男性不妊にも鍼灸は力を発揮します

妊活は女性がするものと決めつけている男性は未だにいらっしゃいます。
勿論、妊活は女性だけのものでは無く、男性もご一緒に行う事をおススメしています。

不妊の原因の半分は男性が関係していると言われています。
ゆうこん堂では夫婦ご一緒での施術を推奨しています。

ベッドが1台しかありませんので、同時進行で施術は出来ませんが、待合室でそれぞれお待ち頂きながら施術を受ける方が多くなっています。
夫婦で向き合われた方が妊活は上手く行くとこれまでの経験で考えています。
妊活だけでなく、身体のお手入れも同時進行で可能なので、夫婦での来院をお待ちしています。
勿論、男性不妊が分かっている場合には男性のみの施術も歓迎します。

まずは男性が自覚を持つことが大切です。
今から身体のお手入れを始めてみませんか。

男性不妊の原因の9割が「造精機能障害」です。
造精機能障害は精子をつくり出す機能自体に問題があり、精子を上手く作れない状態です

それに加え疲労や睡眠不足・ストレス・運動不足・アルコール・喫煙・肥満・糖尿病・病気や薬の影響といった生活習慣をはじめとした多くの要因が男性不妊に関わるさまざまな問題を引き起こします。

ゆうこん堂では身体全体のバランスを整え、血流改善のお役に立てます。睾丸に血液を集め、精子の運動率の改善精子の量を増やすお手伝いをさせて頂きます。

男性不妊に悩むカップル

男性不妊鍼灸を行う事で改善できる事

精子は毎日生産されるものなので、卵子の質を上げるのと違って早期に結果が得られます。
精子を大量生産するためには正常なホルモン分泌と大量の血液が必要です。鍼灸には血流を改善する効果がある為、精子の質や運動量を上げるのに役立ちます。

鍼灸は固くなった筋肉を緩め、身体の隅々にまで血液を送ることが出来ます。精巣周りの筋肉を緩め、精巣に新鮮な血液を送り込む事が出来る鍼灸は男性不妊に有効です。
男性の施術を行うことで体外受精で結果が出なかったご夫婦が自然妊娠に至ったケースもあります。

疲労ストレスも男性ホルモンの分泌量に影響を及ぼしているといわれています。疲労とストレスによって、男性ホルモンの分泌量が大幅に下がってしまいます。男性ホルモンの減少は「精子の数」「精子の運動率」の低下につながりますので、早期に改善が必要です。

男性ホルモンの「テストステロン」はストレスで分泌量が低下します。
「テストステロン」の分泌量の低下が精子の数や精子の運動率の減少、精力減退や勃起不全 (ED)を引き起こします。
ストレスは首や背中の筋肉の緊張を招きます。鍼灸はストレスの改善にもお役に立てます。

男性不妊に対する鍼灸施術

ゆうこん堂では身体全体のバランスを整え、血流改善を図るような施術を行って行きます。

男性不妊の場合にはストレスが溜まっている方が多く、それが首や肩のコリに繋がります。首・肩・肩甲骨周りには針治療による施術を行います。

腰からお尻にかけては、まずは仙骨にお灸治療を行って行きます。男性不妊には針治療とお灸を併用した「冷え取りコース」で施術を行います。お灸をした後に針治療を行うとより良い効果を得る事が出来ます。

冷え取りコースに関しては下記をご参照下さい。

お灸を行った後に腰からお尻にかけて針治療を行って行きます。鍼灸は筋肉のコリを緩め、血液を送り込む事が可能です。
鍼灸治療をすることで骨盤内、特に精巣を中心とした血液循環が良くなり、同時に自律神経のバランスが整うことで、精巣の働きが高まり、精子の数や運動率が改善されます。

男性不妊にお困りの方は当院へお越し下さい。

男性不妊にも鍼灸を

妊娠率を上げる他、ご夫婦の不妊治療に対する負担を軽減するためにはやはりご夫婦の体調を上げていき、妊娠しやすい身体作りをしていく事が重要ではないかと考えております。

男性不妊の場合にも効果が期待できます。

ただし採精予定より3ヶ月前までにはお越し下さい。

通常精巣で精子ができるまでには70日程度かかると言われています。(個人差がありもっと長くかかる場合もあります)精子の量が少ない精子の運動率が悪いなどにも対応出来ます。
精子の質を上げる為にも、3か月ほど前から来院して頂ければ幸いです。

また、鍼灸治療のタイミングはいつでも、どのステップ(タイミング法、人工授精、体外受精、顕微授精など)でも問題ありません。

基本的には西洋医学との併用をお奨めしています。

妊活は夫婦で行って行くものです。女性にばかり負担を掛けぬよう、男性も努力を行って頂くようお願いします。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市呉市東広島市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。
妊活を頑張る夫婦を応援しています。男性不妊には当院をご選択下さい。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事