逆子・安産のお灸

 

逆子のお灸

逆子と言えば、「逆子の灸」と言われるくらい、お灸は「逆子」に効きます。

足首の内側にある「三陰交」と足の小指の横にある「至陰」のツボが代表的です

逆子・安産のお灸のブログはこちら


実際に逆子のまま出産に至る確率は5%程度と言われています。

早い段階で逆子と分かっていても、産院では「大丈夫、自然に戻るよ」と言われた方も多いはずです。確かに28週前後の赤ちゃんはまだよく動くので、逆子はかなりの確率で元に戻ります。

しかし、30週を過ぎてくると赤ちゃんもだんだんと大きくなり、動きにくくなってくるのです。35週を過ぎると治る確率はかなり低くなります


 

一般的には28~32週に鍼灸治療を行うと良いとされていますが、できれば28週を過ぎて逆子と診断された場合、出来るだけ早く鍼灸院へ足を運ぶことをオススメします

32週(9ヶ月)を過ぎてから「直る、直らない」とストレスを溜めるよりも、早めにお灸を行い安心して出産を向かえて欲しいと考えるからです。

また、逆子が直ってからも再び引っくり返らないようにする「固めのお灸」、お産を軽くする「安産のお灸」も行います。

 

 

初診は女性スタッフが応対します

初診は誰もが不安なもの。

ましてや「鍼灸院」「はりきゅう」なんて今まで未経験と仰る方がほとんどです。初診時はかならず出産経験のある女性スタッフが同席しお話を伺います。

また施術中も出産の不安や楽しみなどなんでもお聞きしますので、リラックスして施術を受けてください。

 

 

 

 

治療回数の目安

1回の鍼灸治療にて、その場で赤ちゃんが引っくり返ってくれることもありますが、通常は3~5回くらいが目安になります。

32週までは80%以上の確率で直ります。しかし、32週を超えると数度の鍼灸治療では元に戻らない可能性が出てきます。

34週を越えると確率はぐんと下がってしまいます。早めの来院をお願いします。

※週数はあくまでも目安です。赤ちゃんの大きさなどにより早い週数でも難しい場合があります。(初回のみ初診料1000円が別途必要となり、1000円+4000円=5000円になります)※スタンプ押印対象です

 


 

JRを利用してご来院の方には海田市駅または矢野駅までの送迎が可能です。予約時に送迎が必要な旨をお申し出下さい。

ご利用できない時間帯もございますので、必ずご予約時に確認してください。

お兄ちゃん、お姉ちゃんのいらっしゃる方はお子様連れでご来院も可能です。ご予約時に必ずその旨ご連絡ください。またこちらもご利用できない時間帯がございます。

 

 

 

施術方法

ご来院いただいてから判断させていただきます。その方の症状や体調により、刺激する場所が変わってくるからです。

基本的には鍼と灸を併用させていただきますが、どうしても鍼が怖いと言う場合にはお灸だけの施術も可能です、ご相談下さい。鍼やお灸だけでなく、当院手製のホットパックを使ってお腹周りを温めたりもします。

 

 

 

ご自宅ではお灸をご自身で行って頂くこともできます。(別途お灸代1000円必要)お灸の場所(ツボ)は当院専用の図解付き説明書をご用意しておりますので、ご安心下さい。

 

 

 

逆子が直らないこともあります

1回で効果のある場合もありますが、まずは3回を目安にいらしてみて下さい。

何度通っても逆子が直らない方もいらっしゃいます。そんな方に当院では無理な刺激を与えて必死に直すようなことはしておりません。直らないには直らない理由も考えられるからです。まずは温かい刺激で赤ちゃんの過ごしやすい環境を作りにいらしてみて下さいね。

 

 

 

安産のお灸

逆子のお灸は一般的にも良く知られていますが、安産のお灸もあるのです。

具体的に期待できる効果としては

• 妊娠中の気分の安定、足のむくみなどの緩和、羊水をきれいにする

• 出産時の陣痛促進、分娩時間短縮  など

 

安産のお灸は安定期に入った5ヶ月を過ぎた頃から始められます。週数に関わらずいつでもご相談下さい。

尚、料金については一般と同じ(¥4000+初診料)になります。

 

Top