夫婦で営む

逆子に強い

逆子・安産のお灸

骨盤位と言われると馴染みが無いけども、逆子と言えばすぐにピンときます。

逆子と言えば、「逆子の灸」と言われるくらい、お灸は「逆子」に効きます。

逆子は早ければ早いほど、治りやすいものですが、皆さん逆子体操をやっていれば大丈夫だと思うようです。

32週を過ぎた当たりから、段々と怖くなって情報収集し、悩んだ末に来院されます。

赤ちゃんが大きくなって来るとお腹の中で回りにくくなって治らなくなってしまうので、早めの来院をお願いします。

早ければ早いほど治りやすいのですが、34週・35週を過ぎても諦める必要はありません。詰めて来院して頂くようになりますが、試してみる価値はあります。

逆子のお灸と言えば、足首の内側にある三陰交と足の小指の横にある至陰のツボが代表的です。

当院では鍼とお灸の併用により、逆子が治る確率を上げています。

※お腹に鍼やお灸をする事は一切ありませんので、ご安心下さい。

 


実際に逆子のまま出産に至る確率は5%程度と言われています。

早い段階で逆子と分かっていても、産院では「大丈夫、自然に戻るよ」と言われた方も多いはずです。

確かに28週前後の赤ちゃんはまだよく動くので、逆子はかなりの確率で元に戻ります。

しかし、30週を過ぎてくると赤ちゃんもだんだんと大きくなり、動きにくくなってくるのです。

35週を過ぎると治る確率は低くなります。早期に決断して来院して下さい。


 

一般的には28~32週に鍼灸治療を行うと良いとされていますが、できれば28週を過ぎて逆子と診断された場合、出来るだけ早く鍼灸院へ足を運ぶことをオススメします。

32週(9ヶ月)を過ぎてから「治る、治らない」とストレスを溜めるよりも、早めにお灸を行い安心して出産を向かえて欲しいと考えるからです。

また、逆子が直ってからも再び引っくり返らないようにする「固めのお灸」、お産を軽くする「安産のお灸」も行います。

 

受付

治療回数の目安

その方の身体の状態によるので一概には言えません

1回の鍼灸治療にて、その場で赤ちゃんが引っくり返ってくれることもありますが、通常は3~5回くらいが目安になります。

32週までは70%以上の確率で直ります。しかし、32週を超えると数度の鍼灸治療では元に戻らない可能性が出てきます。

33週・34週と時間が経つ毎に治りにくくなりますので、早めのご来院をお待ちしています。

逆子施術方法

鍼とお灸の併用で行って行きます。開業当初はお灸のみで逆子さんと立ち会っていたのですが、針治療を併用する事で改善率を上げました。

ご自宅ではお灸をご自身で行って頂くこともできます。(別途お灸代1000円必要)お灸の場所(ツボ)は当院専用の図解付き説明書をご用意しておりますので、ご安心下さい。

鍼灸施術中

ずっと逆子のままの方よりも、逆子になったり戻ったりする方の方が治りやすいです。横位であっても施術可能。

うつ伏せになったりお腹に鍼を打つような事はありません。安心してご来院下さい。

安産のお灸

逆子のお灸は一般的にも良く知られていますが、安産のお灸もあるのです。

具体的に期待できる効果としては

• 妊娠中の気分の安定、足のむくみなどの緩和、羊水をきれいにする

• 出産時の陣痛促進、分娩時間短縮 

• 出産予定日超過の方へ、陣痛の誘発・促進 など

 

安産のお灸はいつからでも始められます。ご相談ください。

尚、料金については一般と同じ(施術料¥4000+初診料)になります。

リンク

ご予約・お問合せはこちら

帝王切開後の傷跡の引きつれにも針治療を

帝王切開後の傷跡はうずく方も多いようで、時々お問合せ頂きます。

当院は帝王切開後の傷跡の引きつれにも効果を発揮します。

傷跡周辺を触ってみて頂けると、固くなって傷跡を中心に引っ張られるような感覚があると思います。

当院では傷跡周辺に対して針治療を行います。数回の施術でほとんど痛みを感じなくなるでしょう。

当院では部分治療は行っていませんので、首・肩こりや腱鞘炎・腰痛の鍼灸施術も同時に行っていきます。

元気な身体を取り戻す為にも、当院へお越し下さい。

逆子の記事一覧