は1名のみ)夫婦で営む鍼灸院
駐車場2台(1番・2番)
ゆうこん堂PR完全予約制・当日予約OK・土日祝営業・女性スタッフ在籍・お子様連れOK(予約時に要確認)・回数券有り・夫婦で営む鍼灸院・鍼灸専門・完全個室

 

【ゆうこん堂鍼灸院へのアクセス】

鍼灸院の目の前が駐車場になっています。

1番・2番が当院の駐車場です。空いてる方にお停めください。

院内_駐車場2台

 

 

住所:広島県安芸郡海田町南本町6-3 コーポタカヤマ101号室

広島市・呉市・東広島市からも来院の多い海田町の鍼灸院

電話予約に関してですが、昼休憩や定休日にも電話が掛かってきます。

私は昼休憩を使って畑仕事・筋トレ・ジョギング・食べ歩きを行っています。

定休日は週に1度しか無いので、ゆっくりしたいのです。

電話予約はなるべく営業時間内にお願い出来無いでしょうか。

昼休憩・定休日の電話予約はお止めください

LINEであれば時間に余裕を持って返信が出来るので、問題ありません。

私に安息の時間を作って下さい。

皆さんが思っているよりもずっと電話が多いので、昼休憩・定休日の電話に困っています。

どうぞご理解をお願いします。

電話:082-555-2099

LINE

友だち追加

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事