股関節の痛み

股関節の痛みにも鍼灸はお役に立てます。

脚の付け根部分の痛みは何が原因は分かり辛いですよね。

どこが痛いかハッキリと説明できないような痛みでも問題ありません。

鼠径部痛や腸脛靭帯炎にも対応しています。

産後の骨盤や股関節の痛み・つまりもお任せ下さい。

股関節周りの筋肉を緩める事で、問題解決を図ります。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市・呉市・東広島市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。

原因を確かめつつ、問題解決させて頂きます。

股関節(足の付け根)の痛みは場所によって様々

股関節は身体の中の最も大きな関節で、体重を支える重要な役割を持っています。

元々、股関節はとても安定していて、ねじったり大きく動かしても大丈夫なように作られています。

それが、何らかの問題によって股関節痛を感じるのは、かなり無理をしている証拠です。

股関節痛

股関節は、大腿骨(太ももの骨)の上端の大腿骨頭が、骨盤のくぼみにはまり込む形で、関節を形作っています。

この股関節の周りにあるは筋肉が由来する股関節痛が一つの問題です。

もう一つは股関節にある軟骨がすり減って炎症を起こして変形性股関節症があります。

変形性股関節症は中高年の女性に多くなっています。

股関節の痛み

股関節は歩いたり座ったりするのに重要な役割を持つ為、痛みが出ると生活に支障が出ます。早期に改善しておきたい問題です。

ゆうこん堂ではスポーツ障害による股関節痛にも、中高年の女性に多い変形性股関節症にも対応しています。

股関節の痛みはご自身ではどこが痛いのか特定出来ない、身体の奥に痛みがある場合も多いのです。

股関節鼠径部に痛みを感じたら当院にご連絡下さい。

スポーツ障害による股関節痛

スポーツ肉体労働による股関節の痛みは様々あります。

太ももの前面の股関節の付け根に痛みを感じるのがジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)です。膝のお皿の上下が痛いと仰る方もいます。

太もも前面の股関節付け根のちょっと外側に痛みを感じるのが鵞足炎です。

膝の内側に痛みを感じる事が多いのですが、縫工筋が固くなってしまうと、股関節痛として認識されます。

膝・股関節の痛み

股関節の外側に痛みを感じるものとしてはランナー膝(腸脛靭帯炎)があります。

大腿筋膜張筋の張りが原因で腸脛靭帯が引っ張られてものです。膝の外側の痛みと仰る方もいます。

他にも腸腰筋(大腰筋・小腰筋・腸骨筋)の張りを股関節の奥の痛みとして認識する事もあります。

股関節の痛みは部位や痛みが出る動き(動作痛)によって様々です。

お話を伺いながら、問題の部位を探っていきますので、ご安心下さい。

サッカー・フットサルの股関節の痛み

股関節には身体の表面からは触れない身体の奥の筋肉(インナーマッスル)が多く付いています。

このインナーマッスルのコリは分かり辛く、見逃してしまう場合もあります。

当院では問診触診に加えて動作確認を行いながら、問題のある筋肉を探して行きます。

針治療はインナーマッスルまで直接届く為、こうした身体の奥の痛みにもお役に立てます。

鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)

鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)とは、鼠径部や股関節の付け根の周辺に明らかな疾患がないにも関わらず、運動時に鼠径部周辺にさまざまな痛みを引き起こす事を言います。

膝下の捻挫などによる外傷が問題であったり、体幹から股関節にかけて痛みがあり、スポーツによる使い過ぎによって起こります。

キック時に起こりやすい事から、サッカー選手や蹴り技のある格闘技、陸上競技・長距離走などの繰り返し動作をする競技で発症しやすくなります。

特にサッカー・フットサル選手では多くなる疾患となります。

サッカー・フットサル

原因は筋肉の使い過ぎによって筋肉が固く拘縮してしまった為で、それが鼠径部周辺の痛みとなると考えられています。

鼠径部や太ももの内側・下腹部などに痛みがあります。

原因を特定しながらの施術が大事になるので、動作確認をしながら施術をして行きます。

ゆうこん堂にはサッカー選手・ランナー・ラグビー・格闘技愛好家が多く来院されています。

変形性股関節症

変形性股関節症は中高年の女性に多い疾患で、主に加齢体重増加が原因で起こります。

股関節のある骨と骨の間には、関節軟骨というクッションの役割を持つ柔らかい骨があります。

股関節に関節軟骨があるのですが、この関節軟骨擦り減ってしまったり、変形してしまった状態を変形性股関節症と言います。

変形性股関節症

股関節の痛みが続くと、次第に周辺の筋肉が固くなり、股関節の動きが悪くなります。

このような状態を「関節拘縮(かんせつこうしゅく)」と言い、可動域が狭くなることによって靴下の脱ぎ履き、足の爪切り、正座などの動作が難しくなります。

股関節付近だけでなく、太ももや膝上にかけて鈍い痛みが見られることがあります。

症状が悪化すると動く度に痛みが走るになったり、安静時でも痛むようになります。また、痛みのために眠れないなどの症状も出てきます。

中高年女性の変形性股関節症

鍼灸で関節軟骨を再生させる事は難しいですが、股関節周辺の筋肉を緩め、使える状態にすることで股関節に掛かる負担を軽減する事が出来ます。

中高年女性の股関節の痛みである変形性股関節症には鍼灸をご選択下さい。

産後の骨盤の痛みや股関節のつまりも

産後に股関節がつまるような感じがあり、痛みを訴える事があります。

骨盤の奥の方が痛む感じです。

赤ちゃんがお腹の中に居る時には、お腹が出っ張っている分、反り腰になっています。

出産後も反り腰のままになる事が多く、それが骨盤がつまる原因となります。

股関節周りの筋肉を緩めてあげる事で、つまりを解消させます。

反り腰が骨盤のつまりを起こす

腰から出る腸腰筋と言うインナーマッスル(深層筋)を緩める事でつまりを改善させます。

鍼治療は深層筋まで直接刺激が出来る為、反り腰の改善も可能です。

産後は赤ちゃんを抱っこする事も多いので、早めの改善が必要です。

産後ママを応援しています。

広島市・呉市・東広島から来院の多い海田町の鍼灸院

股関節の痛みは部位によって施術内容が変わってきます。

どこに問題があるのかを見極める知識経験が必要となります。

ゆうこん堂では動きのチェックを行いながら、問題のある筋肉を探して行きます。

股関節の痛みは膝から下の捻挫であったり、腰に問題があったりと原因は様々です。

注意深く観察しながら施術を行います。

問題をチェックしていく

当院は部分治療は行っていません。全身の状態を診ながら施術が出来るのが強みです。

スポーツや肉体労働時の痛みにも、中高年の変形性股関節症にもお役に立てます。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市呉市東広島市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。

股関節に痛みを感じたら、当院をご選択下さい。

あなたはその治療に満足していますか?

マッサージ整体により一時的に痛みは治まったけど、施術後はすぐに元に戻ってしまった経験はありませんか

当院は電気治療器もマッサージも一切行いません

鍼灸専門だからこそ、出来る治療方法があります。

鍼灸は血流を改善し、健康な身体を取り戻します。

毛細血管の隅々にまで血液を行き渡らせ、酸素と栄養素に富んだ身体に蘇らせます。

その痛み痺れには鍼灸が有効です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事