産後ケアには鍼灸を、子育てママを応援します!

産後ケアには整体院で骨盤矯正をするものと思い込んでいるママさんは多いです。
しかし当院では逆子不妊で来院されていた方が出産後鍼灸院である当院へ来院されます。
産後1か月・2か月を経てくると、身体の異変に気付き始めます。

首コリ・肩こり・腰痛・腱鞘炎。授乳があったり赤ちゃんを横に寝かせていて寝返りが打てないので身体はボロボロになっています。
そんな子育てママを応援するのが当院の仕事。
肩こりや腱鞘炎は鍼灸院の得意疾患。身体の状態を整えるのは針灸のお手の物です。
骨盤矯正はしません。と言うより、骨盤矯正と言う言葉が独り歩きしています。骨盤は強力な靭帯で包まれていて、整体でボキボキしても元の位置に戻る事はありません。
骨盤周りの固くなった筋肉を和らげることで、骨盤を緩やかに元の状態に戻すことが出来ます。
鍼灸院でゆっくり腰周りの拘縮した筋肉を緩める方が有効的なのです。

骨盤矯正と言う言葉に踊らされていませんか
当院は産後の子育てママを応援しています。
託児もありますので、赤ちゃんを連れて来院して下さい。
小学校の低学年までの子供が遊ぶようなレゴやプラレール・人形・おままごとセットもご用意しています。
産褥期明けにすぐに来院されても構いませんし、数か月・1年経過してからでも鍼灸はお役に立てます。

ゆうこん堂は女性が7割と非常に多く、女性に配慮した鍼灸院になっています。
子育てママは骨盤矯正の為の整体院や癒しを求めてエステに行く事が多いようです。
今は癒しを求めている場合じゃありませんよ。身体の状態を整えて赤ちゃんを育てるのが仕事です。
子育てママには鍼灸を。当院は癒しはありませんが、子育てママの身体にケアにはお役に立てます。

子育てママにはエステより鍼灸

子育てママは全身ボロボロ

子育てママは全身ボロボロになります。
特に高齢出産の初産は大変です。若い子に比べて身体が元の状態に戻るまでに時間が掛かります。
当院は不妊・妊活鍼灸で来院されている方が多いので、どうしても高齢出産が多くなります。
そういう方は2人目を目指すのも大変ですし、赤ちゃんが大きくなってからも身体の痛みに苦しめられます。
年齢が高くなってからの出産ほど、早めの来院をお願いします。

子育てママは授乳するのも抱っこするのも大変で、月に1回当院に来院するのを楽しみにされる方が多いです。
一番気になるのはやはり首・肩凝り。前屈みでいる事が多いので、どうしても首・肩に痛みを感じるようです。
時には首がカチカチになって頭痛や片頭痛がしたり背中までピキピキと痛みが走ったり。

ゆうこん堂は部分治療は行っていないので、首も腰も肩甲骨周りも全て施術対象となります。
全身治療が持ち味の鍼灸院なので、何か所でも痛む場所を仰って下さい。
大抵は私が触診すれば見逃すことはありませんが、気になる個所は全て鍼灸施術をさせて頂きます。
子育てママにこそ、鍼灸は必要なのです。癒しはエステや整体に負けてしまいますが、身体の痛みを取るのには、鍼灸が最適です

おむつ交換する子育てママ

子育てママの腱鞘炎に対する鍼灸

子育てママが一番悲鳴を上げるのが腱鞘炎です。
抱っこをするのも辛いし、時には哺乳瓶を落としてしまうほど力が入らなくなってしまいます。
腱鞘炎である事を自覚している方は少なくて、肘から手首の親指側に痛みはあるけど、それが何の痛みか分からなかったって人も。
私が見る限り、前腕部の腱鞘炎を経験しない子育てママの方が少ないかも。

 

授乳する子育てママ

 

腱鞘炎はご自分で何とかするのは難しいのです。自宅で出来る事と言えば、自分でマッサージするかお灸をするしか無いですからね。
あんまりごりごりマッサージをするとかえって炎症を起こして痛みを誘発してしまうので気を付けないと。
お灸をやってもその時は少し楽になるのだけど、抱っこしてたらすぐに痛みが戻ってきてしまいます。

ゆうこん堂では針治療を中心に施術を行って行きます。指はかなり細かい動きをすることが出来ますよね。
手首と連動させると人体の中で一番自由に動かすことが出来ます。
これは多くの筋肉が前腕部にあり、それぞれが細かく連動しながら動いてくれるからです。
赤ちゃんを抱っこしていると多くの筋肉を連動させながら姿勢を維持しています。
全く動かない人形ならともかく、起きている間は赤ちゃんも身体を動かすので、それに伴って抱っこする側も常に姿勢を変えています。

そのため、子育てママの腕は痛くなったり・力が入らなくなったり。
そうした時に鍼灸はお役に立てるのです。筋肉の拘縮には鍼灸が最適です。エステや整体にはない良さがあるのです。
痛みを覚えたら鍼灸院、そんな風にうちのお客さんの多くは考えるようです。
腕に力が入らなくなったら、針灸院の出番です。

子育てママの腕を触ってみると骨のような硬い塊があちこちに出来ています。
一般の方が触るとだと信じてしまうようなカチカチな部分なのですが、多くの場合はそれは筋肉が弱って骨のようなカチカチになっているのです。

前腕部は小さな筋肉の集合体なので、闇雲に触っているだけでは何も解決しません
針灸師やマッサージ師は筋肉の走行を理解しているからこそ、施術が可能なのです。
鍼をすると血行が良くなり血流が改善されます。すると、血液酸素栄養素を運んでくれるので楽になるのです。
腰やお尻などの大きな筋肉であれば1度の施術でかなり効果を実感して頂けるのですが、前腕部は何度か続けての来院をお願いしています。

少し良くなってもまた抱っこを続けていれば痛みが出てくるので、赤ちゃんが少し大きくなるまでは継続して来院してくれると楽に子育てが出来ますよ。

当院は前腕部だけ施術をすることは無く、肩こりや腰痛も全て施術して行きます。子育てを乗り切るためにも、鍼灸院を利用してみて下さいね♪

子育てパパも子育てに参加しよう

ママさんのお腹の中から赤ちゃんが出てこないと、父親になったと実感出来ないのは多くの男性にありがちなこと。
それは仕方が無いでしょう、お腹の中で育って行くのを実感しているお母さんとは違うのだから。
だけど赤ちゃんが生まれた今、お父さんは立ち上がらねばなりません
抱っこが怖いとかオムツ交換が苦手だとか言ってる場合じゃありません。全力で育児に参加しましょう。
子育てなんて面白い事を、嫁さん一人に奪われてなるものですか。
おっぱいをあげる事以外全てオレがやってやるのだと言う気概を持って臨みましょう。

生後1年までには、半日は嫁さんが居なくても平気だと言えるくらいになっとかないとお父さん失格です。
お乳が出ないお父さんは、お母さんには絶対に勝てません。ならばせめて手間暇をかけて子供に接してやろうじゃありませんか。
当院は夫婦2人での来院を推奨していますが、赤ちゃん連れてお父さんかお母さんのどちらかだけでの来院も歓迎してます。
子供はうちの嫁さんに預けて、リフレッシュをしにいらして下さいね♪

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市呉市東広島市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。
マタニティケア・産後ケアに力を入れています。皆様のお越しをお待ちしています。

育児に参加する子育てパパ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事