椎間板ヘルニアと坐骨神経痛

10代から20代の若者に起こりやすい腰痛の代表が腰椎椎間板ヘルニアです。
男性に多い症状ですが、運動をする女性にも時々見られます。

腰椎椎間板ヘルニアとは、椎骨と椎骨の間でクッションの役割を果たしている椎間板と言う軟骨が変性し、組織の一部が飛び出した状態の事です(ヘルニア=何かが飛びだすこと)。

飛び出した椎間板の一部が付近を通る神経を圧迫し、腰や足に痛みやしびれなどの症状を起こします。足やお尻にまで痛みや痺れが出るものを坐骨神経痛と呼びます。年齢を重ねてからの坐骨神経痛はお尻の梨状筋が関係したものが多いのですが、若者の坐骨神経痛は腰椎椎間板ヘルニアが関係したものが多いのです。

ゆうこん堂では部活動を行う中学生・高校生が多い関係上、腰椎椎間板ヘルニアの疾患が大変多くなっています。腰は身体の要(かなめ)なので、腰痛になると思うような身体の動きが出来ません。早めにお越し頂くようお願いします。

スポーツ障害はこちら

私自身が高校生の時に腰椎椎間板ヘルニアで大変苦労したので、思い入れのある疾患です。

 

椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症

椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症は同じような症状を引き起こします。
椎間板ヘルニアから脊柱管狭窄症に移行する方も多く、腰痛の代表格とされます。

坐骨神経痛症状を引き起こす両者ですが、椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症もどちらも鍼灸施術の対象となります。
椎間板ヘルニアが若者に多いのに対して、脊柱管狭窄症は50代以降に現れる疾患となります。

どちらも足先までのしびれが出る事が多いのですが、腰は楽になっても足先のしびれだけはしつこく残る方もいらっしゃいます。
足先までの痺れのある方は鍼灸院に来院されることをお勧めします。

自分自身の腰椎椎間板ヘルニアと闘って

私自身が高校生の時に、腰椎椎間板ヘルニアで泣かされました。

空手道部に入部していたのですが、3年生の時には手術をするかどうか悩むほど痛みとしびれに悩まされました。症状が出る日もあれば全く問題無い事もあり、症状が一定化しません。

調子が悪い時には基本練習さえ出来ず、自分に不甲斐無さを感じたものです。

結局手術はしない事を選択したのですが、大人になってからも腰椎椎間板ヘルニアの後遺症とは長い付き合いで、発熱しても腰が痛い。季節の変わり目になると腰が痛いと何十年も腰痛と付き合う事となりました。

椎間板ヘルニア

同じく高校生の時に椎間板ヘルニアを患った友人が何人か居ましたが、手術をしても再発を繰り返し、結局競技生活を諦める友人も居ました。あの当時に鍼灸を知っていたら、人生が変わったように思います。

鍼灸師になってからは腰が痛くなったら自分に鍼を打って自己鍼治療をしたものです。自分自身に鍼を打つようになって分かったのですが、腰にだけ鍼を打っても症状は改善しません。腰とお尻はセットです。

椎間板ヘルニアはインナーマッスルが大きく関係しています。お尻の奥にある筋肉を緩める事が大事なのです。

鍼と腰痛はかなり相性が良いですよ。身体の芯部にある筋肉(インナーマッスル)にまで届く鍼は腰椎椎間板ヘルニアだけでなく、多くの腰痛に効果があります。

痛みや痺れを感じたら【ゆうこん堂鍼灸院】へ足をお運び下さい。

 

腰椎椎間板ヘルニアに対する鍼灸施術

椎間板ヘルニアは鼠径部でも起こる広く知られた疾患です。発症は10代から40代までが多く、若い方が多く発症します。

椎間板ヘルニアの厄介なところは、座っていても痛みが出るし、寝ていても痛みで目が覚める事もあるのです。また、足に向けてのしびれもあり坐骨神経痛を起こすのも問題です。

腰やお尻の痛みやハムストから脹脛(ふくらはぎ)にかけての痺れが出ます。この坐骨神経痛が出ると歩行時にも違和感があります。

10代・20代で運動をしている子たちに「運動をするな」「安静にしろ」と言っても仕方がありません。

当院では練習を続けながら痛みや痺れが出ないように筋肉を緩めていきます。

上述しましたが、椎間板ヘルニアは腰だけを施術しても症状は改善しません。お尻が重要になります。

お尻にある梨状筋腸腰筋(大腰筋 腸骨筋)が重要になります。鍼灸はインナーマッスルへの施術が得意です。

当院では7㎝以上ある鍼を用意しています。アスリートの場合は大殿筋と言う大きな筋肉の奥にインナーマッスルはあるので、ある程度長い鍼で無いと患部に当たらないのです。

 

マッサージでは届かない深層筋にも、鍼であれば表層筋を通り越してアプローチが可能です。椎間板ヘルニアを含め、多くの腰痛症状に鍼灸はお役に立てます。

頸部の椎間板ヘルニアにも鍼灸はお役に立てます。首・肩・腰の痛みには鍼灸院をご利用下さい。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市呉市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。
椎間板ヘルニアは当院をご選択下さい。

椎間板ヘルニア

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事