有酸素運動を取り入れよう

皆さんが嫌いな有酸素運動。

運動は気持ちが良いのに、歩いたり走ったりが嫌いな方が多いので困ります。

生活の中に有酸素運動を取り入れて健康な身体を作りましょう。

年齢を重ねると基礎代謝が落ち、体重が増加します。

メタボ体質になると生活習慣病を招く事になってしまいます。

有酸素運動により体重増加を防ぎ、生活の質を上げましょう

基本はウォーキング、歩くだけでも間違いなく運動になるのです。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市・呉市・東広島市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。

健康寿命を延ばす為にも、有酸素運動は大事ですよ♪

有酸素運動を取り入れよう

メタボリックシンドローム(以下メタボ)という言葉が定着する前後から、ウォーキングやランニング・水泳・山登りと言った運動がブームになってきました。

年齢を重ねると、基礎代謝量が落ち(原因は加齢筋肉量の低下)若い時と同じ食事量・運動量でも脂肪が増加してしまいがちです。

体重が増加すると膝や腰に負担を掛けるばかりでなく、メタボ体質になりやすく多くの疾患の原因となります。

適度な運動はあなたの身体に様々な良い効果を運んでくれます。

有酸素運動

運動は大まかに分けて主に2種類からなります。

ウォーキング・ランニング・水泳・縄跳びなど長時間続けられる有酸素運動がその一つ。

もう一つは瞬間的に力を発揮する無酸素運動(野球や100m走・鉄棒・筋トレなど)です。

以下は正しい健康知識を身に着けて、上手にダイエットして貰うコツを伝授します。

無酸素運動は筋肉量を増やす

無酸素運動筋肉量を増やし、運動競技において大きな力を発揮します。

競技にあった筋肉を付ければ運動機能の向上に大いに役立ちます。

それと共に筋肉量が増えれば基礎代謝量を増やしてくれます。

基礎代謝が上がれば太りにくくて痩せやすい身体になるので、ダイエットには強い味方です。

そう、無酸素運動は運動選手ばかりで無く一般の生活をされる方にも必要なものです。

アラサー以降の女性がダイエットをする場合には、有酸素運動と合わせて筋トレなどの筋力トレーニングを併用すると効果が表れやすくなります。

ただし、筋トレの効果が表れるのは週に3回トレーニングをしたとしても、最低でも3か月経過してからです。

2週間で痩せようなどと思わず、半年掛けてダイエットに挑めば成功の確率は上がりますよ。

筋力トレーニング

大事なのは毎日同じ部位ばかりトレーニングしないこと

毎日腕立て・腹筋・スクワットを繰り返すのではなく、今日は腕立て・次の日は腹筋・その次の日にスクワットとトレーニングをした部位を2,3日休ませてあげることがコツです。

傷ついた筋繊維が修復されるには時間が掛かります。毎日やりたい衝動をグッと抑えて有酸素運動と併用しましょう。

有酸素運動は様々な効果があります

有酸素運動も大事な運動です。適度な有酸素運動は以下のような効果をあなたの身体に与えてくれます。

肥満の解消

有酸素運動は脂肪を燃焼させ体内に蓄積された脂肪分を減らしてくれます。

テレビ番組などで極端に偏った食事や運動法を紹介していますが、極端な食事療法や運動療法は長続きしません。

しかも、急激なダイエットは脂肪以外の筋肉や骨の減少を促します。

基礎代謝量低下の原因は筋肉量の減少によるものです

急激なダイエット法は基礎代謝を低下させ、かえって太りやすくなる為の本末転倒の結果を生みます。

定期的な有酸素運動と正しい食事が実は一番のダイエット法なのです。

◎メタボの解消

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は内臓脂肪の蓄積により様々な病気を引き起こしやすくなった状態のことを言います

継続した有酸素運動は、内臓脂肪を取り除きあなたの健康に役に立ちます。

 

◎ストレス解消

景色を見ながら、新鮮な空気を吸いながらの運動は精神を安定させ、ストレス解消効果があります。

友人とお話しながらの運動もオススメです。

私はトレイルラン愛好者ですが、山の中を走っていると本当に癒されます。

誰とも会わない山の中で何時間でも走っていられるのは、ストレス解消になるからです。

音楽を聴いたりお友達とお話しながら歩いたり走ったりする方も多いようです。

有酸素運動はゼェゼェ・ハァハァしない程度のゆっくりとした運動を指します。

会話が出来るくらいのスピードがちょうど良いです。

◎筋肉量の増加

加齢と共に、筋肉量も減っていきます。筋肉が減ると上記の基礎代謝が落ちるばかりで無く、日常生活のちょっとした動作にも影響が出てきます。

女性で足を引きずりながら歩く方をよく見かけますが、これも筋肉量の低下によるものです。

歩いたり走ったりすることにより筋肉量が増えるばかりでなく、地面からの刺激により血流も良くなり、骨も鍛えられます。

いつまでも自分の足で歩く為にも、運動は大切なのです。

ウォーキング

ウォーキング・ランニング・水泳・トレッキングなど、どれを始めるにしてもいきなり 頑張ってやることはオススメしません。

初めはちょっとずつ週に2度くらいから定期的に運動することにより、体力も向上しよりレベルの高い練習が出来るようになります。

 

また、若い頃たくさん運動していたからと言って、いきなりハードな練習することも避けましょう。

長い期間運動していないと、確実に体力は落ちています。無理なく始められる練習プランを考えてください。

自宅や室内で出来る効果的な有酸素運動

有酸素運動が大事なのは分かったけど、でも出来る簡単な有酸素運動が無いのって方が一定数居ますよね。

ウォーキング水泳などが効果的なのですが、外出するのが面倒な気持ちは分かります。

そんな方は縄跳びをしてみてはどうでしょうか。縄跳びは自宅や室内でも出来る簡単な有酸素運動です。

10分ほどの縄跳びで、かなりの効果を上げる事が出来ます。

手軽に自宅で有酸素運動をしたい場合には、縄跳びをお勧めします。

広島市・呉市・東広島から来院の多い海田町の鍼灸院

上記のように、有酸素運動無酸素運動もどちらも身体にとっては必要な運動です。

運動競技をしていないから筋肉が無くても良いのだと思っている人は間違った思い込みです。

ダイエットを希望する方で食事面ばかりを気にしている人も間違っています。

正しいトレーニングをすれば綺麗に痩せることが可能です。

ダイエット

私は2014年に5か月で10㎏のダイエットに成功し、今現在体重をキープしています。あなたの体重の10%減量くらいならそう難しくはありませんよ。

ゆうこん堂では、正しい運動方法を指導すると共に、疲労を取り除き痛みの無い生活を送っていただけるよう治療させていただきます。

また、鍼灸は免疫力を高める効果もあり、病気になりにくい身体を作るサポートも出来ます。

あなたの生活の中に運動と共に鍼灸も取り入れてみませんか。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市呉市東広島市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。
アスリートも多く来院されますが、希望があれば運動指導も行っています。あなたのお越しをお待ちしています。

ご予約・お問合せ

電話番号0825552099
LINE

友だち追加

電話でのご予約は朝8時から夜7時まで。LINEは24時間受け付けています。

LINEからの予約方法については下記をご参照下さい。

住所広島県安芸郡海田町南本町6-3コーポタカヤマ101
営業時間●月~金 9:00~12:00 15:00~20:00 ●土日祝 9:00~18:00
定休日水曜日
支払い方法現金のみ
スタッフ数2名(施術者は1名のみ)夫婦で営む鍼灸院
駐車場2台(1番・2番)
ゆうこん堂PR完全予約制・当日予約OK・土日祝営業・女性スタッフ在籍・お子様連れOK(予約時に要確認)・回数券有り・夫婦で営む鍼灸院・鍼灸専門・完全個室

【ゆうこん堂鍼灸院へのアクセス】

鍼灸院の目の前が駐車場になっています。

1番・2番が当院の駐車場です。空いてる方にお停めください。

院内_駐車場2台

 

 

住所:広島県安芸郡海田町南本町6-3 コーポタカヤマ101号室

 

広島市・呉市・東広島市からも来院の多い海田町の鍼灸院

有難い事に、県内各所より多くご来院頂いています。

遠方からご来院頂けると、有難いやら恐縮するやらで複雑な気持ちになります。

鍼灸専門なので、リラクゼーション目的の方はご遠慮下さい。

痛み・しびれ・血流改善に特化した鍼灸院です。

皆様のお越しをお待ちしています。

 

 

 

あなたはその治療に満足していますか?

鍼灸専門だからこそ、出来る施術があります

マッサージ整体により一時的に痛みは治まったけど、施術後はすぐに元に戻ってしまった経験はありませんか

当院は電気治療器もマッサージも一切行いません

鍼灸専門だからこそ、出来る施術があります。

鍼治療は固くなった筋肉を緩めるのに非常に有効です。

筋肉を緩める事で、毛細血管を広げ、血流改善を促します。

毛細血管の隅々にまで血液が行き渡ると、酸素と栄養素に富んだ血液を全身に送り出してくれます。

つまり、当院の施術は自然治癒力や免疫力を引き上げるのです。

 

ご予約は電話かLINEで承っています。

電話は午前8時から午後19時まで承ります。

LINEは24時間受け付けますが、店主は夜が弱いので、返信は朝方になる可能性があります。

電話 0825552099

LINE

友だち追加

 

その痛み痺れには鍼灸が有効です。

身体のお困り事は当院にご連絡下さい。

個人ブログ「サスライのハリ師、今日も行く!」も併せてお読み下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事