よくある質問

よくある質問(Q&A)

>> 鍼は痛くて怖そうです

>> 鍼による感染が心配です

>> 健康保険は使えますか

>> 受診後はお風呂に入れますか

>> 何回くらい通えば治りますか

>> 次の受診までにどのくらい間隔を空ければいいですか

>> 鍼をした後に注意することはありますか

>> 鍼を打たれたらすぐに元気になるの?

>> マッサージはやってもらえますか

>> 不妊症に対する鍼灸治療について

 

ここに無い質問があればお問い合わせください。なるべく詳しく回答させて頂きます。


Q.鍼は痛くて怖そうです

A.皆さんは、鍼と言うと注射針を連想されるようです。当院では、髪の毛ほどの非常に細い鍼からスポーツ選手用に特注の鍼まで使用しております。鍼が身体に入ると、ズンとした刺激を受けることがあります。

これを「身体の奥のほうで指圧をされている感じ」と表現されるお客さんが多くいらっしゃいます。このズンが治っている証拠なのです。

%e7%b4%b0%e3%81%84%e9%8d%bc

Q.鍼による感染が心配です

A.当院では全ての鍼は使い捨て(ディスポーザブル)となっています。

他の患者さんと 使いまわしするような事は絶対にありませんのでご安心ください。使い終わった鍼は、医療用廃棄物として専門業者が処理しております。


Q.健康保険は使えますか

A. 当院では、健康保険の取り扱いは行っておりません。

一人ひとり丁寧な治療を心がけています。しっかりと話を聞いてもらいたい・じっくり診て欲しいとお考えの方は是非お越し下さい。


Q.受診後、お風呂には入れますか

A. 受診後、1~2時間空けていただければ問題ありません。


Q.何回くらい通えば治りますか

A. 症状によってまちまちです。急に起こった痛みであれば、一回で十分な効果を発揮 することもありますが、蓄積された慢性的な痛みの場合には定期的に通院していただく ことになります。

 


Q.次の受診までにどのくらい間隔を空ければいいですか

A. これも症状によってまちまちです。スポーツ選手などの場合、非常に反応が 早く、その場で痛みが無くなって運動に全く支障が無くなることもあります。

急性期(疾患によって異なりますが、数日~2週間以内)の痛みであれば、なるべく間隔を短くして数回お越しいただく方が回復は早くなります。

しかし、慢性的な痛みの場合には定期的に来院いただき、徐々に症状が改善していく方が望ましいです。治療間隔が空いてしまうと 元の状態に戻ってしまうということがあります。定期的な来院をお勧めします。

 

☆目安としては、

・急性期の痛みを早く治したい       週に2~3回

・慢性的な痛みを徐々に治したい      週に1回

・コンディショニング・メンテナンス    月に1回

 

となります。最初はなるべく短い間隔で来院され、症状が軽減してきたら徐々に 間隔を空けるのが望ましいでしょう。


Q.鍼をした後に注意することはありますか

A. ゆっくり横になって身体を休めることをオススメしております。

鍼をした後は筋肉痛のような重ダルさが残ります。これが鍼を灸をした部位に血液が集まり、治癒力を高めてくれている状態です。通常は翌日のお昼には身体の調子が良くなりますが、高齢者の中には翌日も重ダルさが残ったと言う方もいらっしゃいます。ゆっくり休むようお願いします。

運動選手などで、どうしても練習が休めないという方は練習しても構いませんが、 なるべくゆっくりした方が早期に回復します。

 


Q.鍼を打たれたらすぐ元気になるの?

A.通常、翌朝まで重ダルさが残ります。そのダルさが身体の回復を図っている証拠です鍼灸はあなたの自然治癒力を引き出し、健康な身体を取り戻してくれます。若い方だと施術の翌日には効果が実感できます。年配の方は2,3日身体が重かったと仰る方もありますので、お気を付けください。

 


Q.マッサージのみの施術はやってもらえますか

A. 当院では、マッサージのみの治療は行っておりません。鍼灸専門となっております。鍼灸によってあなたの回復力を引き出し、あなたの健康を支えます。


Q.不妊症に対する鍼灸治療について

A.別ページにてまとめています。ご覧下さい⇒不妊鍼灸FAQ