follow us in feedly

鍼灸の良さを知って貰いたい

【ゆうこん堂】では初診に限り初診料を1000円頂いています。

その1000円は「どうして鍼灸をすると身体が良くなるのか」

を説明する説明料だとお考え下さい。

「鍼(はり)を刺す」 

「お灸をすえる」

って言葉、聞いただけでも怖くなります。

そんな気持ちが痛いほど分かるから、なるべく事前にどんな事をやるのかしっかりとお話しますし、希望があれば使用する鍼をお見せしたりもします。

鍼をすると体がどう変化するのか、自分の体調が良くなっていくのは何故かを理解してから施術に臨んで貰いたいのです。

rp_a856360b2d7f615ace14dc14de8b9935-300x225.jpg

 

鍼を打たれる方も緊張するのでしょうが、緊張を解きほぐしながら鍼を打つ私も気疲れしてしまいます。

しかし初回が一番大事なのです。説明は欠かす事が出来ません。

鍼灸は即効性もあり、その場で痛みを取り除く事も可能です。時間を頂ければ冷え性不定愁訴にも対応できる凄い奴です。

鍼灸の強みは施術をしてみて分かっていますし、自分自身が走ったり腰を痛めたりした後に自己鍼灸治療を行って、良くなることを実感しております。

それだけ凄い武器を持ちながらも初めて鍼灸を体験する方に気に入って頂けない時には、正直かなりヘコみます。

それは鍼灸が受け入れられなかったというよりも、私自身の技術や対応能力に問題があったのだろうなと言う反省です。

鍼灸は確かに凄い。けれどもその武器を使いこなせなければ何の意味もありません。

しっかりと使いこなせて鍼灸の良さをもっと認知出来る様、もっともっと私の腕も上げていかねばなりませんね。

鍼の太さも長さも沢山用意しています

病院で使う注射針にも太さが複数あるのをご存知ですか?

注射針は用途によって太さの違う針を使い分けています。

それと同様に鍼灸院の鍼の太さも10種類以上の太さの違いがあります。

当院では用途に合わせて常時10種類程度の鍼を用意しています。

本来は症状によって使い分けるものなのですが、鍼の苦手な方や初診の方には少し細い鍼を使用しています。

施術の途中からでも鍼の変更は可能なので、ご相談下さい。

その方に適した鍼があります。我慢しなければ改善しないと思わなくて良いですよ。

症状やその方の様子を見ながら鍼の太さは変更させて頂いています。

基本的には女性よりも男性の方が鍼を怖がる傾向にあります。加えて、体の大きな男性ほどビビりな事が多いと感じています。身体の大きな男性は最初から少し刺激を弱くさせて頂きますね。

身体の奥にまで手の届く手技は中々無いので、鍼灸はその点が優れています。是非一度経験して見て下さいませ♪

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事