疲れ目・眼精疲労

疲れ目・眼精疲労解消にも鍼灸を

パソコン・スマホが手放せない現代人にとって、疲れ目肩こり頭痛に並んで大きな問題です。

疲れ目や、乾燥、充血といった目の症状にあわせて、肩こりや頭痛・倦怠感・吐き気といった症状が現れます。

そうしてそれらの症状が目や身体を休めても一向に回復することなく慢性化した状態を、眼精疲労といいます。

スマホやパソコンを見ている時には、目を余り動かすことが無く、常にピント調節の筋肉が緊張している状態になります。

そうして長時間デスクワークを続けると目の疲労が蓄積します。

また、まばたきも減少することから、目が乾きやすくなり、ドライアイを引き起こす要因となります。

また、度数が合わないコンタクトレンズやメガネを使う事も問題です。

乱視遠視があるのに矯正しなかったりすると、疲れ目が進行して、眼精疲労を訴えます。

疲れ目・眼精疲労

以下の症状がある方は眼精疲労を疑います。

  • 目の使い過ぎ(特にパソコンスマホ
  • 同じ姿勢での長時間のデスクワーク
  • 目の奥が痛い、目が重い
  • 目がかすむ、ぼやける
  • メガネやコンタクトレンズが合っていない
  • 乾き目(ドライアイ)
  • ストレスを強く感じる

目だけでなく、身体にも症状が現れます。肩こり・頭痛・倦怠感・目まい・吐き気などがある場合には眼精疲労を疑います。

疲れ目や眼精疲労を放置する事で肩こりや頭痛が増強します。

また仕事勉強にも影響が出る為に、早めに改善しておきたい疾患です。

鍼灸は疲れ目解消や眼精疲労改善にもお役に立てます。

 

眼精疲労にならない為のコツ

パソコン・スマホの長時間使用は問題です。放っておくと何時間でもスマホやパソコンにかじりついてしまいます。

デスクワーク時などは1時間に1度は席を離れ、トイレに行くなり身体を動かすなりして休憩を取りましょう。

近くばかりを見ていると、眼が疲れてしまいます。時々遠くへ視線を合わせて下さい。

パソコン・スマホの長時間利用を控える

その際、なるべく山などの緑の景色をとらえる方が良いと言う説があります。遠くの緑に焦点を合わせてみて下さい。

デスクワーク時は集中するので極端にまばたきが減ってしまいます。そうするとドライアイになる危険も増えてしまいます。

時々画面から目を離し、まばたきを意識するようにお願いします。

画面の高さも関係します。画面が低いと覗き込むような姿勢となり、猫背の原因となります。

PCスタンドなどで画面の高さを調整するなどの工夫が必要となります。

下記のリンクではPCスタンドの利用方法にも触れていますので、ご参照下さい。

ホットパックなどで目の疲れを癒す方法もあります。

ゆうこん堂では手作りホットパックも販売しています。

目に乗せるタイプの小さなホットパックもご用意していますので、疲れ目・眼精疲労にお悩みの方はホットパックのご購入も検討して頂けたらと思います。

手作りホットパック

眼精疲労解消に対する鍼灸施術

眼精疲労は慢性的な肩こりや頭痛を伴う事が多く、首や肩に対する施術が中心となります。

首からは目の神経である視神経が通っており、首の固くなった筋肉を緩める事により、”目が開いたような”とか”目の奥の痛みが取れた”と仰って頂くことも多くあります。

疲れ目や眼精疲労に鍼灸がなぜ良いのかを以下にご説明します。

首の奥には後頭部に付着している4つの筋肉(大後頭直近・小後頭直筋、上頭斜筋・下頭斜筋)があり、これを総称して後頭下筋群と呼びます。

これらの筋肉は首と頭の付け根の奥深くにあるインナーマッスルです。

後頭下筋群に直接アプローチ

パソコンの作業を長時間している場合など、画面を見るために頭を固定し続けるとこれらの筋肉がこり固まってきます。

後頭下筋群は画面などを凝視する時に、無意識に頭部を固定する為に使っています。

この筋肉が、硬くなってしまうと頭や目に行く血流量が少なくなり目の疲れや頭痛・吐き気を引き起こします。

インナーマッスルはマッサージなどでは届かない体の奥にある筋肉なのですが、針治療では直接アプローチが出来る為、この後頭下筋群を直接狙い打ちする事が出来るのです。インナーマッスルの凝りにこそ鍼灸はお役に立てます。

合わせて肩こりの原因となる僧帽筋や肩甲挙筋・胸鎖乳突筋などへの施術も行って行きます。疲れ目・眼精疲労は首のインナーマッスルのコリを解消する事が改善へと繋がるのです。

鍼灸治療は筋肉の緊張を緩和して、血行を改善してくれます。

その為、目の疲れ・眼精疲労・肩こりや頭痛にとても有効な治療方法となります。

 

目の疲れ・眼精疲労改善には鍼灸を

目の疲れ・眼精疲労には後頭下筋群などのインナーマッスルを直接アプローチできる針治療が効果的です。

当院では部分治療は行っていません。頭痛・肩こり・首の痛み・肩甲骨周りの痛みと合わせて疲れ目・眼精疲労の施術も行わせて頂きます。

パソコン・スマホの使い過ぎによる身体の不調には当院をご選択ください。

疲れ目・眼精疲労には鍼灸を

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市呉市東広島市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。

目の疲れ・眼精疲労でお困りの場合には、鍼灸がお役に立てます。

ご予約はこちら

ご予約はお電話とLINEにて承ります。

📞082-555-2099

友だち追加

電話でのご予約は朝8時から夜7時まで。LINEは24時間受け付けています。

LINEからの場合は以下のリンクを確認してからのご予約をお願いします。

住所:広島県安芸郡海田町南本町6-3 コーポタカヤマ101

駐車場:2台(1番・2番)

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事