follow us in feedly

子供の成長痛|オスグット・シュラッター病

難しい名前が付いた疾患ですが、小学生・中学生に多く見られる成長痛の一つです(稀に高校生や大学生にも見受けられます)。

膝のお皿の下がポッコリと膨らんで腫れるのが特徴です。

腫れた部位を強く押すと痛みが出ます。また、屈伸運動や正座が出来ないなどの症状が現れることもあります。

階段の上り下りがつらい、走ると痛みが出るなどの症状があればオスグッドシュラッター病を疑います。

どんな人がオスグッドシュラッター病になるの?

10歳から15歳くらいまでの急激に身長が伸びる成長期に起こり、激しい運動をする小・中学生に多い疾患です。

成長期に一気に身長が伸びる場合に骨は成長に合わせて大きくなっているのに、筋肉や腱がその成長に間に合わないため、筋肉が引っ張られて痛みが発症します。
ランニングやジャンプの多い競技である野球やバレーボール・バスケットボール・サッカー・陸上競技をする子供に多く現れます。
まれに高校生や大学生でも起こりますが、成長期を過ぎた方の場合にはまずジャンパー膝(膝蓋靱帯炎)を疑います。

 

個人で出来る対処方法

痛みがある場合にはまずアイシングを行い、十分に冷やして炎症を抑えます。 ポッコリとした膨れが引いてきたら大腿四頭筋(太ももの前)の十分なストレッチを行います。

痛みが強い場合には練習をお休みするか、別メニューで太ももの筋肉に負担を掛けないような練習を組む必要があります。

 

鍼灸による治療方法

大腿四頭筋(太ももの前側)の緊張を緩めることが主となります。

小学生・中学生は鍼の刺激に弱い子が多いので、太ももへ数本だけ鍼を打ちます。

奥の方でズシンとした刺激がありますが、耐えられないような痛さではありません。

オスグッドの痛みを緩和させたいのであれば、少し我慢してね。

さっきまで足を着いただけで痛みがあったのに、施術後は急に痛みがなくなることもあります。

激しい運動を 行っている子供になりやすい為、休息も大事な治療の一つです。

太ももの裏側やふくらはぎも治療対象となります。

身体が大きくなるサインでもあるので、余り心配しなくても大丈夫ですよ。

放っておいても治る場合がほとんどですが、痛みが続くのであれば来院をお待ちしています。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事