膝から下、すね・足首・くるぶし・かかとの痛み 膝から下の痛みは名称も分からず、検索しにくいものです。

すね・足首・くるぶし・かかと・足の甲の痛みにも鍼灸はお役に立てます。

この記事は膝から下が痛む疾患の「まとめ記事」になっています。

ご覧頂き、自分の痛みがどういった疾患で、鍼灸がお役に立つのかが書いてあります。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市・呉市・東広島市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。

膝下の痛みには鍼灸をご活用下さい。

【膝から下の痛み】すね・足首・くるぶし・足の甲の痛み

膝から下の痛みは名称も分からず、何と検索したら良いかも分かりませんよね。

脛(すね)の痛み・くるぶしの痛み・足首の痛み・足の甲の痛みなど、皆さん痛みの部位は違うと思います。

膝から下の部位は専門性が高く、知識の乏しい治療院では苦労する事も多いと聞きます。

当院はスポーツ障害に強く、膝から下の痛みを抱えている患者さんが多く来院されます。

部位別に記事を書いてありますので、詳しくは関連記事にジャンプして確認して下さい。

ここでは、膝から下の痛みのまとめ記事です。

自分の痛みと照らし合わせながら、ご確認をお願いします。

足首外側の痛み【腓骨筋腱炎】

足首の外側・外くるぶし・くるぶしの下あたりの痛みは腓骨筋腱炎の可能性が高いです。

足関節捻挫の好発部位でもあります。

腓骨頭から外くるぶしの後ろを通って足裏に付く筋肉です。

運動時のバランスを取るのに必要な筋肉なので、アスリートに多い痛みとなります。

腓骨筋腱炎

サッカーやバスケットボール・長距離ランナーなどバランスを取る競技では大体腓骨筋は張っています。

当院でも施術する機会の多い場所です。

この部位は運動鍼(鍼を1本入れたまま、動かしてもらう)で改善する事が多い疾患です。

腓骨筋に張りがあると、気持ち良く走ることが出来ません。

早めの対処が必要です。

中学生・高校生に多い【シンスプリント】

脛(すね)の内側の痛みの代表格がシンスプリントです。

すねの外側に出る事もありますが、ほとんどがすねの内側の内くるぶしに近い側に痛みが出ます。

シンスプリントは「1年生病」とも呼ばれ、競技を始めたばかりの方が起こしやすい疾患です。

部活動を始めたばかりの中学生・高校生が多く来院されますが、大人もシンスプリントを起こしますのでお間違え無く。

2・3度来院して頂ければ運動が出来るようになります。

すねの内側の痛み、シンスプリント

シンスプリントを放置すると、疲労骨折を起こして3か月以上練習が出来なくなる可能性もあります。

シンスプリントは早期であれば改善は難しくありません。

当院は中学生・高校生の来院が多くなっています。

針治療は怖いと言うお子さんは多いですが、しっかりと説明しながら施術をさせて頂きます。

練習を継続したいのであれば、早めにお越し下さい。

かかとの痛み【アキレス腱炎】

膝下の痛みの中では分かりやすい痛みです。

アキレス腱や踵(かかと)・時には足裏が痛いと訴える方もいます。

アキレス腱炎は脹脛(ふくらはぎ)にある腓腹筋とヒラメ筋に対して施術を行います。

腓腹筋とヒラメ筋が固く収縮してしまった為に、アキレス腱が引っ張られて痛みが出ます

元となる筋肉を緩めてあげればアキレス腱の引っ張りが解消され、痛みが緩和します。

かかとの痛み、アキレス腱炎

アキレス腱炎を放っておいて、「アキレス腱断裂」となると、最低半年は練習復帰は出来ません

酷くなってアキレス腱断裂にならないよう、早めに鍼灸院へお越し下さい。

脛(すね)の痛み【前脛骨筋炎】

すねに痛みがあると、「弁慶の泣き所」と言う言葉が思い浮かぶようで、骨の問題だと思う方がいます。

すねの痛みは前脛骨筋炎と言います。

足三里」と言う一般の方でもご存じのツボがある場所です。

前脛骨筋は足首を反らす(背屈)する作用があり、歩行時や運動時にも常に働いています。

すねに痛みを感じる場合もありますが、足の甲にまで痛みを感じる方もいます。

ここも針治療で改善が可能です。

すねに痛みを感じる場合には鍼灸院へお越し下さい。

肉離れであっても対応可能

肉離れであっても対応可能です。

触れないような痛みがある場合には施術は難しいですが、肉離れ後の熱感や腫れが引いた後であれば施術可能です。

肉離れ直後はアイシングを行い、炎症が治まった状態でお越し下さい。

ふくらはぎでも肉離れは多くなっています。

特にふくらはぎの内側に肉離れが起こります。

炎症が治まってからお越し頂ければ、練習復帰を早くするような施術をさせて頂きます。

広島市・呉市・東広島市からも来院の多い鍼灸院

膝から下の痛みは検索するにも苦労する方が多いようです。

脛(すね)の痛み・すねの内側の痛み・アキレス腱・足首の痛み・内くるぶしの痛みなど、どれも施術可能です。

明かな骨折で無い限り、鍼灸の適応疾患となります。

足の甲やすねの痛みなど、明らかな骨の部位の痛みであっても、実は筋肉が引っ張っているものもあります。

病院でレントゲンを撮ってから来院されても問題ありません。

膝から下の筋肉は小さいものが多いので、ちょっとした日常動作でも痛めてしまう事があります。

歩行時や運動時のバランスを取るような筋肉も多いので、痛めてしまうと歩くのも大変になってしまいます。

膝下の痛みは歩行にも関係する

骨折以外であればどれも施術が可能です。

悩んで無いで、行動を起こして下さい

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市・呉市・東広島市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。

膝下の痛みには鍼灸が有効です。皆様のお越しをお待ちしています。

ご予約はこちら

ご予約はお電話とLINEにて承ります。

📞082-555-2099

友だち追加

電話でのご予約は朝8時から夜7時まで。LINEは24時間受け付けています。

LINEからの予約方法については下記をご参照下さい。

住所:広島県安芸郡海田町南本町6-3 コーポタカヤマ101

駐車場:2台(1番・2番)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事