スポーツ鍼灸|適応症

スポーツに関するこのような症状には鍼灸(針灸)を

ここに表記してある内容は一部分です。

実際にはどこが痛いのかハッキリしないけど痛みがあって練習が出来ない・指先の一部分がずっと痺れているなど正確な診断が出来ないものが数多くあります。お話を伺ってから触診にて確認しながらの施術となります。

 

・腱板炎・野球肩・水泳肩・上腕二頭筋長頭腱炎・肩峰下滑液包炎・インピンジメント症候群
肘・手・上腕骨外側上顆炎・上腕骨内側上顆炎・野球肘・ゴルフ肘・テニス肘・腱鞘炎、・バネ指
腰・股

・梨状筋症候群(坐骨神経痛)

神経痛は年寄りがなるものと思っている方も多いと思いますが、椎間板ヘルニアが関係する坐骨神経痛などは高校生くらいから多くいらっしゃいます。

・腰痛、・ぎっくり腰、・股関節痛

膝周辺

・膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)

ジャンプ競技であるバレーやバスケットボール、陸上競技をしている選手にも多く現れます。大腿四頭筋という太ももの前の筋肉が関係しています。膝のお皿やその下に痛みが出る事が多いのが特徴です。

・腸脛靱帯炎(ランナー膝)

腸脛靭帯という太ももの横を通る長い靱帯が関係しています。ランナー膝という名前の通り、長距離ランナーや山登りをする方にも多く現れます。

・鵞足炎(がそくえん)

ストップ&ゴーの多い競技に多く見られます。サッカーやバスケットボールの選手が多く来院されています。通常膝の内側から後ろにかけて痛みが出ます。

・変形性膝関節症

・靭帯損傷、

・オスグッド・シュラッター病

・ひざの裏の痛み

下腿

・シンスプリント

膝の下に脛骨という骨があり、その内側部分に多く起こります。脛骨過労性骨膜炎とも呼ばれます。運動を始めたばかりの子供達がなる場合が多く、中学生くらいからの子供達がこの症状で多く来院されます。

・疲労骨折

骨折のようにポキッと骨が折れてしまうのでは無く、小さな衝撃を繰り返し受けるうちに、骨が金属疲労を起こしたものです。安静が第一の治療です。

・コンパートメント症候群

・アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎

・肉離れ

足部・足底・足底筋膜炎(足底腱膜炎)、・モートン病、・腓骨筋炎 
その他・熱中症アイシング

スポーツ障害のブログ記事はこちら

 

 

◎診断名の付かない痛みこそ鍼灸を

 

・痛みはあるのに病院に行っても問題無いと言われる

・湿布を貼ったり鎮痛剤を飲むとその場は痛みが減るけど練習をしようとすると以前と同じように痛みがある。

・逆にアップの時には痛みがあるけど練習をしている間は痛みを忘れている。

 

そんな経験ありませんか。そういう時こそ当院をご利用して欲しいのです。当院は電気治療器やマッサージなどは一切行いません。鍼灸施術によりあなたの痛みや痺れを解決に導きます。

時間にして30分~40分、お話を聞きながら問題解決の糸口を探っていきます。痛み無く練習を継続できるよう、一緒に立ち向かって行きましょう!

%e8%a1%a8%e5%bd%b0%e5%8f%b0

 

◎スポーツ選手の集まる鍼灸院

当院はスポーツ選手が多く来院されます。私自身がランニングやトレイルランが好きなのと、昔から空手道をやっていて格闘技が大好きなので、そんなスポーツマンを中心に開業当初は人が集まっていました。

しかし近くの海田陸上自衛隊の隊員や中学生・高校生の部活動をする人たちが徐々に集まり、多くの運動選手に愛される鍼灸院になりました。今では数多くの競技選手が集まっています。

痛み・痺れ・違和感を感じたらお越し下さい。他院では治らなかった症状でも改善する可能性はあります。一緒に症状を改善して行きましょう。

Top