ぎっくり腰には鍼灸を

ぎっくり腰」(急性腰痛症)の痛みほど、我慢が出来ないものはありません。

激痛が走り、歩けない・立てない・立ち上がれないような痛みが走ります。

くしゃみや重たい物を持った時に誘発される事もあります。

実は疲労の蓄積が原因なので、定期的に鍼灸を受けていれば起きることはありません。

腰から出るインナーマッスル(深層筋)である腸腰筋を緩める事で改善が可能です。

鍼治療は固くなった筋肉を緩めるのに非常に有効です。

経験豊富な鍼灸師がご対応させて頂きます。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市・呉市・東広島市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。

腰痛の一つであるぎっくり腰は当院にお任せ下さい。

ぎっくり腰(急性腰痛症)の原因は身体の奥にひそんでる

ぎっくり腰になったことがある方は案外多いのでは無いでしょうか。

何でもない動作。例えばクシャミをしただけで激痛が走ったり、軽いものを持ち上げようとしただけで地面にヘタり込んでしまったり。

西洋では「魔女の一撃」とも恐れられる厄介な症状です。

実はぎっくり腰と鍼灸施術は大変相性が良いのです。

それもお灸よりも針治療の方が抜群に効果を発揮します

ギックリ腰の正体は腰からお尻にかけて繋がっている大きな筋肉が原因です。

その筋肉はインナーマッスルと呼ばれる身体の奥にある筋肉になります。

ぎっくり腰の原因となる腸腰筋

腸腰筋(大腰筋・小腰筋・腸骨筋)などの大きなインナーマッスル急激な収縮により固まったままになっているのが、ギックリ腰の原因です。それらを緩めてあげないと痛みは続いてしまいます。

マッサージでは手が届かない深さなのですが、針ならばスッと深層筋まで届きます。

針治療はこういう身体の奥に原因がある場合の対応に最適なのです。

なので、ギックリ腰になってしまった場合には鍼灸院に駆け付けるのが一番の解決の近道となります。

【ゆうこん堂】にもヒーヒー言いながら来院される「ぎっくり腰」の方がいらっしゃいます。

立てないくらい腰が痛い上に鍼を刺される患者さん側も大変でしょうが、痛み無く帰って頂かなければならない使命を負ったこちらも結構大変なのですよ。

イメージよりも細い針

ぎっくり腰にならないような身体作りが本来は大切なので、治ったとしても定期的に通って頂きたいのがこの症例の大きな特徴の一つです。

でも喉元過ぎれて熱さを忘れてしまうのが人間の悪い性(さが)。

ぎっくり腰が治ったら来院を止めてしまいます。

そしてまた半年・1年してから再発して戻って来られる方が多いのです。

ぎっくり腰は癖になると言いますが、私はそうは思いません。

私も大学生の時に一度だけギックリ腰をやった事がありますが、それ以来一度もありません。

何度もぎっくり腰を再発する人は、日常生活の中で腰に負担を掛けているのです。

いきなりギックリ腰に襲われたのでは無くて、ダムの決壊のように溜まりに溜まったものが、ある事を切っ掛けに急に表面に現れただけなのです。

安静にしていても中々治らないぎっくり腰

ぎっくり腰は安静にしていても、中々治りません。

痛み止めを飲めば少しは痛みが緩和されますが、長引くものと覚悟が必要です。

軽度であれば歩けるので、すぐに鍼灸院へお越し下さい。

激痛が走ると立ち上がるのも難しいものです。

症状が治まるのを待ち、動けるようになった時点でお越し下さい。

くしゃみなどで激痛などの症状が出ますが、あくまでも疲労の蓄積が原因です。

固くなった筋肉を緩る事で痛みの改善を図ります。

妊婦さんにも多いぎっくり腰

妊婦さんはお腹が出っ張って腰の疲労が溜まり易く、ぎっくり腰になる事があります。

鍼灸は妊婦さんでも安全に施術が可能です。

ご来院をお待ちしています。

何度も繰り返す「ぎっくり腰」には定期的なケアを

「ぎっくり腰」を繰り返す方は何度かなっているうちに、ぎっくり腰になりそうな兆候が分かるようになるのだとか。

症状が出た後よりも、出る前の方が治療しやすいので、ギックリ腰の兆候が分かる方は早めの来院をお願いします。

皆さん、いきなり「ぎっくり腰」が襲って来たって仰いますが、やはり原因は疲労の蓄積

腰への負担が積み重なって川にせき止められたゴミのように、何かの拍子に一気に流れ出したのがギックリ腰なのです。

くしゃみなどが原因で急に立ち上がれなくなる程の痛みが出ます。

鍼灸院で定期的なケアを

定期的なケアをしていればぎっくり腰に悩まされることもありません。

定期的な来院をして頂くことにより、ぎっくり腰になりにくい身体作りを行って行きます。

男性は自分の身体にお金を掛ける事を嫌う方が多いのですが、長く健康で暮らす為にも定期的なケアをお願いします。

ぎっくり腰になった後も、なりそうな時にも鍼灸は効果を発揮します。

腰に違和感がある時点で来院して頂ければ、ギックリ腰にならずに済みますよ。

ぎっくり腰に対する治療方法

皆さん腰を押させてやって来ますが、当院が一番大切にしているのはお尻です。

腰から出ているインナーマッスルの一つである大腰筋が大事な施術場所の一つなのですが、こいつはかなり身体の奥にあり腰から狙ったのでは鍼が刺さりにくいのですよ。

ついでにもう一つのインナーマッスルである腸骨筋骨盤の内側を通っているので、こちらも合わせてお尻から同時に狙っていきます。

なので腸腰筋どちらも攻める事になります。鍼灸はインナーマッスルに対しても直接施術が可能。

7㎝近い鍼も用意してあって、患部を直接狙う事が出来ます。

針治療は「ギックリ腰」のスペシャリストなのです。

お尻の両サイドにある骨(大腿骨頭)の出っ張りからこいつらを狙っていくのですが、ここでもかなり深く刺します。

患部に鍼先が当たると、身体の奥の方で指圧をされている感じがお分かり頂けると思います。

そのまま鍼を暫く置いておくこともありますし、刺激を入れて行くこともあります。

鍼先が触られたら奥の方で筋肉がカチカチになっているのは、患者さんも分かります。

ここへの針治療がギックリ腰の最大の山場なのです

ぎっくり腰はインナーマッスルを狙う

立てない・歩けないような激痛であっても、ある程度その場で効果は表れます。

安静にしていても、痛みは中々取れません。

ぎっくり腰になったらすぐに来院して頂いて大丈夫です。

あ、これは何だかいつもの腰痛とは違うぞ。ちょっとこれはヤバそうだぞと思ったら早めの来院をお願いします。

広島市・呉市・東広島市からも来院の多い海田町の鍼灸院

何度もぎっくり腰を繰り返している方は、何となくなる前になりそうな予兆があると言います。

腰に違和感が出る場合もあるし、決まった作業をするとギックリ腰が出る場合もあります。

そんなヤバイなと言う前兆があった場合にも、そのタイミングで来てもらえればお役に立てます。

うちにも何人かギックリ腰になりそうな予兆がある方がいるのですが、その時点で施術をすればぎっくり腰から免れる事が出来ます。

運悪くぎっくり腰になってしまった場合にでも、何とか痛みをゴマかして来院頂ければ、痛みはかなり緩和されます。

ギックリ腰になりそうな予感

2度と経験したくないでしょうから、ぎっくり腰になったら針治療と覚えておいて下さい。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市呉市東広島市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。

痛くて歩けないような「ギックリ腰」も対処させて頂きます。

腰に違和感を感じたら、当院にご連絡下さい。

あなたはその治療に満足していますか?

鍼灸専門だからこそ、出来る施術があります

マッサージ整体により一時的に痛みは治まったけど、施術後はすぐに元に戻ってしまった経験はありませんか

当院は電気治療器もマッサージも一切行いません

鍼灸専門だからこそ、出来る施術があります。

鍼治療は固くなった筋肉を緩めるのに非常に有効です。

筋肉を緩める事で、毛細血管を広げ、血流改善を促します。

毛細血管の隅々にまで血液が行き渡ると、酸素と栄養素に富んだ血液を全身に送り出してくれます。

つまり、当院の施術は自然治癒力や免疫力を引き上げるのです。

自然治癒力を引き出す鍼灸

ご予約は電話かLINEで承っています。

電話は午前8時から午後19時まで承ります。

LINEは24時間受け付けますが、店主は夜が弱いので、返信は朝方になる可能性があります。

昼休憩中(12時から15時)、定休日のお電話はご遠慮下さい。

電話 0825552099

LINE

友だち追加

 

その痛み痺れには鍼灸が有効です。

身体のお困り事は当院にご連絡下さい。

個人ブログ「サスライのハリ師、今日も行く!」も併せてお読み下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事