userimg
ハリタマ
土日祝日も営業する鍼灸専門院。安芸郡海田町にあるので立地条件には恵まれていませんが、多くのお客様に愛されて元気に営業しています。

痛み・痺れ・血流障害に特化した治療院です。マッサージも整体も電気治療器もありません。鍼とお灸だけで皆様のお悩みに立ち向かいます。

follow us in feedly

歩く事は非常に大切です

歩くことは非常に大切だ」と言う言葉は良く耳にするし、確かに大事なような気がします。

でもどうして大切で、どんな効果があるのかをご存知でしょうか?

人間は何もしていなくても体力を消耗するしエネルギーを使います。

体温の維持や呼吸・内臓器官を動かすにもエネルギーを使うからです。これを基礎代謝と言います。若い頃は骨を強くしたり背を伸ばしたりで多くのエネルギーを使います。

しかし、残念ながら年を重ねる毎に基礎代謝は落ちてしまいます。成長は止まっているし筋肉量が減っているので代謝が落ちてしまうのです。若い頃と食べる量は同じでも無駄な肉が付いてくるのはこの為です。

年を重ねる毎に運動をしていかないと、肥満まっしぐらになってしまうのです。なので運動の基本であるウォーキングは非常に大切なのです。

 

通常、ウォーキングをして身体に良い事を思い浮かべると、

 

① 肥満の防止

② 糖尿病など生活習慣病の改善

③ ダイエット

くらいは思いつくのでは無いでしょうか。

ウォーキングによるエネルギーの消費量は皆さんが思っているほど多くはありません。

大体のイメージとしてとらえて欲しいのですが、ウォーキングによって1㎏の脂肪を燃焼させようとしたら200㎞歩かないといけません。

毎日1時間・約5㎞歩いたとしても、1㎏の脂肪を燃やすのに40日間必要です。

ウォーキングでダイエットをしようと思ったら、かなりの覚悟で挑まなければなりませんよ。

でもそれだけ燃やすのが大変な脂肪を体中に貯めこんでしまったのはあなたです、地道にコツコツ脂肪燃焼させて行きましょう!

一日一万歩と標語のように言われますが、1万歩ウォーキングするには時間にして90分以上必要です。

社会人にそんな時間はありませんので、時間を見つけて小まめに歩くようにして下さい。

小まめな運動が生活習慣病の改善にもダイエットにも一番効果的ですよ。

 

勿論前述の3つはウォーキングの大きなメリットであり、身体にとって非常に大切な事です。

これだけでも歩くことって非常に大切だと言う事が分かると思います。しかし、ウォーキングの効果はこれだけでは無いのです。

 

ジョギング

④普段の仕事では使わない筋肉を刺激し、基礎代謝を上げます基礎代謝は年齢と共に下がります。その一番の原因は筋肉量の減少です。

日常生活の中では使う筋肉は限られてしまいます。

しっかり腕を振って歩けば足だけでなく身体の多くの部分の筋肉を使います。

プールの中で大股で歩けば更に効果は上がります。最低でも週に2回のウォーキング習慣を身につけましょう。

基礎代謝のほとんどは体温を維持することに使われるので、基礎代謝が上がれば冷え知らずの身体をキープ出来ます。

⑤ 脳を活性化させ、眠気防止や仕事・勉強時の脳の活性化も図れます。

そして何よりここが大事

 

身体を巡る血液の流れを促し、冷え性の改善や弱っている部分に栄養素に富んだ血液を行き渡せる

 

※歩くと足裏の毛細血管が刺激され、足先の血液の流れが促されます。

更にふくらはぎの筋肉を刺激する事で筋肉の収縮と弛緩が繰り返され、筋肉のポンプ作用によって血液を心臓に戻しやすくする効果

があるのです(ミルキングアクション

大きく分けてもウォーキングにはこんなに沢山の効果があるのですよ。

特に⑥の血液の流れを促し、冷え性の改善を図るという文言には魅力を感じませんか?

炎

簡単に始められて効果が高いのであれば、やらない手はありません。

何キロ歩かなければ、とか何時間歩こうなんて目標は最初は必要ありません。

目標を掲げてしまうとそれが義務となってしまい、忙しくて歩けない時にそれが精神的な負担になってしまいます。

例え1日15分であっても、少しですが効果はあります。

上述しましたが、1㎏の脂肪を落とすには200㎞ウォーキングする必要があるのです。

1日2日で歩ける距離ではありません、毎日少しずつダイエット貯金をするつもりでウォーキング時間を貯めて行きましょう。

大切なのは日常生活の中で「歩く」事を意識すること。

そして今よりほんの少し歩く量を増やすことです。「チリも積もれば山となる」、週に数回であっても継続することが大事ですよ♪

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事