follow us in feedly

バドミントン選手の肘痛への鍼灸

アスリートの多い【ゆうこん堂】ですが、バドミントン愛好家もかなり来院が多いです。

多くが前腕部・三角筋・肩甲骨回り・腰痛などで来院されます。

バドミントン選手は腰を捻る動作が多く腰痛が最も多いですが、上腕骨外側上顆炎(テニス肘)の方も多く来院されます。

 

 

バドミントン

 

前腕部をこねくり回してラケット振る人がよくこの症状になります。

前腕部(肘から手首にかけて)の筋肉を一通り見て、鍼を刺して行きます。

私も子供たちがバドミントンのクラブに入っているのでバドミントンの練習によく付き合います。

インパクトの瞬間に前腕部を回内(親指を内側に捻る)させて力を伝えなくてはならないので、どうしても身体に無理な負荷が掛かりますね。見た目よりも遥かにハードなスポーツです。

痛みがあるのは肘頭に近い部位なので、痛みが出る個所に鍼灸施術をしてくれと頼まれるのですが、そこは施術部位じゃありません。

前腕部の伸筋群(手首を甲側に返す筋肉)が上腕骨外側上顆(肘頭の外側)に付着しているものが多く、筋肉が弱って固く縮むと付着部である肘頭の外側に痛みが出るのです。

なので肘頭に幾ら鍼(はり)をしても自分で揉んでも問題は解決しません。

前腕部の固くなっている筋肉を見つけ、そこを緩めてあげれば引っ張りは解消されるので痛みは徐々に改善されます。

触診(触って確かめる)と簡単なテストをしながら問題の部位を探って行きますので、ご安心を。

運動鍼も取り入れています

肝心の部分には鍼を刺したままにして、痛む動作をしてもらう「運動鍼」を使います。

何度か鍼を刺したまま動かしてもらい、鍼を抜いてもう一度同じ動作をして貰います。

重たさは残りますが、痛みは軽減もしくは消失します。

先ほどまであった痛みが痛む動作をしても痛みが無くなると、アレッ、アレっと言いながら皆さん何度も動作確認をして驚いています。

鍼灸って一般の方にまだまだ受け入れられてないですが、効果高いのですよ。

 

%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%88%e3%83%ab

当院は全身施術が基本、部分施術は行いません

当院は痛みのある個所だけ施術をする部分施術は一切行っていません。

一つの痛みがあるとそれをかばって別の筋肉に負担をかけます。

膝痛から腰痛を引き起こすことは多いですし、前腕の痛みが肩や肩甲骨周りの痛みを誘発することもあります。

今は一番痛み箇所のみしか気になりませんが、現在も2番目3番目に悪い個所が着々と育っています。

そこを狙い撃ちにするのも私の役目です。

全身施術は効果が高いのですが時間が掛かります。

それを30分~40分で収めるのはそれなりの技術が必要なのですよ。

肩痛・肘痛・腰痛のみならず、お悩みの症状がありましたら施術時間中でもどんどん仰ってください。

バドミントンに限らず、当院はスポーツを愛好する選手を応援しています。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事