巻き肩は現代病

パソコン・スマホが手放せない現代人にとって、巻き肩は現代病と言っても良いでしょう。

巻き肩と猫背の違いが分からない方も多いのでは。
猫背は背中から骨盤にかけてのアーチが崩れたものです。多くは背中にある脊柱起立筋や骨盤の奥のインナーマッスルである腸腰筋を緩める事で改善します。

それに対して、巻き肩は左右の肩が内側へ入り込んでしまった状態の事です。
肩が胸の方に丸まってしまっています。
肩甲骨にあるローテーターカフ(回旋筋腱板)が関係しています。

しかしながら猫背と巻き肩は大きく関係しており、長時間の座り姿勢の悪さから来る為、猫背であり巻き肩でもある方が多くなっています。

スマホ・ゲーム・デスクワークとどれも現代人にとっては切り離せないものです。
座り姿勢の改善が求められるのですが、どうしても一番自分にとって座りやすい姿勢を取ってしまうので、個人で改善するのは難しいのです。

まずは固くなっている筋肉を緩めてあげて、引っ張り感を改善する事から始めます。

座り姿勢が改善されれば猫背O脚などの問題解決にも繋がって行きますし、肩こりや首の痛み・頭痛・腰痛も改善されてきます。

何より、綺麗な姿勢を取り戻すことが出来るので、早期に改善しておきたいものです。

鍼灸はそんな不良姿勢である巻き肩の改善にもお役に立てます。

部分治療は行いません、必ず全身のケアを行います

巻き肩の施術方法に関しては後で書いていきますが、基本的には鎖骨の下にある肩甲下筋や小胸筋に対しての施術を行います。
しかし、ここで大事なのは部分治療で良いのかと言う議論です。

確かに巻き肩には鎖骨の下の筋肉を緩める事が大事なのだけど、巻き肩になっている方は不良姿勢から猫背になる方も多くいらっしゃいます。
当然、肩こりや首こり・頭痛・背中の痛み・腰痛もあります。

多くの治療院では作業効率を上げようと、部分治療を行っています。痛みのある個所だけ・問題点だけを施術する場合、それは部分治療です。
ゆうこん堂では部分治療を行っていません。痛みのある個所だけ施術するのでは問題解決にならないと信じているからです。

その為、当院では「巻き肩」は症状の一つととらえ、全身施術の一環として行わせて頂きます。
施術個所が増えても料金は変わりません。身体全体を診ながら施術を行って行きます。

巻き肩に対する鍼灸施術

巻き肩は左右の肩が内側、つまり胸の方に引っ張られた不自然な姿勢です。
猫背の方は背骨が丸まっていると表現されますが、巻き肩は肩が丸まっている状態と言えます。

長時間の不良姿勢から筋肉が固く縮こまった状態です。
それらの固くなった筋肉を緩める事から施術を始めます。

肩関節を内旋(腕を内向きにひねる)する筋肉に対してまずは施術を行います。
鎖骨直下にある肩甲下筋や腕立て伏せをする時に使う大胸筋などです。

鍼灸は大胸筋のような身体の表面にある筋肉にもお役に立てますが、他の手技と違い、インナーマッスルにまで直接刺激が出来るのが特徴です。

肩甲下筋小胸筋は身体の奥にあるインナーマッスル(深層筋)となります。そんな身体の奥にある筋肉にも直接針治療は届くので、効き目が違うのです。

小胸筋の張りは胸郭出口症候群などの疾患も起こしてしまう事があります。症状をお聞きしながら、インナーマッスルに対する施術も行って行きます。

固くなっている筋肉に鍼が入ると身体の奥の方で指圧をされているような感覚があります。
それが筋肉が緩んでいく証拠です。当日は身体が重いような感覚が残りますが、翌日にはスッキリするのでご安心下さい。

そして上述しましたが、ゆうこん堂では部分治療は行っていません。巻き肩の場合は首・肩・肩甲骨・背中・腰と広範囲に痛みが広がっている事が多いものです。
それらの部位に対しても施術を行って行きます。

巻き肩にも鍼灸を

不良姿勢は整体院で骨格矯正をしてもらわないと治らないものと思っていませんか。
骨格矯正の仕組みは鍼灸師である私には詳しく説明する事は出来ませんが、不良姿勢の原因が筋肉にあると理解して頂ければ、一般の方にも納得できるのでは。

巻き肩は肩が内側に入って丸まった状態です。
その不良姿勢は筋肉が作っています。

肩を内旋(内側にひねる)筋肉が引っ張っているから不自然な姿勢となるのです。
猫背反り腰O脚X脚も固くなった筋肉が引っ張っている不良姿勢として説明が出来ます。

鍼灸は筋肉を緩め、血流改善する事に長けています。
あなたの不調を解消する為に、鍼灸施術を受けてみませんか。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市・呉市・東広島市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。
不良姿勢には鍼灸がお役に立てます。あなたのお越しをお待ちしています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事