首の筋肉が問題を起こす頸椎椎間板ヘルニア

パソコン仕事・スポーツ・ストレス・重労働・加齢なので起こるのが頸椎椎間板ヘルニアです。

初期段階では肩こり・首コリの症状だけの事が多いので、頸椎ヘルニアと気付かない方もいます。

首を後ろに曲げる(後屈)する動作で痛みが出るような、頸椎椎間板ヘルニアを疑います。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市・呉市・東広島市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。

首の症状には鍼灸をご選択下さい。

以下に頚椎ヘルニアについて詳しく書いています。ご確認下さい。

頸椎椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアは腰に痛みの出る腰椎椎間板ヘルニアの方が有名です。

しかし、首から腕にかけてのしびれや痛みを伴う頸椎椎間板ヘルニアも存在します。

名前が長いので、頸椎ヘルニアと短縮して呼ぶ場合もあります。

頸椎椎間板ヘルニアとは、椎骨と椎骨の間でクッションの役割を果たしている椎間板と言う軟骨が変性し、組織の一部が飛び出した状態の事です(ヘルニア=何かが飛びだすこと)。

飛び出した椎間板の一部が付近を通る神経を圧迫し、首や腕に痛みやしびれなどの症状を起こします。

肩から二の腕・手先にかけての痛みや痺れが特徴的です。

二の腕から手先へかけての痺れを起こす頸椎ヘルニア

ひどくなると何もしなくても、腕がだるかったり、しびれたりします。

頭痛やめまいを起こしたり、麻痺症状・小さなものが掴めない等日常生活にも影響が出ます。

症状が進行してしまうと重い障害が残ってしまう事もある怖い疾患です。

早めの対処が肝心です。

鍼灸は頸椎ヘルニアの原因となる首から背中にかけての筋肉を緩め、神経の圧迫を緩めることが出来ます。

鎮痛剤や湿布などでは一時的に痛みが引くだけで、根本的な解決にはなりません

早期の鍼灸院への受診をお願いします。

首への負担が頸椎ヘルニアを招く

頚椎ヘルニアが起こる原因としては、首への無理な負担があります。

パソコン仕事によるデスクワークが多い現代人は、常にモニターを見続ける姿勢を維持しています。

仕事に集中するとどうしても背中が丸まり、顔を前に突き出すような姿勢になってしまいます。

顎が前に突き出るような格好になると、首が後ろに反り首の筋肉に負担が掛かります。

それを長時間続けていると、首や肩の血流が悪くなり肩こり首こりの原因となってしまうのです。

スマホを見る時にも同様に首肩の筋肉に負担を掛け、血流の悪い状態になってしまいます。

パソコン仕事をする時には意識して背筋を伸ばし、アゴを引くように心掛けましょう。

長時間同じ姿勢でいると、どうしても頸椎に負担が掛かります。

猫背などの不良姿勢が頚椎ヘルニアを招く

出来れば30分に一度、無理なら1時間に一度は立ち上がり、トイレに行くなど休憩をはさみましょう。

頚椎ヘルニアは首の筋肉にストレスがかかり続ける事が原因と覚えておきましょう。

この他にも過度なストレス・激しいスポーツ・重労働などが頚椎ヘルニアの原因となります。

それに加齢的な要因が加わると頸椎ヘルニアのリスクが高まります。

通常は30代以降に起こるものですが、激しいスポーツを行う選手などには10代から痛みを感じるお子さんもいます。

頚椎ヘルニアを起こしやすいスポーツ

首の筋肉を酷使するスポーツでも頚椎ヘルニアになりやすいので注意が必要です。

水泳のクロールでは息継ぎなどは息継ぎのたびに首を捻るので、頸椎に負担を掛けます。

自転車競技でも極端な前傾姿勢になる事があり、首への負担はかなり強くなります。

他にもマラソン・格闘技・筋力トレーニング・ヨガなど頚椎ヘルニアを引き起こしやすいスポーツは沢山あります。

常に首に負担が掛かるスポーツでも頚椎ヘルニアは起こる

頸部は可動域が広いだけに首へのストレスは大きく、強い負荷が掛かると頸椎椎間板ヘルニアの原因となってしまいます。

首を後ろに傾けた(後屈)際にピリッとした電撃痛が走るような感覚が出た場合には、即時運動を中止して下さい。

スポーツを行う方には10代・20代でも起こり得る疾患です。

常に首に負担を掛けるような競技を行っている子供たちには注意が必要です。

頚椎ヘルニアへの鍼灸施術方法

 主な施術場所は首になります。

首の表層にある僧帽筋・肩甲挙筋・胸鎖乳突筋などに針治療をして行きます。

加えて、首の奥にある深層筋(インナーマッスル)も緩めて行きます。

インナーマッスルは身体の奥にあり、マッサージなどでは手が届きません

針治療はインナーマッスルに直接刺激が出来るので、頸椎ヘルニアに対しても効果を発揮します。

インナーマッスルまで届く針治療

合わせて肩・背中・前腕部などにも施術を行っていきます。

頚椎ヘルニアは背中が丸まったり顎が突き出た状態を継続する事で起こります。

猫背や巻き肩などの不良姿勢を起こしている方が多いので、そちらに対しても施術を行います。

鍼灸は姿勢改善に対しても効果を発揮します。

頚椎ヘルニアは早い人だと20代でも起こります。

激しい練習をされる方は首の痛みに注意して下さい。

広島市・呉市・東広島市からも来院の多い鍼灸院

頚椎ヘルニアは初期段階では肩こり・首の痛み・後頭部の傷みなど、首を回すと痛みが強くなります。

頸椎は神経の通り道である為、首以外の部位でも症状が出てきます。

前腕や指の痛みや痺れ・手足の感覚が不明瞭になるなどの症状もあります。

加齢に伴って症状が出てくるとされていますが、スポーツを行う若者にも発症します。

若いからと言って安心できないのが頸椎椎間板ヘルニアです。

加齢・スポーツ・パソコン仕事・重労働・ストレスで起こる頚椎ヘルニア

猫背やストレートネックなどの不良姿勢・水泳や自転車競技などのスポーツ・過度なストレスや重労働でも起こり得ます。

それに加齢的な要因が加わって症状を引き起こします。

初期段階では肩こり・首こりしか感じない事も多く、ただの肩こりだと間違った解釈をしてしまう事もあります。

首を後ろに反らす(後屈)動作で痛みが出る場合には早めの受診をお願いします。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市・呉市・東広島市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。

頚椎椎間板ヘルニアの場合には当院へお越し下さい。

ご予約はこちら

ご予約はお電話とLINEにて承ります。

📞082-555-2099

友だち追加

電話でのご予約は朝8時から夜7時まで。LINEは24時間受け付けています。

LINEからの予約方法については下記をご参照下さい。

住所:広島県安芸郡海田町南本町6-3 コーポタカヤマ101

駐車場:2台(1番・2番)

あなたはその治療に満足していますか?

マッサージ整体により一時的に痛みは治まったけど、施術後はすぐに元に戻ってしまった経験はありませんか

当院は電気治療器もマッサージも一切行いません

鍼灸専門だからこそ、出来る治療方法があります。

鍼灸は血流を改善し、健康な身体を取り戻します。

毛細血管の隅々にまで血液を行き渡らせ、酸素と栄養素に富んだ身体に蘇らせます。

その痛み痺れには鍼灸が有効です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事