脊柱管狭窄症に対する鍼灸施術

脊柱管(せきちゅうかん)は椎骨が連なってできたトンネル状の管の事です。管の中には脳から続く脊髄神経が収まっています。
狭窄(きょうさく)は狭くなっていると言う意味なので、脊柱管狭窄症とは神経が治まっている管が狭くなって神経を圧迫している事を指します。

腰に出る事が多いので腰椎脊柱管狭窄症とも言いますが、首に起こる事もあります。首に狭窄が出た場合には手の痺れ運動障害などを伴う事もあります。

腰椎の脊柱管狭窄症では、お尻から下のしびれ痛みが出現します。歩いているとお尻や足に痛みやしびれを感じ、休むと楽になる。それでまた歩くと再び痛くなるといった、間欠跛行(かんけつはこう)と呼ばれる症状が特徴的です。

椎間板ヘルニアが若者に多い疾患のに対して、脊柱管狭窄症は50代以降に起こりやすく、年齢を重ねるに連れ多くなっていきます。
そんな脊柱管狭窄症にも鍼灸はお役に立てます。ゆうこん堂では比較的多い疾患です。

脊柱管狭窄症は腰の痛みや足のしびれなどの症状を起こします。長い時間歩くと症状がひどくなり、しばらく休むとまた歩けるようになる間欠跛行を引き起こします。早めに対処したい疾患です。

実際には間欠跛行になる前段階にて鍼灸院に来院する方が多いです。お尻や足の痛み痺れを感じる事から、坐骨神経痛なのではと勘違いして来院される方も多くいらっしゃいます。早期に来院頂ければ解決のお役に立てます。

排尿障害(尿漏れや尿の排尿困難)がある場合や歩行するのも難しいい場合には整形外科を受診される事をおススメします。お尻から足に掛けての痛みはあるが時々休めば歩ける方は鍼灸院で施術可能です。

脊柱管狭窄症になったら気を付ける事

脊柱管狭窄症だと診断された場合には、無理な運動は避けましょう。
ヨガなどは身体に良さそうなので腰痛があっても出来るように思います。
しかし、腰を反らすようなポーズが多い為、ヨガをしたら足がしびれたと仰り来院される方が多くいらっしゃいます。
ヨガをする場合には腰を反らすポーズは止めておいた方が良いでしょう。

激しい運動・腰を反らすような姿勢・長時間の座り仕事などを続けると腰への負担となり、お尻から足へのしびれを招いてしまいます。

腰に負担が掛かっているなと感じたら、無理せず休憩しましょう。
長い付き合いとなる可能性もある疾患なので、腰を大切に扱ってあげる事が肝心です。
反り腰は禁物と覚えておきましょう。

ゆうこん堂の脊柱管狭窄症の施術方法

脊柱管内の神経の圧迫と神経内の血流改善・及び腰からお尻の筋肉を緩める事をを目的とします。
血流改善により患部に血液を集め、痛みや痺れの改善を図ります。
基本的には椎間板ヘルニアの施術方法と同じですが、患者さんは下肢に痛みを訴える事が多いので、太ももやふくらはぎの痛みや痺れも対象です。
同じ坐骨神経痛症状を訴える疾患に梨状筋症候群がありますが、梨状筋症候群との違いは触診にて判別が付きます。

具体的には腰とお尻の筋肉を緩める事を優先させます。
腰の表面では無く、インナーマッスルへのはり治療が中心となります。
腰の奥にある多裂筋・お尻から狙う腸腰筋(大腰筋・腸骨筋)・梨状筋などインナーマッスル(深層筋)が中心です。

針は表層筋を貫いて深層筋まで狙う事が可能です。
身体の奥の深層筋を緩める事で、血流改善を図り痛みの痺れの改善を図ります。

脊柱管狭窄症の場合には、1回の施術で結果を出すことは難しくなります。
最低4回程度の施術を受けて頂き、その後の改善度次第では更に通院をお願いします。

脊柱管狭窄症の老人

骨盤が前傾している(反り腰)の方は脊柱管狭窄症になり易い傾向にあり、腸腰筋への針治療が欠かせません。
当院ではお尻から大腿骨頭の内側に長い針を入れて腸腰筋を緩めます。
脊柱管狭窄症にはインナーマッスルへの施術が欠かせません。鍼灸専門の当院にお任せ下さい。

椎間板ヘルニアにも脊柱管狭窄症にも足の指にまで痺れたような症状が出る事があります。どちらも対象疾患なので、太ももやふくらはぎ・足先の痺れまで、痛みや痺れを感じたら当院へお越し下さい。

当院は小学生の成長痛から椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症と腰痛を訴える方が多く来院されます。私自身が高校時代に椎間板ヘルニアで苦しんだ経験から、腰痛には力を入れています。腰は身体の要(かなめ)、早めのケアが良いですよ。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市呉市東広島市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。
足のしびれを伴う脊柱管狭窄症は当院にお任せ下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事