足の痺れを伴う坐骨神経痛足のしびれを伴う坐骨神経痛は夜も眠れない事が多く、厄介ですよね。

整形外科でレントゲンやMRIを撮っても異常が出ない坐骨神経痛は「梨状筋症候群」の可能性があります。

坐骨神経痛の一種なのですが、問題となるのはおしりの奥にある筋肉です。

座ると痛みや痺れが増す梨状筋症候群はお尻の奥に問題があります。

梨状筋と言う深層筋(インナーマッスル)が硬くなり、坐骨神経を圧迫して症状が出ます。

そんな深層筋の痛みも鍼治療なら直接刺激が可能なので、大きな効果を発揮します。

梨状筋は勿論、腰・痛みが出ている足の部分にも針治療を行って行きます。

神経痛は本当に厄介なので、早期受診をお願いします。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市・呉市・東広島市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。

お尻から太もも・足先までの痺れは梨状筋症候群

実は坐骨神経痛ってのは病名では無いのです。

坐骨神経痛が関与する痛みが出るものを総称して「坐骨神経痛」と言ってるのです。

よって、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などでも坐骨神経痛症状が出ます。

その中でも、整形外科でレントゲンやMRIを撮って貰ったのだけど診断が付かなかったものがあります。

その多くがお尻の梨状筋が関係している梨状筋症候群です。

梨状筋と言う筋肉が固くなって坐骨神経を圧迫したものです。

梨状筋症候群

レントゲンやMRIでは筋肉の状態は写りませんので、発見されない事も多いのです。

この梨状筋はお尻にあり、大殿筋の奥にある深層筋(インナーマッスル)です。

ふくらはぎから足首にかけて痛みやしびれがあり、時には歩けないような激痛が走ります。

鍼治療だと、深層筋(インナーマッスル)に直接刺激が出来る為、大きな効果を発揮します。

整形外科では原因が特定されない足の痛みや痺れを伴う坐骨神経痛は、梨状筋が関係している可能性大です。

鍼治療は梨状筋症候群に対する施術に優れた効果を発揮します。

お尻の奥にある深層筋は鍼治療が効果あり

身体の表面にある筋肉を表層筋と言うのに対して、身体の奥にある筋肉は深層筋と呼ばれます。

梨状筋はお尻にあり、大殿筋と言う大きな筋肉に隠れた深層筋です。

その梨状筋が何らかの原因で硬くなってしまい、腰から出る坐骨神経を圧迫したものが梨状筋症候群(坐骨神経痛)です。

坐骨神経痛の中で一番頻度が高く、痛みやしびれを伴うのが梨状筋症候群です。

悪化すると治るまでに時間がかかり、歩けないほどの激痛が走ります。

足の痺れを伴う坐骨神経痛

鍼治療は深層筋である梨状筋に大きな効果を発揮します。

マッサージなどでは直接刺激が出来ないインナーマッスルも、鍼治療であれば直接刺激が可能です。

大殿筋を通り越して、深層筋である梨状筋に鍼治療を行います。

しびれの出る足にも針治療を行いますが、梨状筋を緩めてあげると足の痛みも治まる事が多いです。

お尻から足にかけての痛みや痺れを感じたら、鍼灸院へお越し下さい。

足が苦るように痛む坐骨神経痛

坐骨神経痛は時に、足が苦るような痛みや痺れを伴います。

ふくらはぎや足首が痛み、中々治らないのが特徴です。

夜も満足に眠れないような痛みを感じます。

立っていても辛い、寝ていても辛いので、かなり神経をすり減らしてしまう事も。

整形外科に行っても原因が分からず鎮痛剤や湿布を処方してもらい、途方に暮れて帰って来ることもあります。

鎮痛剤や湿布では治らない

痛み止めや湿布では問題解決にはなりません。

途方に暮れてご自身でインターネットで調べ、もしかして梨状筋症候群かもと当院に来院される事が多い疾患です。

足がしびれる・苦るような症状は坐骨神経痛の可能性大です。

鍼灸は坐骨神経痛に対して優れた効果があります。

梨状筋が関係する坐骨神経痛で無くとも効果がありますので、足の違和感があればご来院下さい。

長時間座ると座面が圧迫されて痛みが増す

梨状筋症候群になると、座る事も難しくなります。

座ると座面が圧迫され、梨状筋に負担が掛かってしまいます。

長時間の車の運転やデスクワークなどで座り姿勢が増えると痛みが増強します。

長時間座っていると足の痺れが増す場合には、梨状筋症候群を疑いましょう。

座ると痛みやしびれが増す梨状筋症候群

通常は左右片方だけに症状が出ます。

座るとお尻が痛いのだけど、右だけが痛い・左だけが痛い。

そんな時には梨状筋症候群の可能性が高いです。

座り時間が長い場合には、クッション性の高い座布団などを置き、梨状筋への負担を軽減させる必要があります。

ビリビリとしびれが出る神経痛は本当に辛いですよね。

座る事もままならないような坐骨神経痛は、鍼治療をお勧めします。

深層筋である梨状筋を直接刺激し、梨状筋を緩める事で問題解決へと繋げます。

悪化してしまうと座る事も難しい激痛が出ます。

早めの来院をお願いします。

広島市・呉市・東広島市からも来院の多い海田町の鍼灸院

足の痛みや痺れでお困りの方は鍼灸院へお越し下さい。

おしりの奥にある梨状筋が硬くなって坐骨神経を圧迫する、梨状筋症候群にも鍼灸は有効です。

坐骨神経痛になると夜も眠れないような痛みやしびれが出ます。

基本的には季節の変わり目に出やすいのですが、放置していても中々治りません。

足のしびれを伴う梨状筋症候群

身体を冷やさない・お風呂に浸かるなどで痛みが軽減する事もあります。

しかし、お風呂に入ると一瞬は痛みが和らぎますが、寝ている最中にまた痛くなる事も多いのです。

梨状筋が関係する坐骨神経痛は症状が長引く傾向にあります。

早めに対処する事をおススメします。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市・呉市・東広島市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。

梨状筋が関係する坐骨神経痛症状が出る「梨状筋症候群」の施術を得意としています。

早期改善のお手伝いをさせて頂きます。

足の痺れを伴う坐骨神経痛には当院をご利用下さい。

ご予約・お問合せ

電話番号0825552099
LINE

友だち追加

電話でのご予約は朝8時から夜7時まで。LINEは24時間受け付けています。

LINEからの予約方法については下記をご参照下さい。

住所広島県安芸郡海田町南本町6-3コーポタカヤマ101
営業時間●月~金 9:00~12:00 15:00~20:00 ●土日祝 9:00~18:00
定休日水曜日
支払い方法現金のみ
スタッフ数2名(施術者は1名のみ)夫婦で営む鍼灸院
駐車場2台(1番・2番)
ゆうこん堂PR完全予約制・当日予約OK・土日祝営業・女性スタッフ在籍・お子様連れOK(予約時に要確認)・回数券有り・夫婦で営む鍼灸院・鍼灸専門・完全個室

 

【ゆうこん堂鍼灸院へのアクセス】

鍼灸院の目の前が駐車場になっています。

1番・2番が当院の駐車場です。空いてる方にお停めください。

院内_駐車場2台

 

 

住所:広島県安芸郡海田町南本町6-3 コーポタカヤマ101号室

広島市・呉市・東広島市からも来院の多い海田町の鍼灸院

電話予約に関してですが、昼休憩や定休日にも電話が掛かってきます。

私は昼休憩を使って畑仕事・筋トレ・ジョギング・食べ歩きを行っています。

定休日は週に1度しか無いので、ゆっくりしたいのです。

電話予約はなるべく営業時間内にお願い出来無いでしょうか。

昼休憩・定休日の電話予約はお止めください

LINEであれば時間に余裕を持って返信が出来るので、問題ありません。

私に安息の時間を作って下さい。

皆さんが思っているよりもずっと電話が多いので、昼休憩・定休日の電話に困っています。

どうぞご理解をお願いします。

電話:082-555-2099

LINE

友だち追加

 

 

あなたはその治療に満足していますか?

鍼灸専門だからこそ、出来る施術があります

マッサージ整体により一時的に痛みは治まったけど、施術後はすぐに元に戻ってしまった経験はありませんか

当院は電気治療器もマッサージも一切行いません

鍼灸専門だからこそ、出来る施術があります。

鍼治療は固くなった筋肉を緩めるのに非常に有効です。

筋肉を緩める事で、毛細血管を広げ、血流改善を促します。

毛細血管の隅々にまで血液が行き渡ると、酸素と栄養素に富んだ血液を全身に送り出してくれます。

つまり、当院の施術は自然治癒力や免疫力を引き上げるのです。

自然治癒力を引き出す鍼灸

ご予約は電話かLINEで承っています。

電話は午前8時から午後19時まで承ります。

LINEは24時間受け付けますが、店主は夜が弱いので、返信は朝方になる可能性があります。

昼休憩中(12時から15時)、定休日のお電話はご遠慮下さい。

電話 0825552099

LINE

友だち追加

 

その痛み痺れには鍼灸が有効です。

身体のお困り事は当院にご連絡下さい。

個人ブログ「サスライのハリ師、今日も行く!」も併せてお読み下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事