不妊鍼灸Q&A

◆よく聞かれる質問に回答します

どのくらいのペースで通えば良いですか


>> 一般的に効果はどれくらいで出ますか


>> 通院中に基礎体温表は必要ですか


>> 不妊治療としての鍼灸効果はどのようなことがありますか


>> どのタイミングで通えば良いですか


>> 不妊専門病院には通っていません。自然妊娠にこだわっています


>> 生理中に通ってもいいですか


>> 健康保険は使えますか


>> 料金はいくらですか


>> 何度も流産を経験しており、不育症と診断されました


>> 夫婦で通っても良いですか


>> 服装はどんなものを着ていけばよいですか


>> 病院に通っていますが、並行して鍼灸治療を行って良いですか


>> 移植前後の鍼灸(はりきゅう)治療が良いと聞きました

〔no_toc〕

Q.どのくらいのペースで通えば良いですか

A.基本的に週に1回ご来院いただきます。ただし、お仕事やその他の関係で難しい場合は10日に一度や2週に一度でも構いません。また採卵前や移植前は週2回程度ご来院頂くこともあります。

ご自宅で出来るお灸や運動方法についてもご説明させて頂きます。

Q.一般的に効果はどれくらいで出ますか

A.個人差があるのではっきりとはいえませんが、体質改善する場合には半年以上続けて頂きたいです。

しかし、3ヵ月程度でも変化を感じたり、良い結果につながることも多々あります。(⇒ブログにて当院における実績を公開しています・2016年現在)

Q.通院中に基礎体温表は必要ですか

A. 基礎体温は自分の周期を知るためには大切であると考えています。(排卵の有無や低高温期の状態など)普段から付けていらっしゃる方は見せていただくこともありますが、鍼灸治療のために測る必要はありません。

測定することによってストレスを感じる場合はお奨めしていません。

%e4%bd%93%e6%b8%a9%e8%a8%88

Q.不妊治療としての鍼灸効果はどのようなことがありますか

A. 主にからだの冷えを取り除き、自律神経を整えることによってホルモンのバランスを整えます。

全身の血流をよくすることで、子宮や卵巣の細い毛細血管へ酸素や栄養素を運べるようになります。その為、良質の卵をつくり、子宮内膜を厚くするなど妊娠しやすいからだを作るのです。

Q.どのタイミングで通えば良いですか

A. 病院に通院中の方はどのステップでも構いません。尚、採卵予定が決まった方はなるべく早めにお越し下さい。

Q.不妊専門病院には通っていません。自然妊娠にこだわっています

A. ご夫婦ともに問題がなければ鍼灸のみでも効果はあります。少しずつ体質改善を行うとともに、周期中にポイントをおさえた治療も行えます。

Q.生理中に通ってもいいですか

A. 大丈夫です。生理痛の緩和にも効果があります。

Q.保険は使えますか

A.当院では、健康保険の取り扱いは行っておりません。ただし、継続治療のご負担を軽くできるように回数券とスタンプカードご用意しています。⇒料金&サービス

Q.料金はいくらですか

A.初回5,000円、次回より4,000円です。回数券やスタンプカードで割安に継続治療できる工夫もあります。

詳しくは★回数券+スタンプカードでお得な料金をご確認ください。

Q.何度も流産を経験しており、不育症と診断されました。

A.せっかく妊娠したのに流産を繰り返してしまうのはとても悲しいことです。

当院の鍼灸治療では妊娠しやすい身体作りを行うと共に、流産しにくい身体作りを行って行きます。「質の良い卵子」を目指して鍼灸治療を行って行きましょう。

Q.夫婦で通っても良いですか

A.当院では夫婦で鍼灸治療を行って頂くことを推奨しています。赤ちゃんを授かりたいと言う願いは夫婦共通の問題です。夫婦共に体調を整えて行きましょう。

%e5%a4%ab%e5%a9%a6

Q.服装はどんなものを着ていけばよいですか

A.ズボンはふくらはぎまで上げられるもの、上は伸縮性のあるTシャツでお越し頂けると助かります。

こちらでも着替えはご用意しておりますが、ご自身で治療用の着替えを用意してお越し頂いている方が多いです。

Q.病院に通っていますが、並行して鍼灸治療を行って良いですか

A.問題ありません。産婦人科に通いながら鍼灸治療を行っている方が多くいらっしゃいます。鍼灸治療で健康な身体の土台作りを行いながら、早期の結果を出して行きましょう。

Q.移植前後の鍼灸(はりきゅう)治療が良いと聞きました

A.当院でも大変効果があると感じています。移植前後は着床しやすい環境を整えるためもありますが、リラックス効果を得られ、着床率を高める役目もあります。是非おすすめします。

 

Top