広島の不妊治療助成金

◎広島の不妊治療助成金について 

当院は鍼灸専門治療院です。お客様の7割以上は女性で(2012年調査)、その中には不妊鍼灸で通われる方々がたくさんいらっしゃいます。

ステップはタイミングから体外受精・顕微授精など幅広く、鍼灸はどの段階からでもはじめることができます。ここではよくご質問いただく「広島県の不妊治療助成金」について各自治体のHPをリンクしました。

ぜひステップアップの参考にされてみてください。 また、特定不妊治療(体外受精や顕微授精)だけでなく、不妊検査や一般不妊治療(タイミング法や人工授精など)にも助成をしている自治体もあります。

 

!!平成28年4月1日に制度が改正されています!!

不妊治療への助成対象範囲、助成回数が見直され、初めて助成を受ける際の妻の年齢が40歳以上の方には厳しい設定となりました。

助成対象の年齢制限なし⇒43歳未満に変更。

助成回数⇒40歳以上43歳未満の方の助成回数は通算3回まで、40歳未満は通算6回まで。

 

逆に40歳未満の方々には嬉しいお知らせです。

平成28年4月1日以降に初めて助成申請を受ける方は、初回に限り上限を30万円まで引き上げ。(従来は15万円まで) また、男性不妊治療の助成も少し前に始まっているようです。

広島県内の助成事業についてリンクを一覧にしています。詳しい内容は対象となる自治体の●または★マークをクリックしHPをご覧ください。

自治体/助成金の種類特定不妊治療一般不妊治療不妊検査
◎広島市にお住まいの方  
◎福山市にお住まいの方 
◎上記以外の広島県にお住まいの方 
★県の助成金に加えて補助金を出している自治体↓     
海田町
坂町  
三次市  
庄原市  
安芸高田市  
安芸太田町  

 

対象となる方の条件(所得制限や指定医療機関であることなど)や申請できる治療の範囲、助成対象となる費用などの規定があります。 必ずご自身の属する自治体で内容を確認して下さい。

(注:不妊検査費助成金は広島市、福山市在住の方も対象です。)

また、★については上記以外にも実施されている自治体があるかもしれません。

お住まいの役所などに一度聞いてみるのもよいかもしれませんね。