userimg
ハリタマ
土日祝日も営業する鍼灸専門院。安芸郡海田町にあるので立地条件には恵まれていませんが、多くのお客様に愛されて元気に営業しています。

痛み・痺れ・血流障害に特化した治療院です。マッサージも整体も電気治療器もありません。鍼とお灸だけで皆様のお悩みに立ち向かいます。

follow us in feedly

腰は身体の要(かなめ)、必ず施術を行います

よくお客さんから聞かれるのが、「どこの部位を診て欲しいって依頼が一番多いですか」 って質問です。
それに対しては「やっぱり腰痛ですかね」、と答えます。統計を取ったことはありませんが、腰痛を感じる人は多いようです。

膝や足裏が悪い人でもそれを庇って(かばって)いたら腰痛を引き起こします。
スポーツ選手に腰痛は付き物だし腰は全く問題ありませんって言う方は少ないかも。
なので腰に針を刺さないで終わる人ってのはほぼいません。腰は身体の要(かなめ)ですから大事にしないといけませんね。
腰痛の女性

 

私自身が高校時代、部活動の空手道で腰を痛めて苦労しました。椎間板ヘルニアだったのですが、まともに蹴りが出せないし練習が出来ない、痛みと戦いながらの部活動でした。

だったら辞めるか休むかすれば良いじゃないと言われそうですが、高校時代は部活動が何よりも大事でしたからね、休むなんて選択肢は無いのですよ。その時の無理を引きずって、今でも腰はウィークポイント。何かあれば真っ先に腰痛が出ます。

発熱があっても腰が痛くなるし、調子が悪いとすぐ腰に痛みが走ります。なので、多分自分の体の中で腰に一番鍼を刺してます(勿論自己鍼治療で)。

腰は見えないから自分で鍼を打てないだろうと患者さんから言われるのだけど、そんな事はありません。

場所は分かっているので、後は鍼を打つ角度と深さを調整するだけ。必ずしも見る必要は無いのですよ。

 

刺さっている鍼

 

腰とお尻はセットで考える、当院の腰痛施術

そんな事もあって腰痛には一家言あるのです。当院の腰痛治療の他院との違いは、腰とお尻をセットとして考えている所ですかね。
腰痛を訴えているお客さんがいらした場合には、必ずお尻もセットで診ます。

人間のお尻が出っ張っているのは人間が二足歩行するのにお尻の筋肉が必須だからです。

発達した筋肉は時として強い力で身体を痛めつけます。ぎっくり腰の場合にもお尻にも針を打ちますし、坐骨神経痛も必ずお尻に鍼灸施術を行います。

運動選手も問答無用で鍼治療を行います。女性でも容赦ないので絶対にお尻は触られたくないって方は当院にはお越しにならない方が良いと思います。勿論施術の一環ですので「触ると言うより探る感じ」ですし、隣には嫁さんも内勤してます。

怖い事も危ない事もありませんよ。そこはご安心を。

 

%e7%97%b4%e6%bc%a2

 

よく「腰痛専門」と呼び声高く宣伝している治療院がありますが、あれは他の部位よりも腰の方が一般的に治しやすい側面があるからです。
腰痛は狙うところが限られていて、脊柱起立筋と総称される3つの筋肉と、腰方形筋を押さえておけば何とかなります。

インナーマッスルの腸腰筋はマッサージの場合は仰向けで狙うかお尻を揉むかになると思いますが、鍼(はり)ならばお尻からピンポイントで狙えるので非常に便利。

鍼灸はインナーマッスルまでしっかり届くので、腰痛には最適です。表面をマッサージしても成果は上がりませんからね。

打たれた本人も納得の手ごたえがあります。腰痛は漠然と膝が痛いと言われるよりもずっとアプローチがしやすいのです。

腰痛が劇的に治ったら宣伝になりますし、腰痛がこれだけ改善されるのならば、他の部位も治せるのではとお客さんがやって来てくれます。
なので、「腰痛専門」と言いながらも他の部位の施術もすることは多く、腰痛専門は取っ掛かりの一つなのです。
宣伝方法は様々なので、最初のアプローチとしては良いアイデアだと思います。

当院は一番腰を重要視してます

当院の場合は全身治療なので、その一環として必ず腰も診ると言う点では腰痛の専門と言ってもいいのかも知れません。

腰だけ診てって言われても全身診ますけどね。そこは融通聞きません。

腰は人間にとって要(かなめ)の場所です、大事にケアして行こうじゃありませんか。

施術は経験の賜物なので経験豊富な先生に診てもらう方がやっぱり良いと思いますよ。

専門学校卒業したからって急に施術が上手になるなんて事ありませんし、どこそこで修行をしたから一人前なのかって言うとそうでもありません。

自分で苦労して汗を流しながら体得したものでないと、中々モノにならないのです。

私も最初は師匠のやり方を真似ていましたが、今は自分でアレンジしてやり方を変えています。なのである程度施術経験と開業年数を経た実力のある先生に診てもらう方が良いですよ。

うちは開業年数12年と短いですが、その分を施術数の多さでカバーしています。腰痛の際にはご選択頂ければ、損はさせませんよ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事