産後ママの腱鞘炎と肘の痛み

出産後、赤ちゃんを抱っこするようになると起こるのが手首の親指側が痛む腱鞘炎です。

腱鞘炎を正しく理解している一般の方は少ないようで、肩こりや腰痛の施術に来院された際に、そう言えば親指も痛いのですがと相談を受けます。

中には人差し指や中指の根元が痛むばね指になっているママさんもいらっしゃいます。腱鞘炎は早めのケアが必要です。

手首の親指側・親指の痛みは腱鞘炎です。正しく理解し、早期に改善して頂きたいものです。痛みが出て哺乳瓶を落としてしまったなんて例も聞いています。早期発見・早期改善が基本ですよ。

そうしてもう一つ、子育てママに多いのが肘の痛みです。赤ちゃんが小さい頃にはまだ体重も軽いのでそんなに肘の負担も少ないのだけど、赤ちゃんが10㎏前後に成長すると肘の痛みを訴える方が多くなります。

前腕の筋肉は他と比べて弱く、ほとんどのお母さんは筋力不足です。ラケットスポーツや剣道・弓道などをやっているママさんは前腕の筋肉が発達しているので大丈夫でしょうが、ママになるまで競技を継続している女性は少ないのでは。

肘が痛む部位は抱っこの仕方によって様々ですが、手の平の親指側に痛みが出るタイプ・手の平の小指側に痛みが出るタイプ・肘の後ろの肘頭に痛みが出るタイプと3つのタイプに分かれます。

赤ちゃんを抱っこする子育てママ

肘の外側に痛みの出るテニス肘タイプ

テニス肘は上腕骨外側上顆炎と言う正式名称があり、肘の外側(親指側)に痛みが出るのが特徴です。

テニス肘と名前が付いているからと言って、テニスをしているスポーツマンにだけ症状が出るものではありません。

手の平を上にした状態で赤ちゃんを抱っこしていると、肘の外側(親指側)から手首にかけて痛みが出現します。安静している時に痛みは出ないことが多いです。

整形外科に行くと湿布をくれたり安静にしなさいとアドバイスを貰えますが、安静にしてたら誰が赤ちゃんの面倒を見るのよ。

産後ママにはのんびりする時間なんてありません。腱鞘炎や肩こりと共に施術させて頂きます。一番多いタイプの肘の痛みになります。

肘の内側に痛みの出るゴルフ肘タイプ

赤ちゃんの小さい内に起こりやすいのが、肘の内側(小指側)から手首にかけてに痛みの出るのがゴルフ肘タイプの痛みです。正式名称は上腕骨内側上顆炎と言います。

赤ちゃんの頭をそうっと持つときに手首を小指の方向に曲げる(尺屈)する必要があり、そうした抱っこをしている時に肘の内側(小指側)に痛みが走ります。

赤ちゃんの体重が軽い時期なので負担は少ないのですが、小さな筋肉を使っているので筋力の弱い産後ママが時々痛みを訴えます。

肘の裏が痛い肘頭タイプ

赤ちゃんも重たくなってくると出るのが肘の裏の痛みです。

赤ちゃんの体重を支えるために肘の裏の上腕三頭筋が重さに耐えている為に起こります。

幼児と言うよりも小児(2歳児以上)になって体重が重くなっている場合に多く見受けられます。

肘の裏(肘頭)に痛みが出るのが特徴です。

子供は基本的には大きくなるのが原則なので、肘の裏の痛みは放っておくとドンドン痛みが増して来ます。

本当は抱っこをパパに代わって欲しいところですが、子供の願いはママに抱っこしてもらう事です。

当分痛みと闘いながら抱っこを続けることになります。

上腕三頭筋は鍛えにくく、振袖肉と呼ばれたりもします。
上腕三頭筋を鍛えておけば、シャープな二の腕をゲットできると前向きにとらえて下さい。

痛みが強い場合には鍼灸を取り入れるべきです。
ゆうこん堂は部分治療はしておりません。首の痛みや肩こり・腰痛も全て施術させて頂きます。

赤ちゃんを抱っこして肘が痛い子育てママ

産後ママのケアには鍼灸を

産後ママ腱鞘炎・肘の痛み・首や肩こり・背中の痛み・腰痛など当院では全て施術可能です。

妊活や逆子が多かったことから、産後ママの非常に多い鍼灸院となっています。

託児もありますので、子供連れでもお越し頂けます。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市呉市東広島市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。
産後ママの駆け込み寺となれるよう、皆様のお役に立てるようにお仕事させて頂きます。
託児有り子連れOKの鍼灸専門院です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事