モートン病に対する針治療

足の2指から4指にかけての痛みや違和感はモートン病を疑います。

反復運動をするアスリートや、ハイヒールを履く方、中高年の女性に痛みが出ます。

足回りの血流を改善する事で効果が現れます。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市・呉市・東広島市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。

足裏の痛みにも鍼灸はお役に立てます。

足の指の痛みを伴うモートン病

モートン病は足の指に起こる神経痛です。

足の人差し指から薬指までに起こる事が多く、時には激しい痛みを起こします。

一般的には中高年の女性に多いとされています

ハイヒールを履く女性にも起こりますし、かなり走り込むランナーでも見受けられます。

骨に異常がないので、レントゲンを撮っても分からないことが多く、原因不明の痛みとして扱われてしまうこともあります。

男性に比べて中年以降の女性に生じやすく、パンプスやヒールなど足に負荷がかがってしまう靴を履くことでモートン病になってしまうケースが見られます。

ハイヒールを履くとモートン病を引き起こす

特徴は、足裏の一部を圧迫したときに鋭い痛みが出ることがあります。その部位の神経が圧迫されていると考えられます。

こんな足裏の痛みにも針治療はお役に立てます。

ハイヒールを履く方はハイヒールを止めて運動靴に変更しましょう。

ランナーやスポーツ選手も運動靴を見直すだけでも痛みは違ってきます。

足裏のアーチが無くなっているケースが非常に多いので、運動靴やインソールでサポートしてあげましょう。

針治療も勿論お役に立てますので、以下をご覧になって見て下さい。

足裏の痛みで多い足底腱膜炎との鑑別

足裏に痛みの出るもので足底腱膜炎があります。

足底腱膜炎は土踏まずから踵(かかと)までに痛みが出ます。

足裏は土踏まずを構成するアーチ構造になっていて、地面を強く蹴った時に衝撃を吸収してくれるようになっています。

その縦のアーチが崩れたものが足底腱膜炎

横のアーチが崩れたもの(開帳足)がモートン病になります。

モートン病は圧迫されるとピリピリと痺れるような感覚があります。

同じ足裏の痛みですが、鑑別は可能です。

モートン病に対する施術方法

足の甲の部分に数本針治療を行います。

血液循環を良くすることで痛みは治まります。

ハイヒールやパンプスを履かない事も重要です。

スポーツ選手の場合、シューズが足裏のアーチ構造をサポートしてくれるのですが、シューズの劣化によってサポートが損なわれている事があります。

シューズを買い替える・インソールを入れるなど対応するだけで随分と痛みはやわらぎます。

足裏の悩みにはインソールを

同じシューズを何年も履き続ける方がいらっしゃいますが、それはおススメ出来ません。

シューズが足をサポートしてくれるのは、せいぜい1年だとお考え下さい。

当院は部分治療は行っていません。

足裏のアーチが弱るとクッション性が著しく低下する為、ふくらはぎや膝・腰にまで痛みが広がります。

弱っている箇所を探しながら、早期に改善するお手伝いをさせて頂きます。

広島市・呉市・東広島市からも来院の多い鍼灸院

モートン病は運動選手以外はほとんど女性に起こる疾患です。

女性は偏平足や外反母趾・魚の目などの足のトラブルを抱えている方が多い為、モートン病を引き起こしやすいのです。

足裏のクッション性が無くなると、膝や腰にまで痛みが広がります。

当院では身体全体のバランスを整えながら、痛みを改善するお手伝いをさせて頂きます。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市・呉市・東広島市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。

足裏の痛みや痺れには針治療をご活用下さい。

ご予約はこちら

ご予約はお電話とLINEにて承ります。

📞082-555-2099

友だち追加

電話でのご予約は朝8時から夜7時まで。LINEは24時間受け付けています。

LINEからの予約方法については下記をご参照下さい。

住所:広島県安芸郡海田町南本町6-3 コーポタカヤマ101

駐車場:2台(1番・2番)

あなたはその治療に満足していますか?

マッサージ整体により一時的に痛みは治まったけど、施術後はすぐに元に戻ってしまった経験はありませんか

鍼灸は血流を改善し、健康な身体を取り戻します。

その痛み痺れには鍼灸が有効です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事