follow us in feedly

妊娠中であって鍼灸は施術可能

鍼灸は妊娠中のママさんにもお役に立てます。

逆子や安産のお灸で来院される方は勿論多くいらっしゃって、そういう方には逆子のお灸と一緒に針で肩こりや腰痛なども施術します。そうした方が改善率が上がるのですよ。血流の良い身体にすると逆子ちゃんも喜ぶのです。

妊娠中はお腹が出っ張って腰痛になりますし、坐骨神経痛を引き起こたりもします。

そうしたケアにも鍼灸はお役に立てます。妊娠中は薬も飲めないので、体のケアは当院にお任せ下さい。

妊娠中の坐骨神経痛は鍼灸が効く

妊娠中の坐骨神経痛は本当に辛いのですよ。湿布(非ステロイド系消炎鎮痛剤)を貼ると赤ちゃんに血液を送っている動脈が狭くなってしまう可能性があり、危険です。

お医者さんに処方された湿布を利用するか、湿布は避けた方が良いかもしれません。

妊娠中は腰を前に押し出した不自然な格好でいる為に、腰から出る神経が圧迫されて坐骨神経痛を引き起こします。

当院ではお尻にある梨状筋を狙って鍼を入れて行きます。お腹が出っ張っていても大丈夫、横向きになってもらって鍼を入れて行きます。

梨状筋に当たるとズシンと思い響きがありますが、痛みは引いていきます。

併せて腰痛の施術も行います。鍼灸と妊婦さんは相性が良いのです。

 

肩こりや頭痛を発症する方も多く、妊娠中に来院される女性は多いのです。

つわりでお困りの場合にも対応可能です。

妊娠中は施術を受けられない治療院もあると聞きますが、鍼灸は問題ありません。むしろウェルカムです。

お腹には鍼もお灸もしませんので、安心してご来院下さい。

出産されてからが本番ですので、今の内に身体を整えておきませんか。

出産後のママさんに対する鍼灸

出産後こそ鍼灸の出番です。

出産後は骨盤矯正をしなければと整体院に通う方が多いようですが、勿論鍼灸もお役に立てます。

鍼灸院は整体院のようにボキボキと骨盤を正しい位置に戻すような施術は行いません。

骨盤周りの筋肉の張りを取る事によって、優しく骨盤を元の状態に戻して差し上げます。

出産後のお母さんの身体はもうボロボロです。赤ちゃんを抱っこしたり授乳したりで身体は悲鳴を上げています。

腱鞘炎を経験するお母さんは多いでしょう。抱っこ疲れで首コリ・肩こり・腰痛と全身の筋肉が悲鳴を上げています。

そんな時こそ当院へ。託児付きなので赤ちゃんを遊ばせている間に施術が可能。腱鞘炎も勿論施術対象です。

託児を利用されるお母さんは多いですよ。赤ちゃんを置いていけない、だけどこのままでは私が倒れちゃう。

と思っているママさん、当院は部分治療は行っていません。全身の痛みを当院で解消しませんか?

「産後の肥立ち」と言う言葉を聞いたことがありませんか。産後に無理をすると更年期になって更年期障害に苦しめられるとも言います。

出産は身体へのダメージも大きいので、早い内にケアをしておいた方が良いですよ。

帝王切開後の傷跡の痛みにも鍼灸を

帝王切開をする方に相談されることが多いのが、帝王切開後の傷跡の痛みひきつれです。

これが結構痛いらしく、相談を受ける事が多いのです。

帝王切開後に傷口を縫合してあるのですが、お腹の肉を引っ張るように縫ってあるので癒着が起きたり痛みが出たりするのです。

こんな切開後の傷口についても鍼灸は施術可能です。

傷口の周りを軽く押してみて下さい。他の部位よりも固くなっているように思いませんか?

引っ張られている皮膚や筋肉を針で緩めてあげると症状が楽になりますよ。

あくまでも身体のケアの副産物ですが、鍼灸はお役に立てます。

生活の中に鍼灸を取り入れて行きましょう♪

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事