逆子は時間との勝負

逆子のお灸は週数が早い方が直りやすいのですよ。

逆子体操も良いけれど、早くに鍼灸を取り入れて見ませんか?

鍼灸は身体の体調を整えるのに最適です!

元気に赤ちゃんを育てて行く為にも、今の内に身体を元気にして行きましょう。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市・呉市・東広島市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。

妊娠中のママを応援しています。

逆子のお灸は週数が早いほど改善率は高まります

逆子って言われると落胆するママさんは多いようです。

自然分娩で生みたい気持ちは分かりますし、帝王切開って怖いイメージがありますよね。

2人目以降も帝王切開になってしまうのかと思うと、何とか逆子を治したい気持ちは分かります。

28週くらいまでは余裕でいるのに、32週を過ぎた頃から急に焦り始める女性が多いのも特徴。

お医者さんに「逆子ですね」と言われても、お医者さんが淡々としているので最初は全く心配しないそうです。

それが、逆子体操をしても一向に治らなくて急に怖くなってネットで情報収集をし始めるのだとか。

逆子にはお灸

ネットには「逆子のお灸」とか「安産のお灸」と言う言葉が頻繁に出てきて、それで初めて鍼灸院の存在を知る事もあるのだとか。

それでも針治療は痛そうだし、お灸は熱そうだから行くのを躊躇する方も多いようです。

そして悩んで悩んで34週・35週になってから恐々鍼灸院に来院されるのですが、もっと早く来てよって感じ。

週数が早ければ早いほど、逆子は直りやすいのです。

30週を過ぎても逆子のまま動かない赤ちゃんは頑固な事が多いので、早めの来院をお願いします。

早ければ早いほど良いと覚えておいてね。

30週くらいであれば週に1.2度の来院で済むのだけど、33週過ぎてから来院すると週に何度も通って貰うようになりますよ。

逆子のお灸」が有名なので鍼灸院に来院する方が多いのですが、当院は長年の研究から針とお灸の両方を使います。

針治療を併用することで改善率がアップしています。

お灸と針を併用します

お灸は温かくて熱さを感じる事はほぼありません。心地良い温かさだと思っていて下さい。

足の指先にお灸をする場合だけ、ちょっと熱さを感じるようにわざとお灸をしますが、それでも一瞬熱かったかどうかの刺激です。

針治療も併用しますが、こちらはお腹へ鍼を打ったりはしません。身体の滞りのある部分の流れを良くするだけです。

怖がらなくても良いですよ。安心してお越し下さい。

次に逆子に対する当院の施術方法について説明します。

逆子のお灸は針治療も併用して行います

これまで、逆子の施術は紆余曲折があり何度もやり方を変更してきました。

有名な三陰交至陰へのお灸もしていたのですが、改善率が低く悔しい思いをしていたのです。

ある時、元々腰痛で通っていて女性が妊娠して逆子になり、逆子治療をしていた時の事。

逆子は治したいけども、まずは腰痛を何とかして欲しいと依頼されて腰痛の施術に加えて逆子の施術を行いました。

すると、2回で逆子が直り感謝されたのです。

その時にひらめいて、やはり全身の血流を改善した方が良いのではと言う考えに至りました。

そこから改善を重ね、「全身への鍼施術をしてから逆子のお灸」を行うことにしました。

針とお灸を併用します
そうすると改善率がアップしたので、そのやり方が良かったのでしょうね。

本来赤ちゃんは頭が下になるのが正しい姿勢。正しい位置を向かないのは、お母さんのお腹が居心地が悪いからだと考えています。

ならば、お腹を居心地の良い状態に変えてあげれば逆子は改善されるはず。

そんな私の仮説が改善率を上げてくれたのでしょう。

通常の施術よりも時間が掛かってしまうので大変ですが、少しでも皆様のお役に立てる様、これからも改善を重ねて行きたいと思います。

施術回数の目安は4回です。皆さんの身体の状態によって変わって来るので、これより回数が少なくても逆子の治るケースは多いです。

逆子の施術回数の目安は4回

32週よりも前であれば3回が目安となりますが、週数を重ねる毎に大変になるって覚えておいてね。

週数に加えて冷えが強かったり肩こりなどの症状が強い方は時間を要する場合があります。

何度通って頂いても改善しないケースもあります。

原因は色々ですが、施術自体は身体の調子を整えるものなので、もし直らなかったとしても身体のケアをしたとお考え下さい。

逆子が治ってからも来てもらえるように

逆子のお灸」と言う名称が有名になってしまって、針灸院は逆子を治しに来る所と勘違いされている方が多いので困ります。

針灸院は本来、身体の調子を整えに来る場所です。

逆子にならない身体作りを行ったり、赤ちゃんが生まれた後に抱っこ疲れなどで腱鞘炎前腕痛首肩こり腰痛などになった時に本来の力を発揮します。

逆子が治ったから来なくて良い場所では無いはずなのです。

鍼灸で身体のメンテナンスを
赤ちゃんを育てて行くには相当な体力の消耗があります。

それを改善しに来院してもらうのが正しい使い方のように思います。是非長いお付き合いにして頂きたいものです。

最近は私が施術後も来院することが大事だと言ってるせいか、赤ちゃんを連れて来院してくれる方も増えました。ありがたいことです。
【ゆうこん堂】は「逆子のお灸」だけでなく針治療もやるのでハードル高いかも。

だけど逆子が直る直らないに関わらず、身体に良いことをやっているのです。

逆子が治っても「安産のお灸」もあるので続けて来院して頂けます。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市呉市東広島市からも来院が多い安芸郡海田町の鍼灸院です。

マタニティケア産後ケアに力を入れています。あなたのお越しを待ってます♪

ご予約はこちら

ご予約はお電話とLINEにて承ります。

📞082-555-2099

友だち追加

電話でのご予約は朝8時から夜7時まで。LINEは24時間受け付けています。

LINEからの予約方法については下記をご参照下さい。

住所:広島県安芸郡海田町南本町6-3 コーポタカヤマ101

駐車場:2台(1番・2番)

あなたはその治療に満足していますか?

マッサージ整体により一時的に痛みは治まったけど、施術後はすぐに元に戻ってしまった経験はありませんか

鍼灸は血流を改善し、健康な身体を取り戻します。

その痛み痺れには鍼灸が有効です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事