背部痛にも鍼灸を

デスクワークが多いと長時間座りっぱなしになり、背中が痛くなることがあります。

重量物を持つ肉体労働やスポーツなどでも背中の痛みを感じます。

実は背骨の横には脊柱起立筋と言って背骨を真っすぐに保つ筋肉があります。

脊柱起立筋は立っていても座っていても働いているので、弱りやすい部分なのです。

そうすると、腰痛の原因にもなってしまいます。

ハリタマ君

鍼治療は固くなった筋肉を緩めるのに非常に有効です。

鍼治療により脊柱起立筋を緩め、痛みの無い身体を取り戻します。

経験豊富な鍼灸師がご対応させて頂きます。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市・呉市・東広島市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。

背中の筋肉を緩める事で、痛みの改善が可能です。

背中の痛みの原因は様々

デスクワークでパソコン仕事をする方は長時間座り姿勢を続けている為に背中の痛みを起こします。

また、背中の筋肉の弱い方は姿勢を維持するだけで筋肉が疲労し、背中や腰の痛みを引き起こすこともあります。

普段から重たいものを持ち上げる肉体労働の方も背中や肩甲骨周りに痛みを感じる事があります。

突然激痛が襲って来る、ぎっくり腰ならぬ「ぎっくり背中」もありますが、これもダムの決壊のように痛みを我慢し続けた結果、起こります。

息を吸う時も傷むような背中の痛みは「ぎっくり背中」かも知れません。

目の酷使による眼精疲労から首にこりが生じ、背中の痛みにつながる方もいます。

肩こり腰痛が間接的に背中の痛みを招くこともあります。

不良姿勢も痛みの原因

腰痛がある方は、無意識に腰をかばう動作をするようになり、腰の負担を減らすために背中の筋肉を酷使しているのです。

痛みを我慢していると、慢性的な痛みとなって、何もしていなくても痛みが発生するようになってしまいます。

猫背などを放置しておくことも慢性的な背部痛を起こす原因となります。

また内臓に疾患のある方は、発熱や激しい腹痛などとともに、背中の痛みを感じることがあります。

背部痛を放っておくと、他の部位へも様々な問題が生じてきます。

背中は姿勢を保つのに重要な働きをします。仕事やスポーツに支障が出る前に、早めに改善しておきたいものです。

鍼灸は背中の筋肉の過緊張による痛みを改善するお手伝いをさせて頂きます。

デスクワーク仕事に多い背中の痛み

デスクワークでパソコンを使う事が多い方は、腰痛や背中の痛みに悩まされる方が多いです。

首から腰にかけて背骨が通っていますが、その背骨の横には姿勢を保つ為に使われる脊柱起立筋が通っています。

長時間スマホやパソコンを使うとその脊柱起立筋が疲れてきて固くなり、背中の痛みを生みます。

その為、腰痛の原因も背中の痛みの原因も主には脊柱起立筋の痛みとなります。

脊柱起立筋

ゆうこん堂では腰痛と併せて、背中の筋肉の緊張も緩めて行きます。

デスクワークスマホワークの多い方の背中の痛みは当院にお任せ下さい。

重たいものを持つ仕事の背中の痛み

肉体労働の方などは常に重たいものを持ち上げる動作をしているので、背中の筋肉を酷使しています。

重たいものを持ち上げる際には背中の広背筋・僧帽筋・菱形筋などを使います。

それらの筋肉が酷使された事により、悲鳴を上げた時にも背中が痛みます。

広背筋・僧帽筋・菱形筋

弱った筋肉は固くなってしまい、血液が上手く回らずに冷えしまいます。

鍼灸は固くなった筋肉を緩め、血流改善させると共に、筋肉を元の柔らかい状態にさせる事が出来ます。

肉体労働スポーツによって痛めた背中の痛みも鍼灸はお役に立てます。

以下は肩甲骨内側の痛みに対する鍼灸について書いています。ご参照下さい。

ぎっくり背中

背中が急に肉離れを起こしたような状態になるぎっくり背中。

ぎっくり腰はよく聞きますが、突然に背中の痛みを感じる事を「ぎっくり背中」と言ったりします。

長時間同じ姿勢を取っている場合や背中の筋肉の疲労が極限に達した時に起こります。

息を吸う時にも痛む事があり、激痛が走るのが特徴です。

突然の痛みの場合、無理に動かしたりせずに患部を冷やし、痛みが和らいでから来院するようにして下さい。

アイシングの方法は以下に詳しく説明してあります。

内臓疾患による背中の痛み

内臓疾患にも背中に痛みが出るものがあります。

腎臓の疾患の場合です。

そんな時には勿論、お医者さんに行って頂くのですが、内臓疾患の場合には発熱を伴う場合が多いので、一つの目安として発熱があるかどうかで判断して下さい。

そしてもう一つは突き抜けるような激しい痛みがあります。発熱があって突き抜けるような痛みがある場合には内科を受診下さい。

しかし、ほとんどの背部痛は筋肉の問題です。鍼灸院を第一候補としてほぼ間違いありません。

広島市・呉市・東広島市からも来院の多い鍼灸院

ゆうこん堂では背中に対する鍼灸施術はほぼ間違いなく行います。

日常生活を行う中で、背中の筋肉を使わない事が無いからです。

背中と書いていますが、ここでは背骨の近くを通る僧帽筋や菱形筋・脊柱起立筋を背中の痛みとしてとらえています。

強いストレスを感じても背中に痛みが走ることがあります。

ローテーターカフ(回旋筋腱板)などの痛みに関しては、また別の記事にさせて頂きます。

パソコン・スマホ仕事の背部痛。肉体労働時の背中の痛み。ぎっくり背中などにも対応しています。

妊婦さんの腰痛や背中の痛みにも鍼灸はお役に立てます。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市呉市東広島市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。

背中に痛みを感じたら、当院をご選択下さい。

ご予約・お問合せ

電話番号0825552099
LINE

友だち追加

電話でのご予約は朝8時から夜7時まで。LINEは24時間受け付けています。

LINEからの予約方法については下記をご参照下さい。

住所広島県安芸郡海田町南本町6-3コーポタカヤマ101
営業時間●月~金 9:00~12:00 15:00~20:00 ●土日祝 9:00~18:00
定休日水曜日
支払い方法現金のみ
スタッフ数2名(施術者は1名のみ)夫婦で営む鍼灸院
駐車場2台(1番・2番)
ゆうこん堂PR完全予約制・当日予約OK・土日祝営業・女性スタッフ在籍・お子様連れOK(予約時に要確認)・回数券有り・夫婦で営む鍼灸院・鍼灸専門・完全個室

 

【ゆうこん堂鍼灸院へのアクセス】

鍼灸院の目の前が駐車場になっています。

1番・2番が当院の駐車場です。空いてる方にお停めください。

院内_駐車場2台

 

 

住所:広島県安芸郡海田町南本町6-3 コーポタカヤマ101号室

広島市・呉市・東広島市からも来院の多い海田町の鍼灸院

電話予約に関してですが、昼休憩や定休日にも電話が掛かってきます。

私は昼休憩を使って畑仕事・筋トレ・ジョギング・食べ歩きを行っています。

定休日は週に1度しか無いので、ゆっくりしたいのです。

電話予約はなるべく営業時間内にお願い出来無いでしょうか。

昼休憩・定休日の電話予約はお止めください

LINEであれば時間に余裕を持って返信が出来るので、問題ありません。

私に安息の時間を作って下さい。

皆さんが思っているよりもずっと電話が多いので、昼休憩・定休日の電話に困っています。

どうぞご理解をお願いします。

電話:082-555-2099

LINE

友だち追加

 

 

 

あなたはその治療に満足していますか?

鍼灸専門だからこそ、出来る施術があります

マッサージ整体により一時的に痛みは治まったけど、施術後はすぐに元に戻ってしまった経験はありませんか

当院は電気治療器もマッサージも一切行いません

鍼灸専門だからこそ、出来る施術があります。

鍼治療は固くなった筋肉を緩めるのに非常に有効です。

筋肉を緩める事で、毛細血管を広げ、血流改善を促します。

毛細血管の隅々にまで血液が行き渡ると、酸素と栄養素に富んだ血液を全身に送り出してくれます。

つまり、当院の施術は自然治癒力や免疫力を引き上げるのです。

自然治癒力を引き出す鍼灸

ご予約は電話かLINEで承っています。

電話は午前8時から午後19時まで承ります。

LINEは24時間受け付けますが、店主は夜が弱いので、返信は朝方になる可能性があります。

昼休憩中(12時から15時)、定休日のお電話はご遠慮下さい。

電話 0825552099

LINE

友だち追加

 

その痛み痺れには鍼灸が有効です。

身体のお困り事は当院にご連絡下さい。

個人ブログ「サスライのハリ師、今日も行く!」も併せてお読み下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事