userimg
ハリタマ
土日祝日も営業する鍼灸専門院。安芸郡海田町にあるので立地条件には恵まれていませんが、多くのお客様に愛されて元気に営業しています。

痛み・痺れ・血流障害に特化した治療院です。マッサージも整体も電気治療器もありません。鍼とお灸だけで皆様のお悩みに立ち向かいます。

follow us in feedly

エアコンの冷風は肩こり・頭痛の原因に

随分と暑くなってきましたね。これから当分の間はエアコンが大活躍。

エアコンを全開にして仕事や勉強に励む方も多いと思います。

この時期になると、【ゆうこん堂】には室内で働く女性が特に多く来院されます。

冷房に直接あたっていると身体全体が冷えてきて、肩こりや首のこり・手足の冷え・頭痛など様々な症状を引き起こしていきます。

冷房の温度を上げたいのだけれど、上司や外回りの営業マンがどんどん設定温度を下げてしまい、寒くて堪らないなんて話もよく耳にします。
 
 

エアコン

 

私も腰痛持ちなので、エアコンの風には気を付けています。

一枚余分に上着を羽織ったり、患者さんがいない時にはエアコンを消して窓を開けたり。

でもそれは、私と妻との2人だけの職場だから出来ること。

複数人が働く会社では難しいですよね。エアコンの冷風に直接当たることは極力避けるようにしましょう。

 

対応策としては

・冷風が直接当たらないように席を移動させて貰う


・上着を一枚羽織る(冷気が直接肌に当たることを避ける)

・リモコンを死守して設定温度を上げる

 

などがあります。

仕事に支障をきたす場合も多いので、しっかりと権利を主張しないと他の方にも迷惑が掛かります。

自分の出来得る早めの対抗策を取りましょう。

親子

エアコンの冷風が起こす様々な症状

私はエアコンの冷風を直接受けているとすぐに腰痛が出てきます。

元々高校生の時の部活動である空手道のやり過ぎで腰痛持ちです。

定期的に自分で鍼灸施術をするのですが、冷風が当たると腰砕けになるような嫌な痛みに襲われるので、夏場は必ず長袖を着用します。

個人宅や会社でも購入可能であれば、エアコンの風よけを付ける事をお勧めします。

当院でも導入していますが、冷風が直接身体に触れなくなるだけで、随分と身体への負担は違います。

お勧めのエアコンランキングのページがありましたので、貼っておきます。

エアコン風よけの人気おすすめランキング15選【エコにもつながる】

自分の身は自分で守りましょう。

夏場は症状が出ないけども後になって響いてくる疾患の代表格が神経痛です。

夏の間にエアコンの冷風で身体を冷やしていると、10月くらいになって少し寒くなってから神経痛に悩まされる方が多くいらっしゃいます。

手足の痺れを感じたり、長時間椅子に座っていると足に鈍い痛みが走るって方は神経痛の可能性があるので要注意。

神経痛は身体の奥にある筋肉が関係しているので、整体やマッサージでは中々改善されない事も多いのです。

鍼灸なら長めの針で一発で患部に届くのでお勧めです。当たってる感じが分かると思いますよ。

頭痛を感じる方も多くいらっしゃいます。

頭痛がする場合に頭痛薬でその場の痛みを片付けようとする方がいらっしゃいますが、対処療法(表面的な症状の緩和を図ること)は問題解決の根本にはなりませんよ。

多くの頭痛は脳みその疾患とは関係ありませんので、脳神経外科に行っても問題ない、肩こりではと言われるだけです。

首がカチカチになった事が原因で頭痛が起こる場合がほとんどなので、頭痛がしたら鍼灸院へ行く合図だと思ってください。

肩こり・首凝り・頭痛に神経痛は鍼灸院にお任せを

多くの働くお母さんがよく言う愚痴が「子供や旦那に肩を揉んで貰うのだけど、一向に治らないのよ」ってって言葉。

そりゃあね、子供が揉んで治るのならば鍼灸師もマッサージ師もいりませんよ。

我々はお金を頂くプロ、子供や旦那は当たり前だけど素人です。

この差は大きいですよ。陸上の100m走は小学生でも走れるけども、小学生がオリンピック選手になるの見たことありませんよね?

プロと素人の差は歴然としているのです。

私たちは毎日人様の身体を触って感覚が鋭敏になってます。

その上毎日身体の事について勉強しているのだから差がついて当然です。身体の不調は私たちにお任せください。

上記の肩こり・首の凝り・頭痛・片頭痛・神経痛はどれも鍼灸がお役に立てる疾患です。

辛い症状に悩むくらいならお近くの鍼灸院に出向いてみてはどうでしょうか。

お近くの鍼灸院で満足出来ない場合には、少し足を伸ばして【ゆうこん堂鍼灸院】にいらしてみてはどうでしょうか。

評判良いらしいですよ♪

エアコンの冷風は身体にとって厄介なものだと認識を。

直接冷風を身体に当てないだけで随分と違います。席を移動するなり長袖を羽織るなど自分で工夫をしていきましょう。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事