増える二人目不妊は加齢が大きな原因

一人目の子どもが生まれた後、二人目を希望して、1年間避妊をしない性交渉があっても妊娠しない状態を「二人目不妊」と言います。
一人目が自然妊娠で出産された場合であっても、二人目は身体が大きく変化しています。
1一番の問題は加齢です。

一般的に35歳をすぎると女性の妊娠率はガクンと低下します。
一人目を妊娠したタイミングが遅くなると、どうしても二人目不妊になる確率は上がります。
晩婚化が進んだ現代では、年齢の壁は大きくなっています。
35歳以上の方で二人目を希望する場合、一人目を出産した後、できるだけ期間を空けずに受診することをお勧めいたします。
35
歳を過ぎると卵子の老化も進んでしまう為、妊娠しづらくなってしまいます。妊活は時間との勝負とお考え下さい。

妊娠しにくい原因に肥満があげられます。出産前に比べてかなり太ってしまったという人は、以前より妊娠しにくい体になっている可能性が高くなります。

性交渉の減退も大きな原因となります。まんねりなどから性交渉の頻度が下がっている場合は、当然妊娠の確率も下がります。工夫しながら性交渉を増やす事も二人目不妊には重要です。

男性も加齢に伴い精子の運動率は下がります。加えて、特に二人目を希望されるタイミングの男性は働き盛りで、ストレスを抱えておいる方も多く、生活習慣も不規則になりがちです。
男性不妊にも鍼灸はお役に立てます。カップルで来院される方が妊娠の確率が上がる場合が多いです。
妊活は夫婦の問題です、是非カプルでのご来院をお待ちしています。

二人目不妊は時間との勝負になります。早期に取り組むためにも、早めの来院をお願いします。

二人目不妊(妊活)

二人目不妊に鍼灸が出来る事

二人目を考えるお母さんの身体は、赤ちゃんを育てて行く上でかなり疲れています。

長時間の抱っこ姿勢で腱鞘炎・肘の痛み・腰痛・肩こりなど様々な問題が出ています。

そんな問題を抱えているお母さんですが、子供が優先となって自分の身体のケアは出来ていません。コンディションが悪いのは当然です。

痛みがある個所は血液の流れも悪くなり、身体は冷えています。
ストレスも溜まっていて、こちらも身体を冷やす原因となっています。

それらを解決する事なく、性交渉をしていれば赤ちゃんが出来るものと考えるのは危険です。

1人目も妊活した上で赤ちゃんが出来たお母さんは、本能的に鍼灸院の必要性を感じてくれるので早期に来院して下さいます。
しかし、1人目を自然妊娠された方は、鍼灸院の必要性が分かっていらっしゃらないので、初手が遅れてしまいがちです。

鍼灸は冷えを取り、血流改善するのが得意です。
身体の不調を取り除き、血流の良い身体を作るには鍼灸がお役に立てます。
身体を元気にした上で、2人目不妊に取り組んだ方が妊娠に至るまでの時間は短縮されます。

子育てをするお母さんは自分の身体がダメージを負っている事に気付いているはずです。
まずは痛みや疲れを癒し、身体を元気にさせる事が急務です。

その上で、妊娠しやすい身体作りをを行っていきます。

卵子の質を上げることや子宮内膜を厚くしたり、着床しやすい体をつくることが主となります。

針灸治療は妊活を望む方に対して次のような効果が期待できます。

  • 卵巣機能の向上=卵子の質を上げる
  • たくさんのを作る
  • 子宮内膜を厚くする(整える)
  • ホルモンバランスを整える
  • 精子の運動率を上げる
  • 精子のを増やす
  • 精神的なストレスの除去

2人目不妊(妊活)

血行を良くし、深部体温を上げる事が大きな目的となります。平熱をアップさせる事が体内のミトコンドリアを増やし、卵子の質も上がります。

鍼灸と妊活は密接に結びついています。赤ちゃんを授からないなと思ったら早めの来院をお願いします。

 

2人目不妊には託児付きの鍼灸院

2人目不妊でお困りの方は多いのでは。
お困りの一番の原因は1人目のお子様を連れていけるクリニックが少ないと言う点です。
周りの女性の目が気になって、クリニックに通うのを止める方もいらっしゃいます。

ゆうこん堂は夫婦で営む鍼灸院です。
お母さんが施術をしている最中はお子様は隣の待合室で遊んでいて頂けます。
プラレールやシルバニアファミリー・ミニカーやパズルなどもご用意してあります。
鍼灸院の隣は公園があるので、外遊びをすることも可能。その間、院長妻がお子様のお世話をさせて頂きます。

託児が出来る治療院は少ないようです。
ゆうこん堂は待合室で託児が可能。他の女性の目を気にするような事もありません。
安心してお越し頂くようお願いします。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市呉市東広島市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。
2人目不妊・3人目不妊にも対応しています。ご来院をお待ちしています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事