follow us in feedly

30代・40代でも妊活は間に合うの?

妊活をするのに年齢を気にされる方は多くいらっしゃいます。
病院では30代・40代の方も多くいらっしゃいますが、鍼灸院ではどうでしょうか?

実は20代で妊活しようと鍼灸院に通う方はほぼ皆無と言って良いのではないでしょうか。
私は10年以上不妊鍼灸に携わっていますが、20代の施術をしたのは5人も居ないです。

要因として晩婚化が進み、20代での結婚率が下がっているのが1つ。
もう一つは病院などで人工授精・体外受精・顕微授精を繰り返したのに赤ちゃんを授からなかった方が、最後の砦として鍼灸院にお越しになる場合が多いからです。
なので妊活を始めて何年もしてから鍼灸院にたどり着く方が多く、30代半ば頃から来院される方が多いのです。

そこから45歳ぐらいまでの方が多く来院されています。
なので30代・40代であっても妊活にいらっしゃる方は沢山いらっしゃいます。
30代後半になると、「こんな年齢になって不妊治療するのが恥ずかしい」と言うような発言をされる方もいるのですが、そんな事はありません。

子供が欲しいと言う欲求は大切な事ですし、大事にしたい気持ちです。
年齢を心配する30代後半から40代の方も沢山来院して頂いています。早い方が良いに決まっていますので、思い立ったら鍼灸院へ足をお運び下さい。

基本的には年齢を重ねる毎に難しくなる妊活

その方の生活習慣にもよりますが、年齢を重ねる毎に難しさが増す妊活

単純に卵が年を取ってしまうので仕方がない事です。なるべく早い内に来院して頂きたいと思っています。

年齢を重ねる毎に身体は思っている以上にダメージを受けています。特に運動量の少ない方・食事に気を使っていない方・ストレスの多い方のダメージは大きいのです。

それを5回・10回の施術で綺麗に取り除こうとしても、中々思うように行きません。

最低3か月とは言っていますが、中には半年・1年と時間が掛かる場合もあります。

思い当たる所も多いと思いますので、二人三脚でやっていければと思います。

思い悩む前に、まずは来院してみてはどうでしょうか。結果を先延ばしにしても、何も良い事はありませんよ。

30代後半・40代にこそ鍼灸を

施術を重ねていると、30代後半からの女性は思った以上にダメージを抱えています。肩こり・腰痛・頭痛は不妊とは無関係だと思っていませんか。

凝りが強い部分は毛細血管が詰まって血流の悪い場所です。身体には全身くまなく血管が通っていますが、そのほとんどが毛細血管です。

毛細血管は髪の毛よりも細い事もあり、コリのある部分がすぐに分断されてしまいます。そうした流れの悪い身体では思うような結果も出ないのです。
全身の血流の流れを良くすることで、酸素と栄養素に富んだ血液を運ぶ必要があります。
そうしたお手伝いが鍼灸は得意なのです。健康な身体作りのお手伝いをさせて頂きます。

また、ストレスも大きな要因の一つです。仕事でストレスが溜まっている・子宝に恵まれないと悩んでいる・不育症で毎日ふさぎ込んでいる・夫が理解してくれない・2人目不妊でクリニックに行きにくいなど、皆さんストレスを多く抱えています。

ストレスは血管を縮め、血流の悪い身体にしています。悩むこと自体が妊活にとってマイナスでしかないのです。スマホを見て自分と同じような症状の人を探していませんか。ネットには良い事はほとんど書いてませんよ。失敗例を読んで自分と重ね合わせていてもメリットは一つもありません。

30代に入ったら切り替えが大事です。前回無理だったから今回も無理。なんてマイナスイメージでいたら前には進めません。大きく前に一歩踏み出すためにも、頭の中を切り替えてプラスイメージで行きましょう。
そんな心の問題も当院では対応させて頂きます。前向きな気持ち程ストレスを和らげるものはありません。
ストレスを溜めない毎日を過ごしていきましょう。

30代後半・40代だからと諦める事はありません。一緒に健康な身体作りをして行きましょう!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事