深層外旋六筋、股関節の痛み

下半身の力を上半身に伝える深層外旋六筋

スポーツをしていると股関節の使い方が大事だと教わることが多いと思います。

下半身で生まれた力を上手に上半身に伝える為には、股関節にある筋肉の働きが大事になります。

野球のバッティングやピッチング動作・ゴルフ、テニス、バドミントンや卓球などのスイング動作 ・サッカー、フットサルなどの足を大きく上げて蹴る動作やターン動作・格闘技の突きや蹴りなど多岐に渡ります。

下半身で生まれた力を、上手に上半身に伝えるのに重要な役割を果たすのが、股関節の裏側にある深層外旋六筋と呼ばれるインナーマッスルです。

深層外旋六筋

深層外旋六筋は深層インナーマッスル)・外旋(つま先を外側に開く動作)・六筋(6つの筋肉から構成される)と言う意味です。

普段見落とされがちな小さな筋肉の集まりですが、股関節を安定させ、骨盤を回旋させる時に大きな力を発揮します。

この六筋が上手に使えていれば下半身の力が上手に上半身へと伝えられるため、大きな力を発揮します。

鍼灸はインナーマッスルまで直接届く為、深層筋の施術に大きな力を発揮します。

股関節の裏側(後方)痛みと上述しましたが、深層外旋六筋はお尻に付く筋肉の為、お尻への針治療が中心となります。

女性だとちょっと恥ずかしく感じてしまうかもしれませんが、下記を読んで必要性を感じて貰えれば、来院をお待ちしています。

深層外旋六筋はお尻にある

深層外旋六筋は梨状筋(りじょうきん)、上双子筋(じょうそうしきん)、下双子筋(かそうしきん)、大腿方形筋(だいたいほうけいきん)、内閉鎖筋(ないへいさきん)、外閉鎖筋(がいへいさきん)の6つの筋肉の総称です。

股関節の後ろ側にあり、外旋動作の時に使われたり、立って足を踏ん張るような時に大腿骨と骨盤を安定させる働きがあり、上半身への衝撃を緩和してくれる役割もある筋肉群です。

股関節の後ろ側に痛みを感じますが、深層外旋六筋はどれもお尻に付く筋肉です。

深層外旋六筋はお尻の筋肉

股関節に近い部分にある小さな筋肉なので、股関節の痛みとしてとらえる方が多いのです。

小さな筋肉ですが、下半身と上半身を繋ぐ、大事な筋肉となります。

ここで問題なのは、お尻の筋肉である事。施術は当然お尻の部位に行います。

男性は問題ありません、パンツをひん剥いて針治療を行います。

女性の場合には、短パンに履き替えて頂き、施術を行う事になります。

男性鍼灸師と一対一で不安な場合には、嫁さんの滞在日を確認してお越し下さい。

同じアパートの2階が自宅になりますので、何かありましたら大声で叫んで下さい。

私が突然豹変した例は、これまでに報告されていません

イレギュラー時には、大声で叫ぶことを推奨しています。

坐骨神経痛は梨状筋が関係するものが多い

坐骨神経痛は老若男女を問わず、どなたでも起こり得ます。

その坐骨神経痛症状が出るものに、深層外旋六筋の一つである梨状筋が関係するものがあります。

梨状筋症候群と呼ばれ、腰から出る神経を梨状筋が圧迫して起こります。

この梨状筋症候群も鍼灸の適応疾患の一つです。

深層外旋六筋の一つである梨状筋

梨状筋も深層筋(インナーマッスル)の一つとなります。

インナーマッスルへの施術は鍼灸が得意とする所です。

坐骨神経痛症状が出ている場合には、インナーマッスルを直接刺激できる、鍼灸が有効です。

身体の奥の方が痛いと感じたら、鍼灸をご選択ください。

運動時には大きな力を発揮する深層外旋六筋

深層外旋六筋は普段の生活には大きく関与しません。

しかし、深層外旋六筋は運動時には大きな力を発揮します。

股関節は骨盤と大腿骨(太ももの骨)から成り、骨盤に大腿骨がはまり込む構造になっています。

深層外旋六筋は股関節を後ろから安定させる重要な役割があります。

股関節は人間の身体の中でも大きな可動域を有する関節で、スムーズに動かすには正しい位置で安定している必要があります。

その為、前面には腸腰筋・外側には中殿筋・小殿筋・後方から深層外旋六筋が股関節の安定を担っているのです。

股関節を安定させる筋肉の状態が悪くなると、身体のバランスが崩れてしまい、思うような働きが出来ません。

そうなると、腰痛・膝関節痛・股関節痛を引き起こす事になる為、早めの対処が必要です。

股関節を安定させる深層外旋六筋

深層外旋六筋は足が固定されているようなとき(床に立っているときなど)は、骨盤を回旋する運動で主な力を発揮します。

野球のバッティングやピッチング動作・ゴルフ、テニス、バドミントンや卓球などのスイング動作 ・サッカー、フットサルなどの足を大きく上げて蹴る動作やターン動作・格闘技の突きや蹴りなどです。

下半身で生まれた力を上半身に伝える為に重要な筋肉の為、スポーツを行うアスリートにとっては大事にしなくてはならない筋肉です。

外旋六筋は下半身を安定しつつ、骨盤を回転させる動きに対して大きく関わります。

鍼灸はインナーマッスルまで直接針が届く為、深層筋の施術に長けています。

股関節後方に痛みを感じたら、鍼灸をご選択下さい。

広島市・呉市・東広島市からも来院の多い鍼灸院

今回は股関節の裏側にある深層外旋六筋についてでしたが、太ももの裏側にあるハムストリングスの痛みにも対応しています。

股関節の痛みは自分でもどこが悪いのか、分かりにくいですよね。

どこが痛いのか自分でもハッキリとしないのだけど、股関節の後ろ側に痛みがある。そんな場合にもお役に立てます。

深層外旋六筋はインナーマッスルである為、どこが痛いのかハッキリしません

そんな痛みでも、触診問診を行いながら悪い個所を探して施術が可能です。

【ゆうこん堂鍼灸院】は広島市・呉市・東広島市からも来院の多い安芸郡海田町の鍼灸院です。

股関節の後ろ側に痛みの出る場合には当院がお役に立てます。

ご予約はこちら

ご予約はお電話とLINEにて承ります。

📞082-555-2099

友だち追加

電話でのご予約は朝8時から夜7時まで。LINEは24時間受け付けています。

LINEからの予約方法については下記をご参照下さい。

住所:広島県安芸郡海田町南本町6-3 コーポタカヤマ101

駐車場:2台(1番・2番)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事