四十肩・五十肩

二の腕の痛み四十肩・五十肩

四十肩・五十肩は40代くらいからで見られる肩甲骨周辺の痛みです。

腕の付け根の後ろ側、二の腕の後方に痛みが出ます。

本来は肩関節周囲炎と言う疾患名なのですが、俗称の方が知られており、四十肩・五十肩と言われています。

中年以降に起こり、40代の方が発症すれば四十肩・50代以降の方が発症すれば五十肩と呼びますが、どちらも同じ疾患です。

肩を動かすのが難しく、肩が上がらないなどの症状が出ます。

40肩・50肩

肩関節周囲炎は肩甲骨まわりの筋肉靭帯が炎症を起こす症状を指します。

腕が痛くて上がらない・シャンプーや髪をとかす事が出来ないなどの極端な運動制限が出ます。夜寝ている時に痛みが出て、寝ていても目が覚めてしまうような痛みもあるやっかいな疾患です。

肩こりと四十肩・五十肩は大きく異なります。

肩こりはどちらかと言うと鈍いような重たいような痛みなのに対して、四十肩・五十肩は激しい痛みを伴います。

激しい痛みと夜寝ている時の痛み(夜間痛)がある場合には四十肩・五十肩である可能性が高いです。

肩甲骨周辺の痛み、四十肩・五十肩

四十肩・五十肩は正直厄介な疾患です。放置していた場合、数か月で痛みが無くなる方もいらっしゃいますが、1年以上痛みが継続する事もあります。

早めに整形外科での受診・及び鍼灸院にて施術を受ける事をおススメします。

鍼灸の大きな弱点は、服を脱がないと施術が出来ない点です。四十肩・五十肩にお悩みの方は服の着脱が非常に難しくなっています

来院される際には脱ぎやすい服で来院頂けると助かります。

マッサージや整体は行いません、針の刺激だけなので施術中の痛みは少ないです。

四十肩・五十肩はどのくらい期間で治るのか

四十肩・五十肩は放置していた場合、短くても数か月長ければ数年に渡って痛みが出ます。

残念ながら長期に渡って痛みが継続するのです。痛みが引いて来てそろそろ治るかなと思っていたら、また痛みが増して来る嫌な疾患です。

夜寝る時にがあって睡眠障害が出るような期間は最初の2週間前後で終わる可能性が高いですが、腕が痛くて上がらないなどの症状は長期に渡る可能性があります。

半年我慢していたらすっかり痛みは治まったのだけど、今度は反対の肩に症状が出た」とうんざりして来院された方もいらっしゃいます。

症状が出ている方を動かせないので、反対側の手を酷使した為に、症状が現れるようです。

四十肩・五十肩は服を脱ぎやすい格好で

放っておくと長引きます。鍼灸は四十肩・五十肩の痛みに対する施術が可能です。

ただし、どうしても肩甲骨回りに鍼灸をする必要性があるので、脱ぎやすい格好でお越し下さい。

夜寝ている時に痛みの対処方法

四十肩・五十肩で最も困るのが夜寝ている時に痛みががあって眠れない(夜間痛)事です。この症状を訴える方は非常に多いです。

通常、四十肩・五十肩は左右どちらか片方に出ます。痛みがある方の腕を上にして寝るか、仰向けの場合には痛みのある方の手の下にクッションを入れて、ちょっと高くしてあげましょう。幾らか痛みが引きます。

痛みが出始めて数日間は、炎症があって熱感があるのでアイシングなどで冷やしてあげる必要があります。

しかしその後は基本的には温めてあげると痛みが和らぎます。

当院では「手作りホットパック」をご用意していますので、そちらで温めると痛みが和らぐようです。

夜間に痛みがある時に対処方法にホットパック

ホットパックが無い場合にはタオルを置いて保温してあげましょう。

蒸しタオルなども効果的です。基本的には血行を良くすることで患部に血液を送ってあげる事が必要となります。

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)に対する鍼灸施術

痛みが広範囲に渡る場合もあり、問診(お話)と触診を繰り返しながら問題となる部位を探して行きます。

通常、肩関節周囲炎は炎症期拘縮期回復期3段階に分別されます。

炎症期は肩の痛みがとても強い状態なので、触れただけでも痛みが起こります。

痛みを発症してから2週間前後まで炎症期と考えます。肩が上がらない為に、服を脱ぐのに苦労するのもこの段階です。

炎症期には肩回りに触れられるようであれば、触診と問診を繰り返しながら肩に施術を行います。

拘縮期になると痛みの質が変わってきます。夜寝ている時の痛みも収まり、痛みはあるが動かせない程では無くなります。

炎症期の強い痛みは治まりますが、痛みを我慢して肩を動かしていなかったので関節の拘縮が起きています。

この時期になると痛みの部位が少しずつはっきりとしてきます。拘縮期では鍼灸の本領発揮となります。

肩甲骨の動きを見ながら針治療を行います。

四十肩・五十肩への鍼灸施術

肩甲骨にある回旋筋腱板ローテーターカフ)が四十肩・五十肩の原因です。

ローテーターカフ棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋の4つの筋肉から構成されます。

このローテーターカフの筋肉が拘縮され、腕が上がらないような痛みが出ます。

ローテーターカフは身体の奥にあるインナーマッスルとなります。

マッサージなどでは狙いにくいのですが、針治療は身体の奥まで直接届く為、インナーマッスルの施術得意としています。
四十肩・五十肩は鍼灸にお任せ下さい。

肩が上がらない、四十肩・五十肩

回復期にも同様の施術を行います。四十肩・五十肩共に、拘縮期を回復期を何度も繰り返す傾向があります。

回復期にリハビリを行っていないと何度も痛みがぶり返します。拘縮期と回復期には何度も足を運んで頂く必要があります。

冒頭にも書きましたが、四十肩・五十肩は非常に厄介な疾患です。長引く方は何年にも及んで痛みが継続します。

早期に施術を開始された方が後々の為です。早めの来院をお願いします。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市呉市東広島市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。

四十肩・五十肩なら当院をご選択下さい。

ご予約はこちら

ご予約はお電話とLINEにて承ります。

📞082-555-2099

友だち追加

電話でのご予約は朝8時から夜7時まで。LINEは24時間受け付けています。

LINEからの予約方法については下記をご参照下さい。

住所:広島県安芸郡海田町南本町6-3 コーポタカヤマ101

駐車場:2台(1番・2番)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事