肩甲骨の痛み腱板損傷

肩甲骨や鎖骨の痛みで多いものに腱板損傷があります。

スポーツによる使い過ぎで起こる痛みと、年齢による経年劣化のものがあります。

どちらも鍼治療の対象となります。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市・呉市・東広島市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。

いつまでも続くにぶい痛みには、鍼灸がお役に立てます!

肩甲骨周りの痛みは腱板損傷(ローテーターカフの痛み)かも

肩甲骨周辺に痛みがある場合には腱板損傷を疑います。

腱板(ローテーターカフ)は、肩甲骨と腕の骨である上腕骨をつないでいる筋肉の総称です。

回旋筋腱板(かいせんきんけんばん)」とか、簡単に腱板とも呼ばれます。

ローテーターカフの筋肉は「棘上筋(きょくじょうきん)」「棘下筋(きょくかきん)」「肩甲下筋(けんこうかきん)」「小円筋(しょうえんきん)」の4つです。

身体の奥にある深層筋である為、肩のインナーマッスルとして知られています。

肩甲骨周辺の痛みには鍼灸を

ローテーターカフは肩甲骨と上腕骨をつないでいる球関節となり、さまざまな方向に動くことができます。

そのため、腕を自由自在に動かすことができるのです。

肩関節は安定性が非常に重要と言われています。

それは肩関節がすべての関節の中で最も幅広く、多方向に動く関節であるからです。

その大きな可動域を得た代わりに、肩関節は脱臼も起こりやすくなっています。

その肩関節をスムーズに動かしているのがローテーターカフなのです。

肩甲骨の痛みは腱板炎(ローテーターカフ)

4つの筋肉である回旋筋腱板(ローテーターカフ)の一部に損傷を起こしたものを腱板損傷と言います。

また、加齢により腱板内に沈着した石灰によって起こる「石灰沈着性腱板炎」もあります。

石灰沈着性腱板炎は40代から50代の女性に多く発症し、肩甲骨周りの痛みや運動制限が起こります。

腱板炎の原因としては年齢的なもの・外力が掛かった外傷使い過ぎによるスポーツ障害に大きく分けられます。

鍼灸はそのどれもが施術の対象となります。肩甲骨周りの痛みに困ったら鍼灸施術をご選択下さい。

腱板炎の原因

①年齢の問題

60代以上によく起こります。年齢が増すと使い痛みにより腱板がもろくなり、腱板損傷となります。

関節の動きが硬くなることは稀で、痛みが無いこともあります。

40代・50代でも腱板内に沈着した石灰によって起こる石灰沈着性腱板炎もあり、女性に多くなっています。

②外傷

急な転倒や重い物を持ち上げた時・時には洗濯物を干している最中にも痛みが走る事があります。

こちらも若い方は少なく、高齢者に多くなります。

年齢を重ねてからの肩甲骨周りの痛みは腱板損傷を疑います。

腱板炎(腱板損傷)

③使い過ぎ(オーバーユース)

ゆうこん堂では一番多いアスリートの腱板損傷です。

野球の投球動作・ゴルフのスイング・テニスやバドミントンのサーブ動作・水泳のクロール・ハンドボールやラグビーでも好発します。

野球肩・水泳肩とも呼ばれる事があります。野球肩・水泳肩については下記にまとめてありますので、ご参照下さい。

腱板損傷の症状

腱板損傷は60代以上の4人に1人に起きています。

60代以上で肩甲骨周りが痛む場合には四十肩・五十肩よりも腱板損傷を疑った方が良いでしょう。

40代・50代であっても女性であれば石灰沈着性腱板炎の可能性もあります。

肩の前方または後方に痛みを感じる・肩に力が入りにい・肩が動かしにくい・腕を挙げる際に痛みが出るなどの症状があれば、石灰沈着性腱板炎を疑います。石灰沈着性腱板炎も鍼灸の適応疾患です。

アスリートの肩甲骨周りの痛みも腱板損傷と考えて良いでしょう。

野球・ゴルフ・バレーボール・テニス・バドミントン・ハンドボール・ラグビーなど腕を大きく動かすようなスポーツは腱板損傷の可能性が大きくなります。

腱板炎(腱板損傷)

無症状な方も多いのですが、腱板断裂が生じていると、何らかのきっかけで痛みを生じる可能性があります。

腱板断裂は五十肩とは異なり、自然に治ることはありません

特に、60代以上の人が肩から上腕部にかけて痛みを感じたら、腱板断裂の可能性があります。

筋肉の損傷ですので損傷している筋肉に力が入ると痛みが出ます。

四十肩・五十肩は他人に動かしてもらっても痛みは変わりませんが、腱板損傷の場合は関節自体に問題があるわけではないので、力を抜いた状態で他人に動かしてもらった場合、痛みはありません。

腱板断裂になると、肩に力が入りにくい・肩が動かしにくい・腕を上げる際に痛みが出るなどの症状が起こりやすくなります。

最も起こりやすいのは、腕を上げるときに使う棘上筋(きょくじょうきん)です。

腱板損傷に対しる鍼灸施術

ローテーターカフは肩甲骨周りにあります。触診して行けば4つの筋肉のどこが損傷しているのかは分かります。

丁寧に触診しながら損傷部位を探し、その筋肉を緩めてあげる事が最優先となります。

ローテーターカフは身体の奥にある深層筋(インナーマッスル)になりますが、針治療はインナーマッスルまで直接刺激が出来る為、インナーマッスルに対して効果を発揮します。

棘上筋・棘下筋・小円筋は背中側から鍼を打ちますが、肩甲下筋の場合には仰向けになって頂き、鎖骨の下から狙って行きます。

それに合わせて、三角筋や首肩のの筋肉のコリも取っていきます。

腱板損傷に対する鍼灸施術

当院は部分治療は行っていません。全身の状態を確認しながらバランス良く身体を整えて行きます。

肩の前方または後方に痛みを感じる・肩に力が入りにい・肩が動かしにくい・腕を挙げる際に痛みが出るなどの症状があれば腱板損傷の可能性が高いので、当院をご選択下さい。

アスリートの運動時の肩甲骨周りの痛みも当院にお任せ下さい。

広島市・呉市・東広島市からも来院多い鍼灸院

スポーツを行うアスリートにも、40代を越えた中高年にも起こる肩甲骨辺りの痛み。

その痛みは腱板損傷かもしれません。どこか分からないが肩甲骨辺りに痛みがある。

動くと肩甲骨辺りが痛いと思ったら、鍼灸院を受診下さい。

肩甲骨内側の痛みの場合には下記をご参照下さい。

痛みがあっても、しばらく我慢すれば治るのでは無いかと思っている方も多いのでは。

治るまで我慢しておくよりも、早期に改善した方が生活が楽しくなりますよ。

肩甲下筋の損傷の場合には肩甲骨の痛みでは無く、鎖骨の痛み・鎖骨下の痛みを感じます。

鎖骨当たりが痛い場合にも鍼灸は有効です。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市呉市東広島市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。

肩甲骨・鎖骨あたりに痛みを感じたら、腱板損傷・腱板断裂を疑って当院へお越し下さい。

ご予約はこちら

ご予約はお電話とLINEにて承ります。

📞082-555-2099

友だち追加

電話でのご予約は朝8時から夜7時まで。LINEは24時間受け付けています。

LINEからの予約方法については下記をご参照下さい。

住所:広島県安芸郡海田町南本町6-3 コーポタカヤマ101

駐車場:2台(1番・2番)

あなたはその治療に満足していますか?

マッサージ整体により一時的に痛みは治まったけど、施術後はすぐに元に戻ってしまった経験はありませんか

鍼灸は血流を改善し、健康な身体を取り戻します。

その痛み痺れには鍼灸が有効です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事